冬ですよ~ 大夕張

少し前に、鹿島小学校グランド=富士見町アメダス地点の天気を眺めていました
さすがに、冬突入のお天気になっていました!!
今日(10/31)の日中の気温も+3度~5度ですよ~
そして、夜半には雪・・・・・と、もう この時期は当然ちゅーかな

多分、炭住の空を支配するかの様に立ち尽くす
前岳や夕張岳は、白く輝き放ち
岳おろしの寒風を大夕張の街かどへ届けている事でしょう

今年も、残すところ2ヶ月ジャストですね
往時の大夕張では、どんな暮らしの様子だったのかな
越冬用の漬物も樽の中で出番を待っていたはず・・・

断熱材なんか、全く入っていない炭住は
漬物作りにとっては、最高の環境だったと思いますね
特に「ニシン漬け」とか、いわゆる「魚漬け」には
この上ない、漬物蔵だった気がします

ガキの頃は当然、その味わいも理解出来なくて
ナンデこんな、くさーーい漬物が美味しいのかな~と
思っていましたが、そんな故郷へ戻る場所も無くなると
無性に、あのシバレた、漬物が恋しく思います

あの炭住で熟成された漬物は、相性では日本酒が
一番だったんでしょうね・・・・・・・
北の錦、千歳鶴なんか代表的な銘柄だったかな
でも、大夕張、夕張にはシューパロの清流香を
充分に含んだ「北の錦」が体に程よく
しみていたのでしょうか・・・・・
[PR]

by road7hiro | 2009-10-31 09:03 | 故郷

夕張川の畔の作り酒屋さん・・・

夕張川、その源流が、故郷大夕張を流れる 
母なるシューパロ・・・もう、そんな事は当たり前ですね
空知の沃野を潤し、やがて北海道の大河「石狩川」へと
注ぎますが、意外と合流点は見た事が無いと言う人が
多いんじゃないかと思います
江別市の合流域を見る限りは、穏やかで
とてもじゃないけれど、大氾濫・・って言葉には
縁が無いような、流れに見えますね

でも、確かに100年に一回と言う、大大雨が降れば
どんな、手筈を整えたとしても、抑える事は
そんなに容易じゃないだろう、抑え切れると思うのは
愚かな人間の、恐れを知らなさ過ぎる、勝手な思い込み以外の
何物でもないだろうな~~

でも今日の話は、季節柄?の日本酒!!
それも、夕張川の畔で、北海道の酒米に拘って
醸している「小林酒造」さんがメインです
多分、時期的には、もう造りが始まっていると思うんですがね~

炭鉱の厳しい労働で苦闘を続けていた
親爺達が一仕事終えて、御天と様の光を浴びた時
あっ~今日も何とか地上に、無事に戻れた・・・
そんな晴れやかな、気持ちで炭住に戻り
息を付いた事だろう

そして、ノンビリと食卓に付いて、先ずは一杯だっ
当時の親爺は、秋田生まれと言う事も在って
お酒は超行ける口でした
でも、炭鉱で働いている人達は、多くがそんな感じかな
そこで、日本酒と言えば「北の錦」さんが、愛飲されていましたね

その「北の錦」さんの、社名は「小林酒造」さんと言いますが
その蔵は、今でも変らず、栗山町に在り夕張川の畔で美味しい酒を
醸し続けているんです

数年前に、チャリ仲間でツーリングの途中に立ち寄った事が
キッカケで足を運ぶように成りました
酒造場は、とても落ち着いた雰囲気で、いかにも・・・
造り酒屋さんだね~

親爺達が、仕事上がりに、こよなく愛した日本酒の
意味と言うか真髄が、この蔵に足を運ぶ
実感します
多分、大夕張を流れるシューパロの清流が、この蔵の仕込み水と
理解していたんだろうね・・
今時の地産地消の原点だったかも知れないな~

お酒好きのオイラにとっちゃ、こんな話題は
尽きる事が無いので、また今後に続く・・・
で、小林酒造さんのHPを是非、是非、
訪ねて下さいな~新しいお酒にも出会えますよ~
[PR]

by road7hiro | 2009-10-29 20:00 | 北海道

街も秋から初冬へ・・・

自分が住んでいる、時計台の鐘が響く
この街角にも、間もなく初冬の風が
吹き渡る頃を迎えて、公園には落ち葉が
まるで、鮮やかなタペストリーのように
地面を被い尽くしています・・
d0119909_1120672.jpg

yosakoiからオータムフェストまで、賑わい続けた
公園も、約2ヶ月の眠りにつきます
次のイベントは、クリスマス市から年末恒例の
カウントダウンが待ち構えています
d0119909_11202664.jpg

こうやって、振り返ると1年と言う月日は
一瞬の出来事の様です
さて、来年2010年は、どんな彩を見せてくれるんでしょうか・・・
d0119909_11212438.jpg


d0119909_1122377.jpg

[PR]

by road7hiro | 2009-10-27 11:22 | 北海道

寒くなりました・・

季節は早くも、秋を終えて初冬の雰囲気が広がっています
峠道もスタッドレスじやないと、走れない状況の様です
これだけ、肌寒くなると、ヤッパ日本酒が飲みたくなります
後、1ヶ月もすると、新酒がボチボチと蔵元から
出荷されて来ます
d0119909_11413142.jpg

さて、今年の酒米の出来上がりは、どうだったのかな?
行き着けの、お店に伺うと、イマイチのご返事でしたが
これも、飲んでみないとなんと言えません・・

オイラ的には(日本酒は量がエライ制限がキツイ!)ので
チビっとしか飲めませんが
お気に入りは、山口県の「獺祭ダッサイ、と読みますが
お味も宜しくて、お値段は非常に良心的です
今年初めて、この濁り酒を口にしたのですが
日本酒のシャンパンの様な感触がありました

新酒も、この「獺祭」を楽しみにして、お鍋をつついて
飲みたいな~~と、思う毎日です!!
蔵元さんは、旭酒造さんと言いまして、とても若い蔵人さんが
醸し出していますよ~

それと、故郷シューパロ川を源流となる、夕張川の伏流水を仕込み水とする
栗山町の小林酒造さんも、どんな酒を醸し出して来るか
これも、とても楽しみにしています!
酒蔵祭は、何時だったかな??調べなくちゃー
[PR]

by road7hiro | 2009-10-23 09:05 | 日々雑事

大夕張のお天気が詳しく・・

久々に、天気jpで夕張の天気をピンポイントで見ていました
そうすると、鹿島の各町ごとに、お天気がアップされているんですね
代々木町とか宝町、北栄町・・・まー嬉しいな

今日の気温は11度で、お空模様は「曇り」と発表されている
でも、意外と気温が高いので、ホッと・・
今週末には、気温も一桁まで下がるよう気がすんだけど

長期予報は、どうだったかな??
否が応でも、厳しい冬は必ずやって来る
親たちも上手く、この厳しい大夕張の自然と
向き合い、一生懸命、自分達を育ててくれた
本当に凄い、人生の地です・・・
[PR]

by road7hiro | 2009-10-19 17:50 | 故郷

大夕張の今・・・

12日大夕張は、もう冬を迎える佇まいの中に在りました
グランドのイタヤ楓も、スッカリ葉を落とし
もう、間もなく訪れる、初雪の便りを待つかのように
冬仕度を終えていました・・・
d0119909_19213987.jpg


そして、グランドから望む、故郷の山並みも
純白の衣をまとい、厳しい冬の訪れを告げています
d0119909_19192236.jpg


d0119909_19194424.jpg


この日は、真新しい黒々とした舗装道路から
街を見下ろして来ました、でも何処か違う!
大夕張って、こんな感じだったかな・・・
胸の奥で、自問自答を繰り返した
今でも、何か吹っ切れていないのです
ここが、本当に故郷の大夕張なのか・・・

二枚の画像は富士見町を見下ろしています
右手奥には、鹿島小学校グランドの正門が
当時には、見えていたはずです

d0119909_19201256.jpg

d0119909_19202825.jpg


何を見ても何処を見ても、大夕張は、もう初冬です
[PR]

by road7hiro | 2009-10-17 19:22 | 故郷

ダム幸福論はあるのか?

国土交通省のTopが入れ替わりして
ダム建設の方針に大きな変更等が世間の耳目を
集めて、マスメディアなども、こぞって
ニュースの帯にまで、取り上げられている
こんな状況は、自民党政権では、余り無かった気がする

それに、触れることすら「タブー」視でもされていたんだろうか
それとも、長い物には巻かれろ・・主義が一番安全だったのか
地方の首長も、政権転換以前の物の言い方とは
見事な掌返しを繰り広げている

この状況を見ると、今まで何にも思考していなかったのか・・・
そんな風に見えて、呆れてしまう

ダムを作る事によって、建設地の自治体で
ダム竣工以前より、町が潤い、繁栄を続け
人口も増えた・・・・と言う、自治体は在るんだろうか

これまで、多くの地域に、数多くのダムを作り続けている訳だが
「ダムによる地域幸福論」てな、理論が出来上がっているんでしょうか?
こんな簡単な疑問が胸の奥に存在している
費用対効果の数値がそれを表しているとは、決して思えない

それならば、ダム建設地に於ける、建設前、建設後の
「幸福享受の数値」を見せる必要が有るのでは無いだろうか
必要、不必要の議論の前に、仮定、推敲、実験、実証を進め
世間一般人が理解しやすい、可視的な計画の展開を見せるべきじゃないかな

これからも自分なりに、ダムって何?これでホンマに幸せなれるかな~
単純な疑問を持ち、色々と調べて行くつもりです
[PR]

by road7hiro | 2009-10-16 12:39 | シューパロ川

鹿島小学校グランドへの道筋・・

ふるさと大夕張の聖地?鹿島小学校グランドへ
これからも、足を運ぶ事が出来る状況です
国道からグランドへ通じる、取り付け道路が
出来ていました、そして、心配していた
神社山へのアプローチも、きちんと存在しています
画像には変わり行く大夕張の今を感じて
頂ければそれで十分です

一枚目の画像は国道からグランドへ下りる小道を
真横から見たものです、最初は位置関係が理解できなくて
このキツ斜面を這い蹲り上がりましたが
それは意味の無いことだと気付いたのは
この斜面を上から見た時でした・・・
d0119909_19102432.jpg


さて次は・・・幼稚園付近から千年町方向を見たものです
d0119909_19125691.jpg

これはグランドへの取り付け道路ですが、未舗装でした
d0119909_191472.jpg


グランド近くから鉱業所方面を望む
d0119909_19152739.jpg


ここが神社山への登り口です、早春にはもっとクッキリ見える事でしょう
d0119909_19165049.jpg


そして、グランドへの下り道、右手の装置はアメダスの電源部とトランスミッターです
d0119909_19184323.jpg


神社山との位置関係はこんな風に見えますよー
d0119909_19191494.jpg

[PR]

by road7hiro | 2009-10-13 19:21 | 故郷

千年町 12日 もう初冬です

12日は祝日でしたが、工事現場は不休で動いていて
中々、町の奥まで足を運べませんでした
ダンプがガンガン行き交い
重機も土煙を巻き上げながら、予算を使い切る?
努力を懸命に為さっている様に見えました

千年町の土砂堆積場も、この日は重機が
引っ切り無しに来る、ダンプカーに土砂を積み替える
作業中でしたが、何処へ搬出しているのかは
チヨイト不明です・・・
最初の画像は、千年町1丁目付近です
d0119909_1832772.jpg

この後は、大夕張営林署が在ったと思われる処です
d0119909_1833880.jpg


d0119909_18331995.jpg


d0119909_1833347.jpg


この次は「井出組」さんや「河野歯科医院」が在った場所かな
視線の奥には、雪をまとった前岳が、ホンノ少し顔を見せています

d0119909_18351082.jpg


そして、往時ここには三菱大夕張鉄道の線路が有ったはず
カメラの視線は清水沢を向いています
d0119909_1837610.jpg

[PR]

by road7hiro | 2009-10-13 18:01 | 故郷

寒かったけれど、きれいな紅葉でした

荒天の昨日とは、うって変わり
朝から青空が広がっていました
確かに風は、肌に刺すように冷たい・・
もう冬が、直ぐそこまで来ているのが体感できた

そんなんで、急遽大夕張へ向かうことにした
途中で忘れ物に気付いて、急いで戻るハプニングも
あって、こりゃ前途多難かな~と、気持ちを引き締めて
大夕張へと向かう事にしました

多分、今年はこれが最後の帰郷だと思います
ホンマ大夕張は寒いので、さすがに外で
ノンビリと遊ぶのは、時間的にも気候的にもキツイ季節です

今日の画像は、今話題のシューパロ湖から始めます
マスコミの報道の関係もあるのか、何時に無く
湖畔に車を止めて、シューパロの自然を眺めている
人の多いこと!!チョット驚きでした
でも、誰かが言った言葉に有る様に
持ち帰るのは、「思い出」と写真だけ・・
との言葉が正に、シューパロにぴったりでしたね
d0119909_19361597.jpg


d0119909_19363113.jpg


d0119909_19364762.jpg


d0119909_1937347.jpg


d0119909_193729100.jpg


d0119909_19374960.jpg


d0119909_1938245.jpg

[PR]

by road7hiro | 2009-10-12 19:38 | 故郷