心温度の熱い処

6月の鹿島小学校グランド、イタヤ楓の樹下には
大夕張に縁を持つ、多くの方々が訪れます
この日も、放送をご覧になった大夕張の方が
数十年ぶりに、この地を訪問されていました
当時のお住まいは、代々木町とお聞きしました
懐かしの町の余りの変貌に戸惑いも感じられていたようです

d0119909_943513.jpg


変わらないのは、故郷を見守り続ける「イタヤ楓」と山並みです
d0119909_9442817.jpg


鹿島小学校グランドがら見上げた、夕張岳の中腹に白く輝く物体が・・
後日、エゾ鹿の食害から、貴重な高山植物を保護する
電気柵へ給電するための太陽電池パネルと判明しましたが
恐らく、この妙な自然景観を自然保護関係の方は
見た事が無いのではなかろうか・・夕張本町では見えないからな!
この鹿島小学校グランドから見上げた夕張岳の
山並みの美しさを汚している人工物、もう少し知恵を絞れ!!
自然保護の名の下に、景観を壊しているのは自然を愛するらしい
保護団体と、この景観を学ぼうともしない
北海道庁自然保護担当部署だろうね~
[PR]

by road7hiro | 2011-07-10 09:50 | 故郷