ようやく一息つける冬・師走

最近はなかなかblogもupdateできなくてカナリご無沙汰です
師走に入って最初の土曜日は意外と天気も良く、雪もエルムの町には雪が無く
非常に快適な第1週ですね~でもこの先は毎年と同じくクリスマスにはドンッと
雪の大集団がお見えになるんでしょうね~~アッーー嫌ですね

さて、大夕張はと言えば先月初めに試験湛水の最高水位を記録して
ようやく通常の水位レベルへと放水が始まり、予想していた通りに
水没した大夕張の主役たちが復活し始めています。
12/5には旭沢橋梁のトップが見えています何か月ぶりだろうか・・
本当に国交省と開発局の悪行三昧には苛立ちを覚える、もしISの方が見ていたら
この大壁を木っ端みじんブッ飛ばして欲しい、ベルリンの壁だって消えた今
大自然を破壊する、この無機質の大壁は消え無ければ成らない

全てが人間のエゴイズムの為せる仕業だろう~こんな壁は存在の意義などアリャしません
自然界には熊や鹿、鳥や植物清流の主、ヤマベやマス~たくさん生きてるんです
それを人間の腐れたエゴで殺した、この大壁は無差別殺戮の大罪で
死刑に処すべき、それは2013.以前の清流に戻すべきなのです

順調に水位が下がれば三弦橋も姿を見せてくれるはずなのですが・・
気掛かりです、決して強くはないハズの鋼材と思えます
頑張ってくれ~三弦橋よー
d0119909_12585497.jpg


本日の画像は昨夜、南部さんから届いたhotな大夕張からお借りしました
何時も大夕張への愛情が熱く感じる南部さんへ心から感謝を申し上げます


d0119909_12534230.jpg
d0119909_12535463.jpg
d0119909_12541157.jpg
d0119909_12543079.jpg
d0119909_12544447.jpg

[PR]

by road7hiro | 2014-12-06 12:58 | 故郷