人気ブログランキング |

事実隠蔽はマズいだろう希望の杜よ

10月末に札幌地裁で去る5月10日に発生した
夕張希望の杜の女性職員中神被告(その後無資格で有った事が判明し解雇された)
の当時の希望の杜理事長村上氏の知り合いの女性を刃物で重傷を
負わせた事件の公判が開かれ事実関係の争いは無く
即日結審し年内にも判決が下されるようです

この事件発生当時には「希望の杜」では村上氏からの
発言の裏付けも行わずに本人の発言に沿った内容の
一方的なステーツメントを発表し幕引きとしていたが
しかし、この裁判を通じて明らかになった経緯からは
かなり異なる事情と状況が明白に成りました
詳しくは様々な出版物で書かれていますので
そちらでご覧頂ければ十分だと思いますが

希望の杜が11/1付けで発表したステーツメントはそれまでに発表された
事件当日からホームページ上に掲載された内容には以下の様な表現を用い
誤った事実誤認があったと認めるステーツメントに書き直され
改めて掲載されていますが、ツイッターその他のSNSメディアには
当初の杜側の発表に沿った同志として擁護するかのようなコメントが
関係者から書かれていましたが裁判の中で開示された
状況では擁護するには能わずと思う経緯が散見されました

これは法人財団としては信じられない有るまじき論拠から行われた
一方的な抗弁であり公設民営化の受託管理者としての
善管注意義務違反にも抵触し管理者たる夕張市側が行える
指定管理者の即刻解除の要件を十分に満たす
恣意的な行為と言えるだろう

希望の杜側のステーツメントを見ても当該事件の
旧理事長はその職を辞したことで事件の終息を
図るおつもりかも知れないが管理受託者としての責任の
取り方が自ら出来ないのであれば市側は指定管理者へ対して
損害賠償を求める次の段階へ進むべきだろう
サイト上の一文で全てに終止符が打たれたと思っては成らない

by road7hiro | 2012-11-17 17:26 | 日々雑事