間もなく2年後へ~

新ダムが水を溜め始めるまで、残り2年と成りました
国道は既に新ルートへと切り替えになり
国道には非ず⇒深刻道or酷道死後似の
表示が妥当でしょう~あの懐かしき
シューパロ国道の面影は、木っ端微塵になり
事故誘発&事故多発酷道と成り下がった現実

大震災と大津波、二万人にもの大切な生命が失われ
さらに追い打ちを掛けた、原発クライシスに依って
史上稀に見る放射能被害の地球的規模の汚染拡散と

故郷の大夕張を含めて、悲惨な2011年=忌まわしき時代
もう、こんな事は起こって欲しくはない、しかし
危機は常に身近に起こることを想定しなければ成らない
安全と言う、妄想的な言葉に騙されちゃ
イケナイ事が理解できた、そんな一年でした~

国交省は次なる、環境破壊の矛先を
再度、八ッ場ダムへとターゲットを定め
あから様な国権力の行使を始めた
果たして、この再開に国民の何%が
納得しているだろうか?

国交省と地方整備局&北海道開発局が企めば
我々、国民なんぞはチョロイ存在なのでしょう~
八ッ場の次は、どこぞの町を沈める算段なのでしょうかね~
[PR]

by road7hiro | 2011-12-28 07:02 | 故郷