<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

続「はっぱ」が起爆剤???

何気に書店で買った「yomiuri PC」2008 1月号に
以前書き込んだ「はっぱ」が街を再生させた
徳島県上勝町第3セクター「いろどり」の
副社長「横石知二」さんの記事が#21ページのキーパーソン
に大きく掲載されていました。
d0119909_10343339.jpg

サブタイトルは「葉っぱ」を売って夢と元気の種をまく・・・
ウワッー なんと的を得たポリシーなんでしょう
この記事は夕張の人、全員に読んでほしい内容です
人口構成比率は今の夕張にクリソツ・・
65歳以上の方がなんと2千人の人口の
約半数を占めているそうですが、面積の90%弱を占める
山の葉っぱが、今や街を代表するメジャー産品に成ったそうです
街や農家などが共同出資した「いろどり」が年商3億円!!
で大切なことは、この葉っぱの採取や育種の主な
担い手が70~80歳代のおばあちゃん達なのです・・
これも本当に敬意を表するところです
詳しい内容は是非、この雑誌を読んで見てください
価値あり!!ですっせ
この副社長である「横石知二」さんは
ニューズウイーク日本版「世界を変える社会起業家100人」に
選ばれたそうな~~

この「いろどり」の発想は夕張に必ず通じる部分が多いと思いますねー
是非 「いろどり」さんのサイトへ一度、アクセスして見ませんか~
ハイパーリンクで上の「いろどり」さんからジャンプしますので・・
ちなみに「yomiuri pc」へのサイトもご案内しておきます

やっぱ 変えなきゃ~と強く願い、直ぐに実行する事も
一つの要素だと思うし、ここに見習うべき大きな
存在が有るわけです・・・
決して、狸が葉っぱで街人を化かしたわけじゃないっすね
[PR]

by road7hiro | 2007-11-28 10:38 | 日々雑事

帰り道 道すがら・・・

今年最後の大夕張への里帰りも終わりました・・・
胸の中は、チョットした空虚感が漂っていた
また元気で戻っておいでと~と
から松林の梢が囁いていたようです
でも、この時期の清水沢~鹿島は
本当に凛とした美しさがあります
潔さかなー でもチョット違う?

d0119909_1264183.jpg


四季の移ろいを土の香りや、風の中にある
樹木の香りに感じる事が出来るのは
もう、ここにしかない様な気がします

清水沢の街かども、夏の賑わいが
嘘のように、静まり返っています
d0119909_12125741.jpg

なーーんか、元気が出る事を考えなきゃ~
夕張で生き続けている、友人のHK君が以前言っていたように
「ここに住んでいる自分達から元気を出さなきゃ、ダメだよ」
政が、お祭事になっていてはいけないでしょう・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-11-27 12:13 | 故郷

東高校への坂道・・

今日は11月26日・・・もう師走は目前ですね
本当に早い一年でした、2007年は何回、大夕張へ
足を運んだのかな~~
変らないものは、この自然とシューパロの流れかな
今年は「財政破綻」のnewsで夕張の本町ではイベントが
目白押しでした、自分もCMJを含めて、ゆうばり応援と
名の付く事に関心を持って、足を運んでみました
読売新聞社等を中心として、マスメディアがPRした関係で
何時に無く、ゆうばり、大夕張を訪れる人も多かった感じがします

特にシューパロから三笠へのrake side roadは週末になると
多勢のraiderがエキゾーストノイズを響かせ
このルートを疾走しています・・・
でもそんな事に気付くのは大夕張にいる人だけでしょうね
夕張本町のお方には、全く気付かれていない感じがする
観光、観光と叫ぶ市の行政、でもこんなraiderも取り込むような
気持ちも持つ必要が有るんじないのかな^
シューパロのrakesideと夕張岳、前岳の美しい
稜線を眺めると、彼らを魅了する事が出来るはずです
適当なrest&wcでもあれば、必ず観光客として根付くはずです

ゆうばりの観光に対する、グランドデザインを今からと言うか
今すぐに描いて、決してハコ物じゃない、観光を進めるべきです
ゆうばりにもslow Lifeはあるはずです

d0119909_11263557.jpg

上の画像は「東高校」の通学路が有った
急坂ですが、今は取り囲む樹木も天を突くばかりの様に
大きくなり、この時期はその道さえも
見ることは出来ませんでした・・・

明石町の線路跡も「イタドリ」の枝が倒れて、
再び人が足を踏み入れる事を拒んでいるようだ
[PR]

by road7hiro | 2007-11-26 11:27 | 故郷

冬壮美・・・のふるさと

少しだけ足踏みを続けていた、冬がシッカリと忍び寄っていた
夕張岳は白いベールに覆われ、長い冬への足取りを始めていました
冬を越え、降り積もった雪が消えるのは
来年の5月末・・・7ヶ月もの長い冬がスタートしました
夕張岳や前岳の白さは、人間世界に渦巻く金と欲にどす黒く汚れきった
世俗を洗い流すような美しい白い輝きです・・・
d0119909_11445760.jpg

シューパロの湖水も、もう間もなく凍結し
この大夕張の自然はモノクロームの世界になるでしょう
d0119909_11484272.jpg

でも、そこには春の芽吹きをただヒタスラに待ちながら
雪の精に守られて様々な自然の動植物が息を潜ませて
この、大夕張で静かに生き続けているはずです

今の大夕張を守っているのは、自然自らなのでしょうか・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-11-23 11:50 | 故郷

富士見町、その後・・・

国道の切替工事が休み無く続いている大夕張
その中で一番、大きく、変り行くのが
この富士見町じゃないかなーと思います
下の画像は国道から「富士見スキー場」へとつながる
小路ですが、工事用の鋼板が敷かれ、ダンプカーや重機が行来しています
d0119909_1544225.jpg

ただ他の緑町や弥生町も、往事の姿さえ思い浮かべる
事は出来なくなっていますが、街のよすがが偲ばれる
一隅から目を転じると、そこには跡形も無く
踏みつけれ、掘り返され 形相が変わり果てた
富士見町を見ることが出来ます・・・
本当に息を飲み込む事も出来ないほどの
有様に打ちのめされた・・
d0119909_156518.jpg

上の画像は富士見町から、鹿島小学校正門へと延びていた
いわゆる、由緒正しき通学路でした
路の突き当りには、コンクリートの正門が待ち構え
そこをくぐるとイタヤ楓が迎えてくれた
大きな広いグランドと白い立派な校舎がありました
想い出せますか・・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-11-22 14:47 | 故郷

初冬の駅前通・・

前岳や夕張岳が真っ白く輝く頃、息が真っ白に口から流れ
頬が痛いくらいに、ピリッとした風が突き刺さる

大夕張、鹿島では気温じゃなくて、自然の流れの中で
季節の移ろいを体感する処だった気がする・・・
d0119909_18535085.jpg

11月のこの日は、口煩い作業ゲートのオッチャンも不在で
久々に駅前通を僅かな時間歩いて来た
今春の5月以来かなー このメインストリートを歩くと
本当に帰ってきた感じがします
今は前岳が白く輝き、ここから吹き降ろす風が
大夕張下ろしだよーと、胸を張って威張っている様にさえ見えます
代々木町方向へ目をやると、そのズッーート向こうには
「ズリ山が」小さく見えます、冬枯れの季節は街の中から
外へは見通しが良すぎる程です
d0119909_191125.jpg

作業している人も、遠くから見ているとこの時期はただヒタスラ寡黙に
今の仕事をこなしている様な眼差しだ・・・
今は線路さえも無いが、この道を踏みしめて多くの大夕張の人が
新たな生活を求めて旅立った・・・
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をふっと思い出した
オイオイ、ここは未だスピリットが息をし続けているんだ
自然に敬意を表して足を踏み入れるところだよー
d0119909_1952865.jpg

風の音に不意を突かれた様に振り返ると
道の向こうに大夕張駅へと続いていた1本の大きな路が現れていた
それを何時までも希望の道と信じていたい・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-11-21 19:13 | 故郷

初冬の栄町1丁目~2丁目付近

山影は、すでに冬に変わり
大夕張の街中に吹き渡る風も、冷たい木枯らし
もう冬へまっしぐら・・・です
d0119909_10393288.jpg

この日は大型重機が街を踏み荒らし始めた
栄町から炭鉱病院の辺りを歩いてみた
d0119909_10334629.jpg

詳しい所在は「ふるさと大夕張」内の散歩道
もはや唯一のナビゲーターです・・・
記憶の中の朧げな残像と散歩道を
重ね合わせているが、来る度に記憶からフェードアウトしてゆくようだ
d0119909_10374290.jpg

画像は栄町1丁目~2丁目になると思うのですが
この辺は「としさん」の縄張りですよねー

山が白く装いを代える頃、住宅の軒先には
越冬用の大根の簾がぶら下がり
なが~~い冬の暖房に使う、薪が高く積み重ねられた光景が
毎年迎える冬への風物詩だった・・・

今は重機が轟音を撒き散らしながら
町内を踏みつけている、それはもう「そんなの関係ねー」の小島ちゃんが
大集団でパフォーマンスをしてているように見えるし
大夕張のあちこちで大、中、小の小島ちゃんが騒ぎまくっているようにも思えます
なんて言うのでしょうかね・・・ウーーン大疑問です
[PR]

by road7hiro | 2007-11-20 10:47 | 故郷

イヤーメチャクチャながーーいメンテナンスでした

あっー ようやく回復しました・・・もう、時間ぐらいキチンと
守って欲しいものです!!エキサイトさん
仕事の関係のサイトもサーバーメンテナンスしたとたんに
先週末の17日、午前からダウン!!
その後、回復~メンテ~回復~メンテと
目まぐるしい状況が続いている
以前、営業担当者にトラブルシューティングは
どうなのーと聞いたところ、ミラーサーバーが有るので
絶対大丈夫ほざくではないか・・・ところがどうだ
日本のITは未だヨチヨチ歩きの感じが否めないですね
銀行も交通関係もつい先日都内の改札機が
プログラムミスで長時間ダウンしてましたし

仕事関係はいつもトラヒックの少ない早朝に
アクセスする事が多いので、納品とかには影響なかったのですが
他社の皆さんはエライ苦労したそうな・・・・
早起きは「三文の徳」と言うらしいのですが
先人は的を得た事を言いますし、それが現代にも通じるのが恐ろしい!!

札幌は朝から道路に雪が積もり、冬の街かどになりました
インフルも大流行の兆しがあります
十分に注意しましょう、手洗いとウガイが一番らしいですよ
[PR]

by road7hiro | 2007-11-19 13:38 | 日々雑事

鹿島小学校 三昧?三枚です

白く新雪に輝きはなつ、夕張岳や前岳をボッーと
グランドから眺めていると、今はもう記憶の中にしか存在しない住宅から賑やかな
人々の元気な声が聞こえて来るような思いにとらわれます
変わらない山々の美しさが、一層そんな気持ちにさせてくれるのかな・・・
今朝は夕張岳三昧って画像です
今頃は、本当に真っ白な銀色の世界になっている事でしょう
d0119909_9313035.jpg

1枚は鹿島小学校グランドからの夕張岳ですが、砂利の山がお邪魔ですね
d0119909_9325315.jpg


3枚目は、おいら達の文字通りホームグランドの初冬風景です
寒くても、青空が気持ちよかったですよ・・
d0119909_9343938.jpg

今頃は背の高い草が枯れかけたグランドの周辺は
「エゾ鹿」さん達の、格好のねぐらに成っているはずです
他の地方だと、間もなく鹿猟が解禁される時期です
鹿島は休猟区なので、鹿さん達にとっては願ってもない
安全地帯です、観察する場所としては絶好のポイントだと思います
ただし、おいらの友人で有害鳥獣駆除をしているハンターが
いるんですが、昨年も羆さんが大夕張にカナリ出没して
出動されていましたので、行かれる方はこれにも充分注意してくださいな
[PR]

by road7hiro | 2007-11-18 09:43 | 故郷

工事は走り続ける・・・・

シューパロダムの工事は、この日も続いていた
まー この日本にゼネコン?いやー
銭コンとでも表現しても不可思議じゃないですが
こんな税金食物怪物がこの国で大手を振っている限り
無駄な税金を喰らう、どうしようも無い怪物連中は生き続けるのでしょうね
d0119909_10153271.jpg

画像は千年町手前の沢に立つ橋脚工事の様子です
これまで、この沢には春になると「行者にんにく」が随分と葉を広げていました
これで全滅してしまったんだろうな・・・・ホンマ残念やね

鉄筋の本数不足を指摘されると、尾首も無く
しゃ-しゃーと帳尻併せの見せ掛け工事で
お茶を濁してチャンチャン!!だもんねー
泥棒より悪いぜー お隣の紅い大国でも
こんな悪い事を平気で、やる連中はそうは居ないぜよー
日本人の感覚が何処かでイカレテる感じがする
そんな連中の片棒を担いでいる銭コンが
この大夕張でも大手を振って未だに携わっている
他社の参入を妨害するかのような超安値落札で問題になり
新聞紙上で明らかにされた業者です
こんなイカレタ業者が仕掛けている工事が
果たしてマトモナな形で完了するのでしょうかねー
d0119909_10193695.jpg

上の画像はわがエヴァーグリーン、鹿島小学校の裏まで
進んできた怪物君の行進?模様です
あー どうしようもねーーーな こいつらと来たら!!
気持ちの中の本音じゃ、この際@貴様敏羅殿にでも声を掛けて
自爆攻撃でも仕掛けてほしいなーと思うのです
まー そんな事日本じゃ 出来っこないけどね
指を咥えてこの工事を見ることは非常に辛い事です

鹿島小学校の裏からの工事は下の画像の様に
鉱業所を目指して進んでいます
d0119909_10304576.jpg


今年中に一体どんな様子に、鹿島は変っているのか・・・・・
[PR]

by road7hiro | 2007-11-17 10:32 | 故郷