南部汽車フェスより・・

秋晴れの下、多勢の人が集まり、SLも久々に
歓声に包まれた一日になりました
d0119909_19381388.jpg


beniさんの写真展も、懐かしが一杯につまっている
大夕張鉄道の客車内で開かれました
写真の展示台は、お仲間のベチさん、お手製の
旭沢橋梁と三弦橋のミニチュアでして
懐かしさを、より一層深めていました
d0119909_19393751.jpg

d0119909_19384497.jpg

d0119909_19391039.jpg


そして、往時には、ナカナカ近づけなかった「ダルマストーブ」も健在ですよ

d0119909_1942374.jpg


冬はストーブの周りが、スーパーシート(今風に)でしたから
怖い親父さんが、眼を光らせていたな~ましてや、写真の様に
足なんぞ掛ける、ナンテ事は出来るわけも無かった
ガキはダメだっ!とか言われたよ
[PR]

by road7hiro | 2010-09-29 19:44 | 大夕張の「お宝」

カウントダウン 来たっ・佐々木 譲さん新作

昨日、アマゾンに発注しておいた
故郷の名作家、佐々木 譲さんの新作が届きました
d0119909_12472678.jpg


<カウントダウン>・・・佐々木さんが、約3年間に渡り
取材された事実を下に書かれた、政治的な香りのする小説です
もう、お分かりの方も多いと思いますが
多分、取材の地は、夕張だと思われます

それも、夕張を破綻へと向かわせた
前々市長N氏が君臨した、夕張暗黒の時代
当時の市役所は、アルカトラズ監獄の如き有様で
世間とは隔絶された、イヤ 自ら隔絶しなければ
成らなかった、様々な混濁した政が行われれいた

佐々木さんは、夕張、大夕張を愛する心から
敢えて、この暗部にペン1本で挑み
今また、新たな視点と、目を背けては成らない
地方政治の汚点と、ヘドロにも見える
腐り切った人間関係を、再び私達の眼前に
晒してくれています・・・

d0119909_12475183.jpg


自分のデスクには、過去に夕張破綻を題材にした
刊行物が複数有りますが、その起きた事実とは
大きく異なる事は無く、更に深部を切り裂いている
そんな感触が確かにあります

未だ、読み始めたばかりですが、そうだったのか・・・と
改めて、思い知らされる事も有ります 構成、豊かな
人物描写、まるで目の前に、この地を蹂躙した本町の
分厚いコンクリート製のトーチカと思える、市役所の姿が
浮かび上がってくるのです
佐々木 譲作品らしい、内容の鋭さが光る
読み応えを感じる、素晴らしい1冊だと思います
d0119909_12545447.jpg

是非、大夕張の仲間も、読んで下さい!

この新作と併せて、過去に出版された、この1冊も読んでおくと
カウントダウンへのアプローチとなるでしょう・・

ルポエッセイ集 <わが夕張 わがエトロフ>
北海道新聞社刊 
ISBN 978-4-89453-473-5
[PR]

by road7hiro | 2010-09-29 12:55 | 大夕張の「お宝」

ふるさと大夕張掲示板に注目ですね

オイラ達の故郷、源流域「ふるさと大夕張」の掲示板で一息付いています
最新更新の板には「25年会」の先輩の皆さんの登攀一話では
楽しく盛り上がっている様子が、目に浮かぶようです

自分から見ると、2年先輩の方々がですが
学校の現役時代には、それは、それは恐れ多くて
中々、会話なんぞ出来るはずも無く
廊下ですれ違う時は、宝塚じゃないですが
窓際に逸れて、うやうやしく行き違う事もあったな~と

月日は大きく流れて、故郷を離れて、今は掲示板でエールを交換したり
共通の話題で会話を交わしたりと、今ではそこが
本当の故郷に成りつつある気がします
帰った来、そんな言葉が当てはまるかな~

そして、同じく掲示板には「夕輝さん」の最新ストーリーがアップされていて
その文中に、グイッグイッと引き込まれてしまいました
そこには、帰りたい、懐かしさ一杯の大夕張の光景が
活き活きと、蘇っていました・・・

良いな~ こんな大夕張、鹿島が有ったら、直ぐにでも帰るよ・・
思わず、そんな言葉が口を突いて出て来ました

チョット、潤いを失った心に降り注いできた
一筋の雨の様でした・・・
ヤッパ、「ふるさと大夕張」言い表す事が出来ないほど
良い処です
[PR]

by road7hiro | 2009-07-04 20:37 | 大夕張の「お宝」

真冬と言えば、大きな大きなツララ

2月の厳冬期も残り一週間ばかりです
この時期、大夕張の炭鉱住宅の屋根からは
地面を付突き刺すかの様な「巨大ツララ」が
ニョッキ、ニョッキと伸びていました
同じ感じの光景は今では緑ヶ丘保育園」のサイトで
見る事が出来ますよ~ そして大きなツララに無邪気に
戯れる、園児達の輝く笑顔が溢れています

懐かしいな~と、思わず独り言を呟いていました
ガキノ頃はチャンバラ道具にしたり、部活の終る頃には
喉を潤す「カキ氷」の様に、ガリガリと噛り付いたな~

そして大人になる頃には、スキー場でのオンザロックと・・・
本当に冬を味わい尽くした感があります
大夕張まで戻らないと、あんな綺麗で透明なツララには
お目に掛かれないだろうね (^_^.)
春を待ちわびる、土曜の朝の呟きでした
[PR]

by road7hiro | 2009-02-21 10:06 | 大夕張の「お宝」

07年5月20日 大夕張 終わりの桜

前日の妙な会合の余韻を引き摺り
過ごした夜は、決して良い気分では無かった
やたら度数の強い安酒に
性根を腐らされてしまったようだ・・・
路上で足がもつれ、倒れこんだドブの
すえたヘドロを口に含んでしまったような
最悪の精神状態とも思えた

長い一夜が明け、カーテンから差し込んでくる
春の陽射しに、叩き起こされ
さー 取りあえず「大夕張」へ帰ろうっと!!
冷たい強い風の中でも大夕張の桜は咲いていました
もう、春は終ったよーーと
風の中のざわめき声が聞こえた
大夕張の山々も半年が過ぎ、黒々とした山肌が
季節の移ろいを告げていました
d0119909_18213742.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-05-20 18:21 | 大夕張の「お宝」

大夕張の美しい風景 はせちゃんへありがとう!!

はせちゃん、感謝、感謝!!ありがとうございます
REIさんのLiveのスクリーンに、これで美しい大夕張の風景が流す事が出来ます
色々な画像を改めて振り返って見続けていましたが
2001年秋の1号橋、白銀橋・・・ため息がもれるほど、美しい!!よ
未だ見た事の無い、美しい大夕張の自然を
数多くの人達が、どんなイメージで受止めて頂けるか
今からとても、楽しみです・・

[PR]

by road7hiro | 2007-05-14 11:45 | 大夕張の「お宝」

壁の中の大夕張

自分のPC-Room の壁に「大夕張」が出現・・・
何の事は無いけれど、5月3日鹿島小学校グランドでの
模様を撮影してくれた、HK新聞の記者A.Sさんから頂いた写真達である
仲間達の溢れんばかりの「笑顔、笑顔」と大切な故郷の
風景の中で戯れる人々、どれもが大切な想い出のワンカットなのだ
意外とクールな白い壁が、笑顔でとても優しい壁に見えてくるから
ホンマ不思議です!!
沢山の素敵な仲間とイタヤ楓に見守られている様な気になる
忘れ時の2007年5月3日・・・鹿島にて
d0119909_7593291.jpg
[PR]

by road7hiro | 2007-05-13 08:00 | 大夕張の「お宝」

5月3日の山並み

今日は未だ、冬壮美の山並みが迎えてくれました
d0119909_19504778.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-05-03 19:51 | 大夕張の「お宝」

お宝・・・ウーーン、絶景でしょう

絶対に比較できない美しい光景がそこにあります
大夕張・・・癒される自然、何でこれに気が付かないのかな
d0119909_901413.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-04-22 08:59 | 大夕張の「お宝」