<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

うれしい事!!大夕張のきずなを雪深き頃に

今年ちゅうーか来年の真冬!!2008年早々に
ふるさと大夕張の大切な仲間
「minakami mimami」「一歩」さんが再び北海道
大夕張へ来るらしい・・・との連絡がありました!
激しく変遷する、ふるさとの地を気遣ってくれる気持ちが
ホンマ最高に嬉しい!!

ふるさとの富士見町ゲレンデのパウダースノーにダイヴ
するのもいいなーと・・・
多分、考えた事をアクションとして実行できるのは
早々ない事だと思うし、大夕張を離れて何十年も過ぎ
故郷の新雪の感触さえ忘れかけていた・・・
もう一度、あの地の新雪に触れることが出来ればと思います
画像は今年の4月の鹿島小学校の入り口付近の様子です
4月と言えどもこんなに雪が深かったんですねー
d0119909_2342778.jpg


雪解けの故郷は身近に感じる事ができそうなものですが
さすがに真冬の、それも新雪へダイヴは・・・
ズッーート前の、記憶にも無いなー

新年と言うか、今年の冬はなんか、ハートウォームな事が
待っていてくれる様な気がする
「一歩」さん「ミナカミ」さん、温かい気持ちをありがとう!
ドッカーーんと「大夕張ナイト」しちゃいましょう
オイラにとっては最高のBIGサプライズですよー!!
今日から指折り数えて楽しみにしています
[PR]

by road7hiro | 2007-10-31 22:56 | 故郷

鹿島小のグランドにて・・・

10月7日 お天気に恵まれたこの日も
お昼頃になると随分と賑わいを見せていました
自分が代々木町から富士見町などを
ブラついていたとき、何か子供達の声らしき
歓声が聞こえてきた、誰かなーーーと想い
グランドに再び足を踏み入れると
数家族が丁度いらしてBBQが始まったようで
お子達が楽しそうにグランドで遊ぶ姿・・・
ヤッパ、イタヤ楓とグランドには
元気な子供達の姿が、一番お似合いでしょう!!
見下ろす夕張岳、前岳も優しく
微笑んでいるようにさえ見えました
d0119909_10233154.jpg


他にも千年町をお訪ねになる予定「金田さん」?
d0119909_10313693.jpg

お名前が少し、うろ覚えでスミマセン
その後、地図をダウンロードして再度、営林署の場所を
確認してみましたが、もっと岳富町よりじゃないかなーと
思いました、本当に申し訳ないです
以前のも、これは位置が少々違うんじゃないと・・・仰っていた方が
いましたが、現在の「ふるさと大夕張」内の散歩道が
千年町の正しい位置を表していると思います

ご都合が宜しければ、来年5月4日頃再び
イタヤ楓の樹下でお会い出来ればと強く願います・・・
それまでお元気に過ごされて下さい
[PR]

by road7hiro | 2007-10-30 10:36 | 故郷

鹿島小学校の裏側へ・・・

10月7日は珍しく、鹿島小学校の裏手
そう、閉校間際には中学校も併設されていいて
裏側が中学校の通用口だったと記憶しています
この当時の模様が閉校記念?のノベルティーで
有りましたねー
今は往時の樹木が、その在り処を残すのみです
d0119909_11365635.jpg

遠くにはこの校舎からいつも
目にしていた夕張の山々が、こちらを見下ろしているようでした
d0119909_1140229.jpg

いつも見慣れたグランドからの
光景とは随分と寂しく思えますね
ここはヤマーーーの中だよ~と
そんなこだまが返って来そうな気がした
風の中から、一瞬子供達のざわめく声が・・・
聞こえたような秋の鹿島です
d0119909_11475128.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-10-29 11:48 | 故郷

変わり行くふるさとより・・・

今日で10月のオヤスミは最後ですね・・・
お天気は上々です、ここ数日間あちこちで「雪虫」が
沢山飛んでいるとのお話を聞きました、そうすると
もう間もなくすると、平地にも雪がやってきそうですね

冬を目の前にして鹿島もそろそろ冬篭りの頃を
迎えている事でしょう・・・・
工事も今年の分は佳境に入っているのかも
教会の跡も今は姿を変えています
d0119909_8162427.jpg


そして富士見町スキーの直下には道路も見え初めています
d0119909_8191627.jpg


この時期から鹿島のグランドにはまた、狩猟避難?で
エゾシカの街になっているかも知れません
グランドから見上げる神社山は一見何も変わってはいないかのように
鮮やかな彩りに包まれています、でも木立の裏側では工事が進んでいます
d0119909_818358.jpg


9月のBBQの集まりに行った時も、岳富町の旧線路脇に
エゾシカさんがこちらを見ていました・・
エッーーー この風景って何処かで見た記憶が・・・
あっ そうだ知床の温泉街でこんな感じで
鹿からの視線を感じた事があった・・・
ついに大夕張 鹿島も自然の宝庫になったなーと思わず
心の中で言葉を発していましたよー
この日も何家族かがイタヤ楓の廻りで楽しそうに集まってていらっしゃいました
こんな光景がいつまでも続けられますようにと願います・・
d0119909_82325100.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-10-28 08:25 | 故郷

10月7日 官行へ・・・

少し早い紅葉を愛でながら
車は官行方面へと差し掛かりました
途中道端の木々も赤や黄に染まり始め
一瞬の鮮やかさを競っているかの様でした
余りの清々しさに車を降りて空気を胸いっぱい
に吸い込むと生き返った様な感じさえしました
d0119909_13434451.jpg

途中の橋の名前を見ると「はつねばし」・・・とあります
漢字だと「初音橋」って書いた様な気がしますが
どんなものでしょうかねー
d0119909_13461357.jpg

このエリアも夏は炊事遠足や川遊びに仲間と訪れた
記憶があります、まるで大夕張自然公園の様な
とても懐かしい大事なところです
d0119909_13484537.jpg

シューパロ川の流れも穏やかで、気持ちが落ち着きます
川の手前に見えた「取水塔」の様な建物は何なんでしょうかね・・・
御存知の方は是非教えて下さいませ・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-10-27 13:51 | 故郷

10月7日 富士見町にて・・

この日は、ノンビリと街のあちらこちらを歩き回りました
確かに鹿島のいたる処で工事が進んでいて、早く見なきゃ・・・と
気持ちが焦る・・・もう無くなっている街の面影を
心配していたのかも知れない
スキー場の直ぐ下には、やはり切り替え国道の現場が広がっていました
d0119909_17384261.jpg

この日は久々に富士見町の辺りをブラブラ・・・と
旧大夕張幼稚園からスキー場へと足を伸ばしましたが
街の面影は高く高く天にとどきそうな
木々に残すだけかな、たしかこの大きな木は
幼稚園そばにあったかなーーーなどと思いを馳せていました

d0119909_1742136.jpg

この道の先には「大夕張炭山駅」がありました

そして、富士見町の住宅跡には本当に綺麗な紅葉がお出迎え??
「ふるさと大夕張」町内地図で見ると、多分「k本さん」か「Ⅽ田さん」と言う
お宅の辺りかなーーと思いますが、そんなに正確な事ではないのでスミマセン
参考までに・・・
d0119909_1747465.jpg

まだ、鹿島小学校がガーンと立ち尽くしていた時から
この紅葉が気になって何回もカメラを片手に
足を運んで来ました、こうやって未だ元気にいる光景を見ると
エライナー、よう頑張ってるなーーーとつくづく思います
d0119909_17471348.jpg
d0119909_17484599.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-10-25 17:49 | 故郷

続 鹿島小グランド風景

休む事無く工事が続く日々・・・
とても大夕張とは思えない光景に成りつつある
目を背けたくなる事ばっかり・・
d0119909_12151828.jpg

そんな気持ちを鹿島に残された自然が癒してくれる
いつまで、ここに立つことが出来るかは
全然分からないが、今自分は現実を見続ける事が
ふるさとに対する感謝の気持ちなのです
d0119909_1216083.jpg

こんなに長い秋を過ごす事は
今まであっただろうか・・・
今年はとにかく暖かい秋だ、ズッーーート
春もこの地で多勢の大夕張を愛して止まない
仲間と心が満たされるまで時間を過ごした
でも、この地から、仲間との分かれ際は
本当に寂しさがつのります、それだけこの大夕張、鹿島の地は
優しさと限りない心の温もりが溢れている様な気がする
それは狭まかったけど、温かかった長屋暮らしの
気持ちがポットスティルの体内でゆっくりとジックリと蒸留を
経たようなものだ、多分残滓と言うより
スピリットがこの地のどこかに今も眠り続け
確実に残されているからなのか?

記憶に残る春から秋になった・・・
d0119909_12225273.jpg

[PR]

by road7hiro | 2007-10-24 12:35 | 故郷

鹿島 神社山

10月7日 遂に工事がこの場所まで及んでいます
で、今の国道に接続する処は鉱業所の一番奥
付近じゃないかなーと思います
それらしき標識が打ち込んでありました
随分と風景も変りそうな気がします・・・・
この画像の奥には、かって鉱業所があり更にその先には
大夕張のズリ山がそびえています
新しい道路はズリ山を目指し、うねうねと伸び続けている
d0119909_11421776.jpg

話をまた、教会付近の様子に戻しますが
多分、浄水場から大夕張の住宅へ爽やかで
美味しい水を供給していたと思われる
水道本管らしき、大きなパイプが道路工事
現場で掘り起こされていたのを目にしました

d0119909_11415227.jpg

道路の場所と、浄水場の位置から考えると
多分こんな太いパイプは上水道しか考えられないし・・
何十年もの間、おいら達の生活を支えてくれた
メモリアルかな・・・
d0119909_11432327.jpg

今は全ての関わりから開放されて、ホットしているのかな?
[PR]

by road7hiro | 2007-10-22 11:44 | 故郷

鹿島小グランドの周りでは・・・今

10月7日 鹿島小学校のグランドには工事用の砂利が
敷き詰められた道がみえた・・・
ヤバイナー ここにも遂に工事が入ったか!!
寒々しい悪い予感が背筋をはしるのがハッキリと感じ取れた

d0119909_9332960.jpg

神社山も一見何も変わらない素晴らしい紅葉に包まれて
いるかのように見えはしたが、それは直ぐに間違いだと
気付かされた
d0119909_9351394.jpg


それはカソリック教会の横を抜け、まさに白い教会の大きな
礼拝堂があった所だと思う、その道路から見えた光景は
ごっつーキツーイものでした・・・
d0119909_9362366.jpg

その事実はグランド脇のカラマツ林のすぐ裏側に正体が見えた・・・
千年町から鉱業所方向へと、大蛇がノタウチまわるように
ウネウネと確実に大夕張、鹿島を喰らい尽くしているかのように思えた
d0119909_943829.jpg

その大蛇の残した汚物がアスファルトの道なのか
教会の裏に広がる神社山とガキノ頃遊んだ
懐かしい里山はもう完全に消えうせてしまった・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-10-21 09:43 | 故郷

鹿島小学校 イタヤ楓のグランドへ・・・

今日の札幌は、まるで秋に終わりを告げるような
強い雨と風で朝を迎えた、昨夜は窓が破れるかと思うほどの
強風が吹き荒んでいた・・・これじゃ紅葉が可哀そうだなーと
窓の外に目を投げると、雲の切れ間から弱々しい秋の陽が
差し込んできている、ホンマ移り気なお天気です
ええ加減にしーーや!そんな言葉が口を突いて出そうになるのを
押しこらえている、20日の午前です・・・
d0119909_10262481.jpg

車は千年町から宝町を過ぎ、鹿島小グランドへと辿り着く
道路脇の草木も秋へと装いを替えていました

切替え国道の工事が思ったより、急速に進んでいて
今年は日曜祭日も関係なしに工事が行われています
千歳町から鉱業所方向へかけて、山々を切り開き
まるで大きな竜巻が飲み込んだような
酷いあり様に変わり果てている・・・
d0119909_10274534.jpg

人間って本当に愚弄な生き物だと改めて思う
ようやく、自然の姿に帰りつつある鹿島の地を
また更に地を掘り返し、山を崩し、樹木をなぎ倒し
無機質なアスファルトで地球を覆いつくそうかのように・・・
人間の傲慢な独りよがりなたくらみが、見えている
アホナー事ですわーーー 地の声を聴け!!よ
[PR]

by road7hiro | 2007-10-20 10:35 | 故郷