人気ブログランキング |

大震災の中の「命」3冊

ここ1週間ほど、大夕張ラヴァーズの「うたこさん」から
お借りした書籍などを含め、更にfacebookの中でも
話題に上がっていた書籍等3冊から今の処、2冊を読了しました

全ては2011.3.11の大震災と津波の被害地における
命の有様が書き綴られています

1冊は石巻赤十字病院、気仙沼市立病院、東北大学病院が
懸命に医療からの側面を通して語られた現場に於ける
すざましいばかりの命との必死の格闘でした
d0119909_9592166.jpg

1冊は気仙沼を愛する、サンマの産品加工販売に
携わる、魚加工の三代目に当たる、斎藤和枝さんの3.11を
凌いで今も尚、気仙沼で歩み続ける思いが綴られています
d0119909_9593919.jpg

最後の1冊は、3.11大震災と大津波の発生から
5分後と言う時間で救援救出作戦に出動した
自衛隊の皆さんとアメリカ軍の知られざる
直向きで敬虔な命への必死な活動状況が綴られています
三冊目は現在、読書中なので、これ以上詳しい感想が
書けない事をお許し下さい。
d0119909_1012720.jpg

この三冊を含め、更に3.11関連のスクラップを通して
考える事は人間の持つ「現場力」こそが地獄のような
状況を乗り越える最大の力だと感じています
大災害時を想定した、基本行動マニュアルは存在するが
それは、一時の混乱を防ぐ為には効果的だった事は
確かな実態が有りますが、発生から48時間もすると
想定外の現実が見えてくると、手中に在る機材も限定され
災害現場も想像を遥かに超えており、それに対応するには
現場で出来る事、ここで何を為すべきかを即断して
ムダな時間を費やさず、行動を起こす事!

現場で動く事=これに尽きるのかと・・思いました

是非、この三冊を初め、ともすれば被災地以外に住んでいる人は
記憶が薄れがちに成りやすい状況ですが、被災者、被災地での
苦労は始まったばかりです。
この国に住む者として、復興が成されたと地元の人が
仰るまで、支援の気持ちを絶やさずに視線を向けましょう
何が自分で行えるか、日々思いを燃やし続けましょう

Never Give Up JAPAN 3.11 2011

自分達、大夕張ラヴァーズの活動にも通ずる
一端が見えると思うのです!
仲間と思いを、情熱を共有する事の大切さでしょうか~

by road7hiro | 2012-04-08 10:04 | books

鎌田 實著 人は一瞬で変われるより

3日間の短期入院生活の時間を使い
読みかけの鎌田 實さん著「人は・・・」を読み終えました
その中には、どんな辛い境遇にあっても
希望と光を諦めない事や、人との出会いから
一瞬にして行動が変わることが往々にしてあると
そんな事が、煌く銀河のスターダストのように
1冊の本の大宇宙に散りばめれれていました

思わず目頭がヤバくなる顛末もあって、読み終えたときは
そうだ、変われるよな~どんな境遇や環境の良し悪しに
関係なく人は変われるチャンスが必ず来るんだ
これがこの本の、メインストリームである「行動変容」の
言葉として記されています
但し、その変わるターニングポイントに気付かない人もいる
何時か訪れるであろう何かの「行動変容」を逃さず
変化を遂げる為に、自然な感性を大切にする事かな~

「行動変容」これまでの時間の流れにもと言うか
今も尚、夕張には必要不可欠の重要な言葉だと思いませんか・・
変われるチャンスは、既に3回も通り過ぎました
本当に残念の言葉しかありません

行動変容の時期に気付いている人も確かに居ました
しかし、その他多くの夕張住民は、このチャンスをのうのうと
見過ごしているとしか見えません・自業自得だっ
今のような窒息状態の町へと追いやったのは
夕張住民の自明の無さから来ているものだろうとしか
どう考えても、この結論に辿り着く以外のルートがない

1万人少々の現夕張市住民は、この1冊を読んで読んで
体と精神の奥底まで叩き込んで欲しい!!
d0119909_8271952.jpg

by road7hiro | 2011-02-27 08:27 | books

今日の1冊「人は一瞬で変われる」・鎌田 實先生著

鎌田 實著「人は一瞬で変われる」
これを夕方、買い求めて来ました
d0119909_21191395.jpg

isbn978-4-08-781446-0
公式blog site
八ヶ岳山麓日記

イエローの、とてもビビットな装丁にも
ツイ、視線が奪われた事もありますが
鎌田先生の本は、どれを取っても本当に読みやすいのです
難しい言葉も無くて、読み手の思いを
大変良く、心得ていらっしゃるな~と
先生の著作を読む度に思う事なんですが
実は、これが一番難しいのだろうと思います

かの、apple ceo のスティーヴ・ジョブスなんかも
脅威のプレゼンの中で、キーポイントとしています
難しい言葉づかいはしない
要点を、分かり易く少ないポイントで
効果的に伝える事と書かれています

ヤッパ、本当に受け手の事を思いやる
温かな心づかいは、どんなコミニュケーションのアイテムであっても
変わらない重要なポイントだと言うことに
改めて気付かされた、とても素晴らしい1冊だと思います

内容は、もう少し読み進んでから、カキコします
悪しからず~~

by road7hiro | 2011-02-15 21:18 | books