<   2010年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

街は今・・

5月も間もなく、過ぎ去ろうとしています
気がつけば、2010年も折り返し地点へ
差し掛かろうとしています

今年は、こんな時期を迎えても、気温は一向に上がる気配が
見えて来ないですね・・間違いなく、冷夏、低温
そんな言葉が現実味を帯びて来ています

大夕張も今年は流石に雪解けが遅く
ここ、数十年の間でも、多分珍しい
事じゃないでしょうかね・・・
ダラッと汗を流す日々が来るのかな?
でも、この故郷の地を切り刻む、鋼の動体は
相も変わらず、その獰猛な突進を止め様とはしていない

テニスコートを踏み潰して、更に炭山駅方向へと進んでいます
d0119909_19125222.jpg


d0119909_19145940.jpg


富士見町は今・・春の中

d0119909_1916050.jpg


d0119909_19172840.jpg


d0119909_19192373.jpg

[PR]

by road7hiro | 2010-05-28 19:19 | 故郷

 なかなか、理解しない・・夕張、ナンナンダ!

先ほど、北海道のローカルテレビで取り上げていた(番組名:イチオシ)
夕張と夕張希望の杜、市立診療所の村上先生や
看護師の方々の、日々の動きの一部が流れていました
また、訪問診療や訪問看護を受けている患者さん
それを支える、ご家族の方のコメントも放送されていました

また、以前から、何かと物議を醸している
緊急医療体制の、もう一つの受け皿である
119の隊員の方の、ご意見もありましたが
但し、この隊員の方の全てのコメントが流されたとは
とても思えないのが、マスコミの常套手段なので
全幅の信頼に足るインタビュー?には至らずですか!

希望の杜とは、正に正反対の意見が市民等にもあるとも
この番組中でリポーター氏が述べていましたが
マスコミは相変わらず、事実の追究と裏付けが
全く不足しているな~と言う感じがしますよ
最近、マスメディアに多い、タダモレ風の取材に
見えたのは、自分だけでしょうかね・・

日本各地で市町村の規模に関わらず、医療施設の維持に起因する
地方財政の破綻が、相次いで起きている実態がとても多く感じます
その実態を見たり、ネット内のアチコチに存在する情報に触れる度に
あー又だな・・変わらないと、いけない時代なのにな~
まるで、最近話題の幕末から明治への激変の狭間で
垣間見える、人間模様に良く似ているんじゃないか思うのです

口先で替わし続け、最後は瓦解、解体に至った
徳川幕藩体制の最後の悪あがきが、地域財政の崩壊
そして、破綻へと至る図式が、夕張へも酷似しちゃいませんかね

頭の中身は替えられないけれど、考える方向性などの
ソフトウエァーは更新しなきゃ、駄目だよ!
地域が生き延びるためには、常に思考のアップデートが
大切じゃないでしょうかね・・意識して変えていかなきゃ

地球上で最も生存の可能性が長いと言われている
嫌われ者のゴキちゃん・・確かに、見た目はダメですが
ムダの無い形状は、一切の虚飾を捨て去った
極めてシンプルで、生存する為の原理、原則の様です

前市長時代に希望の杜との間で交わされた
口頭の約束事が、最後には市によって
一方的にホゴにされた、経緯は正に徳川幕府の
終焉とよーーく、似ています

現代へ通ずる、定理の様なものが、歴史という
時間の中にあるんじゃないだろうか
[PR]

by road7hiro | 2010-05-27 19:48 | 北海道

大夕張の春 2010年

d0119909_2275194.jpg


d0119909_2155756.jpg


遅い雪解けが進んで、校庭へと続く道を通せんぼした
黒々とした残雪も、跡形も無く消えてしまい
大夕張にも確実に春が訪れている事を教えてくれていた

d0119909_220461.jpg


d0119909_2221160.jpg


寒さも無く、温かな陽射しに包まれる
ホンノ僅かな優しい、時間の幕が上がった
それも、数える事が出来るほどの
短い、儚い 夏の時間の始まりです

d0119909_225968.jpg


もう間もなく、6月陽光が乱舞する季節
7月 シューパロの清流に夏雲が融け込む
8月 岳は気もそぞろに、茜色に染まる
9月 錦秋の幕が上がり、街は紅一色へ姿を変える

本当に短い1年が今、ここに始まり、そして
大夕張を駆け抜ける様に動き始めた
[PR]

by road7hiro | 2010-05-24 21:55 | 故郷

旧北炭の残骸!

5/22の新聞に、旧北炭=亡霊の様な非常に嫌な響きの言葉ですが
そのトンでもない会社が羽振りを利かせていた時代
石炭栄華のピンハネ資金を利用して、当時の石炭行政を管轄する
役人の接待漬けや、皇族の方々の接待処として
あまねく資金を投入して作り上げた
北炭鹿ノ谷倶楽部⇒夕張鹿鳴館+宿泊棟=夕山荘として
5/27に本格的なオープンを迎えるそうです

現状は北海道の食材を利用した、フレンチのレストランとして
2009年秋から営業を行っていますが
今回の宿泊棟の開業で、ほぼ全面的なオープンと言えるそうな
宿泊料金金は、お一人様@38,000~43,000!
ホッ~ なかなかでんな!オイラには無理ですは・・・

自分的な考えでは、炭鉱従業員の幾多の尊い生命を
失わせた<北炭>その北炭が負うべき企業責任
企業義務、企業倫理の一切全ては
今風に表現すれば、コンプライアンスの欠如・
全ての義務の一条も果たされてはいません

その影で、炭鉱従業員の鮮血に塗れた夕張の山間の
一隅には、北炭の従業員ですら足を踏み入れる事が許されなかった
豪勢な設えの<鹿ノ谷倶楽部>が別世界の次元で存在していたのです

ここに一般市民が足を踏み入れる事が出来る様になったのは
北炭の経営破綻そして、そして同じく破綻の道を歩んだ
夕張市へ全てのお荷物を無理やり押し付け
逃げ消えて以降の事でした

ここは北炭が無責任な企業姿勢で、この地に君臨し続けた
事実を示すことの出来うる、負の歴史遺産と言えるはずです

さらに往時、この北炭が石炭で得たであろう巨万の富を
利益操作するが如く作り上げた、数多くのグループ企業があるが
その中には未だに存在し続ける、許されない会社がある
当時も、今も尚、何も知らぬ存ぜぬを貫いている
厚顔無恥の企業が、そ知らぬ顔で繁栄している現代

破綻当時、多くの従業員から、グループ企業としての
同義的責任の履行を求められても、何も負わずに逃げ切った
そんな会社が、未だに存在する事は許せません!
ましてや、マスメディア界で大きな顔をしてTV電波に乗せて
正義感満点の言論を張っている、オイラはこんな歴史を
持っているメディアの報道は大嫌いです
街中には珍しく、緑が濃く繁茂する一隅には
その影に隠れるように、この局は存在しているのです
この企業の出発点は北炭にあります
そして中心人物は、正に北炭のドンでした
その経緯を知り得た今も、こんな風に見ています
お前達に、正義を振りかざす資格は無いはずだと!!

そして北海道行政の核心的な位置に在る
道庁の界隈には、これまた旧北炭グループが築いた
老舗の宿泊施設が、同じく未だ存在し続けている
ここでも、鉱山関係の管轄官庁を狙って政治を
動かそうとした魑魅魍魎の如く、北炭の輩が
暗躍するベースにしたのではないかと思うほどです

鉱山会社~石炭産業が礎となった大企業が未だに
隆盛を続ける時代にあっても、その土台となった
街や村は、もう歴史の中から消えようとしている
責任を取る事の意識が無い企業は
いつか、時代と言う陪審員から、重大な有罪判決を
下されるだろう、そう為らなければ
山に消えた、幾多の尊い生命が無駄死になる!!
[PR]

by road7hiro | 2010-05-23 17:34 | 北海道

懐かしい、遠幌の幼稚園~南大夕張へ

この日は、いつもだと通り過ぎてしまう事が多い
遠幌の幼稚園へお邪魔しました
以前は、どなたかがお住まいしていた時代もあったはずですが
今は、遠幌幼稚園の名前が、元気だった時代を忍ばせるのみです
そして、幼稚園脇に視線を移すと、なんとなく平坦な空き地風景

あっ、そうだ昔はここを三菱大夕張鉄道のSLが
黒煙をモクモクとたなびかせて、清水沢と大夕張炭山を繫いでいたんだ
レールが外されて、一体何年の歳月が流れ過ぎ去ったのだろうか・・

鉄路跡から大夕張方向を見ると、そこには水仙が咲き乱れ
そして、遥か遠くには、秀峰夕張岳がドッカーーンと
聳えている風景が目に入りました、多分 オイラ達が
この鉄道にに乗り、清水沢から大夕張へ戻る時には
この、故郷の姿を何度も目にしていたのだろう

d0119909_9233287.jpg


d0119909_9313423.jpg


d0119909_9235539.jpg


d0119909_9241367.jpg


遠幌を過ぎて、少し立派な職員住宅が見えて来ると
間もなく南大夕張駅ですが電信柱の立っている草地は
かっての線路跡ですよ~ 覚えていますか?
南大夕張は三菱大夕張鉄道保存会の活動地です
今は三菱大夕張鉄道のラッセル車と客車と、黒ダイヤと呼ばれていた
石炭を室蘭まで輸送していた貨車?が、今も手入れをされて
ホンノ少し前の、大夕張~南大夕張の元気な
姿を思い出させてくれるのです

Twiのつぶやきには、今日、南大夕張の保存地で
ペンキ塗りなどの補修工事が、ボランティアーの皆さんの
お力で行われるそうです、本当にご苦労様です!!
d0119909_9302094.jpg

[PR]

by road7hiro | 2010-05-23 09:30 | 故郷

長沼の丘から、故郷が見える

この日は、メロン熊っちーを探して買う事も
大きな?目的だったので、行きは何時もとの正反対で
川端経由で走らせました、途中に在る、なだらかな丘陵地帯から
大夕張の山並みが見通せる、ポイントがあります
ここは、初夏~秋に掛けても、本当に気持ちの良い丘です!

大夕張までは、距離的にはカナリ残す場所ですが
ボケッ~~と風景を眺めるには、最高ですよ!

芽吹きを始めたばかりの、草や木々の爽やかな新緑が
仕事でコリ固まった、胸の中の淀んだ重石を
解き放ってくれる感じがします

d0119909_8565967.jpg


d0119909_8571779.jpg


d0119909_8573419.jpg


そうして、今月始めには残雪を目にした、清水沢の町も
遅い、春の訪れを告げる、コブシの花が山間に咲き誇っていました

d0119909_859552.jpg

[PR]

by road7hiro | 2010-05-23 08:59 | 故郷

お元気で何よりです 先輩!

5月16日 オイラ達のホームベース、鹿島小学校グランドが
久々に賑わいを取り戻しました

25年会の皆様が、前日の同期会の余韻を持って
久々に故郷のグランドを訪ねてくれました

お天気も上々、グランドに伸び始めた草花にも
温かく優しい春風が流れ、皆さんの訪れを待ち侘びて
居たかの様な雰囲気が溢れていました

d0119909_204747.jpg


d0119909_2044673.jpg


d0119909_20171136.jpg


d0119909_20173233.jpg


d0119909_20263197.jpg


d0119909_20304393.jpg


阿保先輩、山ぶどう酒とても美味しかったです!ご馳走様でした
今回の素敵なプログラムまで頂戴して、本当に感謝しています
また元気に、この地でお会い出来る日を楽しみにして
ブログから発信させて頂きますので、これからもどうぞヨロシクお願いします
[PR]

by road7hiro | 2010-05-17 20:08 | 故郷

出たッ~~~天井知らず価格!

2010年産、夕張メロンの初競りが行われた、結果??・
ハイ!驚愕の2玉で<150万円>な~り
またまた、大台に乗っちゃいましたね

2009年よりも、高い値段で落とされましたので
今年は、これが引き金になり、高値安定に成らないで
欲しいとお願いしますね~
生産者の事、夕張地区の事も併せて考えて
手の出ない価格じゃなくて、美味しさをいかに多くの
人達と共感出来るかを含んで考えて欲しいな~と
これは、真実の願いです!
セリ人の関係者も、現状のデフレ経済状況を熟知しているとは
思いますが・・・他のブランドメロンも、グイッグイッと
マーケットで伸びているので、多少の価格戦争には
成ってはいるけれど、人の口に届かない事には
ブランドも何も、存在の価値は生まれて来ないのですよ

2010年夕張メロンのスタートです
ファイト~~~っ
[PR]

by road7hiro | 2010-05-17 12:57

夕張メロンの出荷が今日からはじまり!

今日から夕張メロンの出荷が始まったそうです
ウッ、食べたいな・・しかし、初物は買える値段じゃないしね
後、1ヶ月待ちましょう、庶民には<個選>がベストですね
そのメロンを食い荒らす、くまがtwitterの夕張最新情報で
エライ人気を集めていたので、新し物好きの自分も、ツイツイ
買いに走りました、販売しているお店は
帯広へ向かう、樹海ロードに面した楓地区にあります
<北海道物産センター夕張店>のみですよ~
d0119909_177279.jpg


最初間違えて農協の銘産センターへ飛び込んで、店内を探したものの
見当たらず、清水沢のセイコーマートさんで聞いたところ
紅葉山から帯広へ向かう方向だよ~~んと、親切に教えていただいた上に
イラストmapまで頂き、本当に優しい心遣いに感謝しています
大夕張への道すがらには、是非セイコーマートさんも
ご利用下さいな~お隣は<諸沢商店=あきんど屋さん>ですので
とおに、ご存知だとも思いますが・・・

で、メロンくま君店内では販売制限が行われていて
お一人様、1個まででーーすので、残念ですが
帰宅して、早速PCペタンしていますが、パワフルな表情です!

d0119909_1755145.jpg


d0119909_176352.jpg

[PR]

by road7hiro | 2010-05-16 17:07

風が心地よかった、大夕張にて・・

カーテン越しの、朝陽が眩しく差し込んで来ていました
はよー起きなよ~って、言葉が窓の向こうから
聞こえて来るような、日曜の朝を迎えました
さー 自転車に乗るか、大夕張へ向かうか・・と
天気の良さに、思わず考えあぐねる始末
パタパタと朝食を済ませ、お片付けやっつけて
よーーーし、大夕張へ行くぞっ!決定

夕張へ向かう道は、意外といい感じで、スムーズに流れていて
スンナリと清水沢~大夕張へと入る事が出来ました
今日は、twitterで最近話題の<メロンくま>君を探す予定も有ったので
道すがらのストアーで場所を聞いたりしていたので
鹿島小学校グランドへ着いた時間は、丁度正午の時間帯になりました

フッとグランドを見渡すと、ナント人影が・・・車も数台到着しているのです
こんにちは~と、ご挨拶を交わしている内に、続々と車がやってくるじゃ
ありませんか・・・・その中で、見慣れた白のランクルが来たっ
そうか25年会の皆さんがお越しになった訳です
鹿島小学校グランドも久々に、多勢の人達を迎えて
喜んでくれた様な気がします、それと「イタヤカエデ」さんもね~

この模様は、これからポチポチとアップして行きますので
ヨロシク!
取り敢えず、今日は春の故郷風景を交えて進めます
d0119909_16312759.jpg


これからはツーリングには最高のシーズンです
今日も多勢のライダーが気持ち良さそうに、ワインディングロードを走り抜けていました

d0119909_16315916.jpg


d0119909_16322854.jpg

この桜は、清水沢の消防署裏に在って、ようやく蕾がほころび始めたばかりですね
セイコーマートの方にお話を伺ったところ、やはり最近の気温が低くて
全然、桜も咲いていませんよ~と、ウーーン北海道はどこも同じだな~と
これじゃ、大夕張は絶対咲くはずかない訳ですよ!

d0119909_16331519.jpg

上は清水沢発電所ですが、随分と解体作業が進んで、もう僅かな面影を留めるのみです

それを、見下ろすように、三菱大夕張鉄道がの線路がここに有りました
今は、往時の影を薄っすらとしか、思い出せない程に枯れ草が覆っています
d0119909_16362474.jpg

[PR]

by road7hiro | 2010-05-16 16:36 | 故郷