人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

春日町北へ~

16日 駅前通を真っ直ぐに春日町へと進んでみる
でも、突き当りの手前には、数棟の宿舎が有りますが冬眠中です
作業員宿舎から向こうには除雪は入っていません
春になって雪が解ければ、自分たちが住んでいた
春日町南へも行く事が出来るのですが
この日は、ここまでが限界でした・・・
画像は多分、春日町北5丁目付近じゃないかと思います
磯次郎沢に向って左手にあたる処です
d0119909_922693.jpg

崖の下には、春日町北へ下りる、細い「けもの道」?
いえ、立派な生活道路がありました
このガケは冬になる、いくつかのジャンプ台や
スロープが勝手に作られ、オイラの様な
ガキ共の最高の遊び場所に成っていました

このガケの下には、春日町の詰所と夕方近くになると
大砲のように真っ黒な煙をモクモクと吐き出す
共同浴場がありました 夕方には賑やかな声が沸き立ち
それと、同じ時間頃には、空腹を刺激するかのような
夕食の良い匂いが流れていました

d0119909_9233542.jpg

この「白樺」に見覚えのある方はいませんかね??

by road7hiro | 2008-03-30 09:23 | 故郷

読みました、<限界自治 夕張検証>

28日帰宅すると注文していた書籍
「限界自治 夕張検証」が届いていました

d0119909_942433.jpg


夕食も、そこそこにビールも適当に少々
飲みながら、「グッ」と目を据えて?
読み始めました・・・

序章から読むに連れて、この問題が単なる
地方財政の破綻では無い様な気がしてきた
前々市長の為政者の面影が浮かんで来る
それは、北朝鮮の独裁的な国家掌握
の構図と同じじゃないのか
思わず、これが日本と言う
民主的?な国の地方自治の真の姿か!!
こりゃ酷い状況だったんだーと

大夕張は炭鉱全盛時に給与の中に
「孤島手当」と言う、いわゆる「僻地手当」が
支給されていた歴史がありますが

破綻への道筋を歩み始めた
当時の夕張市の政治状況は「独裁政治的な孤島」に
なっていたと言っても過言じゃないと思う
夕張アルカトラズか・・・グアンタナモか

政治的収容所が、まともな風体を装い
夕張市の中に存在してたのかも知れない
思わず、空恐ろしい自治体だった事に
気が付き始め、ザワッとする様な身震いを覚えた

by road7hiro | 2008-03-29 09:50 | 日々雑事

清水沢学園の件、訂正のご案内

先日、清水沢学園のハウス倒壊に対しての
振込先のお知らせを致しましたが
振込先口座番号に誤りが有りましたので
もう一度、ここで正しいご案内をさせて頂きます
御手数をお掛けしました方々に心よりお詫び申し上げます

<郵便振替>
口座名義人:夕張の福祉活動を支援する会
口座番号:02720-0-44252 (3/27 17:12 訂正致しました)
通信欄へ「キノコの件」と記入して下さい


   以上の通り、ご案内申し上げます

by road7hiro | 2008-03-27 18:04 | 北海道

石炭の歴史村 今シーズンの営業

夕張リゾートが運営委託されている
「石炭の歴史村」の今シーズンの営業が
5/3から10/13までと発表になりました

北海道新聞websiteでは、GW前半は集客が
見込めない事と後半はマウントレースイへの
営業に傾注する為のスケジュールとなった様です

集客数の落ち込みが前々年と昨年度を
比較すると約80%ほどでしかなかったらしい
通常の民間会社で前年対比-80%で有れば
自己破産のパターンだよね・・

その原因が歴史村遊園地の休園らしいのですが
そうかな?マイナス80%の数字は空恐ろしいほどです

歴史村自体には訪れる人から見ると
まるで求めるものが無い!!
遊園地が有れば、前年対比プラスに成ったのだろうか
オイラは違うと思うのです

この夕張に対する、視点が大きく変化しているのだろうと思う
顧客本位で考えてみると、こんな山の中に
人工の構造物を集めた都市の様な景観は
望んで居ないんじゃないかなと

観覧車から眺めるよりも
レースイ山の上で大地に踏ん張り
大空を見上げたり、星空を見上げるほうが
もっと素敵じゃないかな・・・


平原綾香の「jupiter」に収められている
宇宙連詩の「星つむぎの歌」の様な
環境リゾートへの有り方がお似合いだと思えて来る
ちなみに、今回のエンデヴァーのに乗り組んだ
土井さんは、この「jupiter」を船内へ持ち込んだそうです
それは、星つむぎの歌が宇宙へのお供には
最高の1曲と感じたそうですよ
実は奥様のお気に入りらしいですね

by road7hiro | 2008-03-27 11:19 | 北海道

早春のシューパロ近く

3月16日 何時もなら煩わしい無機質なゲートが
勝手に行く手を塞いでいた駅前通が
この日は、人影も無く、さーどうぞっ!ってな風体で
そんじゃ、行くぞっ~と
ガッ~~と、車で進んで行けました
作業員用の宿舎は、窓に板を打ちつけらて
一休みしている感じでした
d0119909_17524317.jpg

この画像に見える、プレハブの向こうは
丁度、春日町南6丁目付近の?
シューパロ対岸になると思います
そう、オイラの人生の中で大きく色んな事が起きた処です

一棟のプレハブ宿舎の前には車が数台止まり
多分作業の人達に愛されている様な
白い犬が1頭、オイラの顔をしげしげと
見に来てくれました
「決して悪さはしていませんよ~」と
眼でお話をして、車を降りて
静かな大夕張を見渡したのです

緑町から弥生町へ・・と進んで行くと
懐かしい、シューパロの流れと、磯次郎の沢が
見えて来た、こんな時期に、この光景を目にする事が
出来たのは、一体どれほどの時間が過ぎたのだろうか
d0119909_17521711.jpg

by road7hiro | 2008-03-26 17:57 | 故郷

女性記者が見た、夕張の問題

先日もアップしました書籍の件ですが
昨日25日に、ついに・・・発刊されました
「限界自治 夕張検証 女性記者が追った600日」
読売新聞北海道支社夕張支局編さん
ちなみに、(吉木さんが支局長を務めていらっしゃいます)
出版元は「梧桐書院 ごとうしょいん」から
販売価格は1,680円です

自分も読売新聞北海道版の「ゆうばりファンタ」の
会場で先行発売されるとの記事を目にしてから
気にしていた書籍でした

シューパロダムの工事に関連して以前に
同じ読売新聞北海道支社に勤務されていました
「遠藤富美子記者」が大夕張の立ち退きに
纏わる様々な人間模様を丹念に取材され
連載記事として掲載されました

そんな事もあり、個人的に注目していました
25日にamazonで申し込みましたので
多分28日には届くと思いますので
感想などは又、後日UPさせて頂きます

by road7hiro | 2008-03-26 10:14 | 日々雑事

早春の大夕張、鹿島より

3月16日 まだ冬から覚め切れない鹿島の街かどです
d0119909_762015.jpg

大夕張駅への路がシッカリあります
春日町から坂を昇りきり、大夕張駅へと続く
街のメインストリートが、この大路でした
今では、こんなに細い道ですが
住んでいた時は、自慢できる大きな路と感じていた

毎日、毎日、春日町から 坂を昇り
鹿島小学校、鹿島中学校、夕張東高校へと
歩き続けた、想い出一杯の路です
見上げる街の様子は一変しても
確かに、胸の奥に刻まれた風景です

d0119909_77133.jpg


そして、ただ一つ大夕張に立ち尽くす、街灯・・・
この街の、自慢だった5階建ての
「代々木アパート」が有った処に残っています

この大きな燈の下で、子供らが遊び
ご近所の人達が立ち話をしていたのだろう
皆、何処へ行ってしまったのか・・・

by road7hiro | 2008-03-26 07:07 | 故郷

清水沢学園のハウス再建への支援に付いて

先日も南清水沢にある
知的障がい者施設「清水沢学園」の
大切なキノコ栽培用のハウスが倒壊した事に
付いて掲載しましたが、このブログをご覧頂いている方より
どのような支援の方法が有るのでしょうか・・と言った
書き込みを頂戴しましたので
本日(25日)つい先程ですが支援団体へ
電話にて振込先を確認致しましたので
下記の宛先まで、お振込みお願い致します

尚、支援団体は先日も掲載致しました
ホップ障害者地域生活支援センター(札幌)
011.748.6220 竹田保代代表理事となっています

郵便振替

口座名義人:夕張の福祉活動を支援する会
口座番号:02720-0-44252 (3/27 17:12 訂正致しました)
通信欄へ「キノコの件」と記入して下さい


あとは、差し支えなければ
振込み人様のお名前、連絡先をご記入下さい

<お詫び>ブログ管理者より

振込み先の番号を誤って書込みしていました件に付いて
26日ないし27日に郵便局までご足労をお掛けした事に付いて
心中より深くお詫び申し上げます

 2008年3月27日 17:15
    ヒロ みうら

by road7hiro | 2008-03-25 09:26 | 北海道

大夕張の早春・・

夕張本町辺りでは映画祭で久々に
賑わいが戻ってきたようです

でもオイラの故郷、大夕張はまだ
眠りの中にありました・・・
ズッーーート、そのままでも良いんだよ
踊り舞う、星空と風にざわめく
木々の囁きの中でヒッソリといて欲しい
d0119909_2273219.jpg

出来るのであれば、オリオンや北斗星の
仲間と一緒に踊り舞う一夜のファンタジーを見れないか・・・
星の煌めきの中の大夕張を見てみたな~~

早春の大夕張は、寂しさと次へのステージへの動悸が
一緒にいるようだ
d0119909_2263786.jpg

画像は大夕張駅前から、長ーーく伸びる、メインストリート
歩みの先には、春日町北と南を大きく
分けた坂がありました、その向こう母なるシューパロに眼をやると
眼前の奥には「磯次郎」の沢が有り、夏には綺麗な水で沢遊びに
戯れていた、冬は水枯れの沢から馬橇が活躍していた
冬造材に借り出された馬の嘶きが遠くから聞こえてきた

by road7hiro | 2008-03-24 22:08 | 故郷

ゆうばりファンタは市民の財産ですね

23日で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」も
終わりました・・・

色々なマスコミの報道を見ていたら
何で、こんな人が出ているのかなーーーと
思わず考えてしまいました

それは北海道知事なのです
夕張の破滅的と言うか自己破壊的な
財政再建のストーリーを国と共同歩調をとり
まんまと落とし込んだ、中心人物が
なぜステージに上がり
おまけに「北海道知事賞」なんて
ケッタイなプレゼンターに成るとは

この祭には、政を司る人は呼ばない方が
ファンタの有り方だと思うのですが
住民の熱い思いと、このフェスを自分達も
参加して、映画を見て夕張を
もっと深く愛そうとする思いが
再開へと繋がったとオイラは思うのです

ゆうばりファンタはこれからも
市民、自らの創造と熱意で
織り成して欲しいと願います

政に何かを求めても、
何も無い事は既に明らかになった
事実が沢山あります
当てにするな、エネルギーの無駄です

映画祭のグランプリの一番の
プレゼンターは夕張市民の皆さんです
知事賞は止めにして「ゆうばり市民賞」にしましょう!!

by road7hiro | 2008-03-24 13:24 | 日々雑事