人気ブログランキング |

アフリカで起きている現実

古代は超国家だった、混乱の渦中に在る現代エジプトは
今日もムバラク氏は現在の地位に拘り
混乱を更に煽るばかりの、引き際の悪さを呈している
影響力がある筈だった、usaでさえ打つ手が少なく
次のギアーを模索する状態に見えます・・
さて何時、デモクラシーの本懐が成し遂げられるのか
非常に大きな関心を持つ毎日です

ムバラク氏の在任期間は、約30年近くも過ぎています
日本を例に取って、首長の任期4年と仮定すれば
やや、7回も再任を繰り返している状態は
もはや、民主国家とは言えない状態が続いていたのです
但し、彼も軍部出身なので軍部統帥国家といっても
大きな間違いじゃないでしょうし
ミャンマーと変わらない体制ですね

こんな状況から、それを地方自治体の首長に投影すると
任期は長くとも3期がマトモな行政感覚で居られる
限界時間じゃないかなと思うのです
自分は2期で結果を見せなければ
首長たる、最も身近な行政長は資質に問題が在る証拠だろうし
更に、適切な人材を選択する能力も無いに等しいと思います

次世代へ引き継ぐべき、能力を有するフェアな人材を選択し
適度な快適性を有する、地方暮らしを恒常的に構築する事が
小さな行政体である、田舎の首長が行うべき政だと考えます

ふるさとの町、夕張の4月には、正義の夜明けが訪れるように
心から強く、強く、願う大夕張生まれのオヤジの一言です

生命の松明を灯し続ける「夕張希望の杜」を応援します

we are ooyubari lovers 「こころの街・大夕張」より

by road7hiro | 2011-02-11 17:26 | 故郷