人気ブログランキング |

10月10日に順延です!

<ふるさと大夕張>の掲示板へ、昨日書き込んだ様に
9月の鹿島小学校グランドでのbbqは順延します
皆さん、カナリ予定が入っている事が多い様なので

それじゃ、と言うことで、秋本番の10月第2週の連休へ
順延とします・・・

日程:10月10日(日曜日)
時間:正午を目指して
食べ物は各自持ち寄りでヨロシク!

秋本番の時期なので、ウエァーも
気温、天候の急変に対応出来るよう
装備して下さいませ~

今年は夏が、何時に無く暑い日が続いているので
多分、紅葉も例年よりは、少しだけ遅めと思いますので
10月までは、キレイな大夕張の紅葉を眼にする事が
出来るんじゃないかと、期待を込めて変更させて
頂きますので、9月は無理だった方も、是非予定を
合わせて、鹿島へ戻りましょう~ ヽ(^o^)丿

では、またカキコします!!

by road7hiro | 2010-08-30 17:42 | 故郷

本部長さん&beniさんの写真も展示されます

大夕張仲間の<本部長さん&beniさん>が参加される
写真展、「小樽・鉄路・写真展」が、8/30から9/12まで
名前のちなんで、国鉄旧手宮線の線路上で開催されます
もちろん、この線路に列車が通る役目は既に終わっていますので
安心してノンビリと線路上を散歩出来る、珍しい企画展ですね

昔、大夕張に住んでいた頃には、SL9600が爆走する
線路上を歩いて、先生等から耳の痛いお話を頂戴した
事が、誰も一つや二つはあると思うのですが
そんな、少年時代を思い浮かべる、鉄路ですよ~

会場近くには、観光スポットでお馴染みの
小樽運河や軟石造り倉庫など、時代を感じる町家が
多く立ち並ぶ、レトロチックな場所です
映画で記憶されている方も多いと思いますが
「海猫屋」さん、小樽銘店の「かま栄」さん等の
素敵なお店も数々見かける処なので
週末の小樽散歩や運河散歩など、一息付く感じで
気楽に写真展をご覧になるのも、秋にはお似合いですよ~

この展示のユニークな点が有りまして
ナント屋外展示なんです、それに夜間照明付きで
天候によっても受ける印象が違うし
そんな見方も、インスパイヤーも違うでしょうから
先ずは、いって見るベシ!

詳しい情報は下記のサイトで確認してください
<小樽・鉄路・写真展> 公式hp
http://blog.livedoor.jp/tetsuroten/

by road7hiro | 2010-08-28 09:17 | freinds

夜空を眺めるか~~

金曜日の夜にしちゃ意外とノンビリしています
開け放った窓から流れ込む風も
ほんの少し冷たさを含んだ、秋の北風です

夜の帳の下がる時間が早くなっています
こんな夜には、空を見上げて、星団の広がりを
見続けるのが、一番最高の一時かも知れない

この眼に入る星の子達は、故郷、大夕張でも
同じ広がりで見えるはずだ・・

星空の下の、故郷は今、どんな明かりに照らされて
いるのだろうか・・・・

by road7hiro | 2010-08-27 20:03 | 日々雑事

我が家へ・・・

雨が降りしきる、懐かしの大夕張、鹿島の街へ
みんなで歩みを進める、でも大きく姿を変えた
父母の地は、今では懐かしい地図を片手にしないと
町の在り処さえも、思い出せない程遠くなり、記憶の
中で息づくだけなのかも知れない

画像は駅前から、真っ直ぐに伸びる
メインストリートから始まります

d0119909_18910100.jpg


d0119909_1893738.jpg


d0119909_1810112.jpg

街に立ち尽くす、古い電柱には「化粧品店」の文字が残っていました
ここは、吉井薬局さん向かい付近でした
d0119909_18104233.jpg

4枚目は、お祭りには家族で出かけた
池田屋食堂さんの跡地です

d0119909_18113880.jpg


d0119909_18111091.jpg


最後の画像は「ふるさと大夕張」の散歩道の町内図を見ると
BARエルボンさんが在った場所から、富士見スキー場を見ています

by road7hiro | 2010-08-22 18:11 | 故郷

秋、本番に鹿島でヤルカ~

今日は生憎と出勤日なんですよ~(-_-;)

天気も、ソコソコなんで、チャリで飛ばしたいんですが
最近は、イマイチ休みと天気がバッティングしないんで
余り走れて居ないので・・・溜まる、溜まる ストレス?

チャリを気持ちよく、乗れるのも、後2ヶ月だから
沢山乗りたいんだけどね~

大夕張まで走りきるのが、今年の目標なんですが
車のサポートメンバーとの、都合も上手く出来ないので
さて、どうなる事やら・・まー 適当に走るか~

秋はグルメを追いかけて、アチコチと走り回る事も
多い時期なので、仲間に置いてきぼりに成らないように
走らなきゃイカンのだ!

明日の天気は、どないな感じでしょうか?

あっ!忘れていた・・・9月第3週に鹿島でBBQやるか!
ここを覗いている皆さん、どないでっか?

by road7hiro | 2010-08-21 10:59 | 故郷

アノ日が想い出に変わる~

お盆休みも終わると共に、オーイ、夏も終りですか?と
思わずにはいられない、心地良くて乾きを伴った
チョッピリ冷たさを含んだ、夜風が流れて来ています

もう夏は終ったな~と強く感じます
そして、大夕張の夜を最高の仲間と過ごした
あの日は、思い出に変わろうとしています

カレンダーに眼をやると、早くしないと9月に成るよ~と
声が聞こえて来るような気がします
ヨッシ、アップしなきゃ~~~と気合!っす

鹿島小学校グランドでの朝食を終えても
雨は、一向に止む気配すら見えないまま
さ~日曜日の大切な想い出作りへと、気もそぞろ・・・・

そんな最中、隊長の優しい心遣いを眼にする事に成りました
ちゃんと、バケツとタオルまで用意万端で身構えているんで
サテ、何をしはるおつもりやろか~??と
眺めていると、画像の通りでして、鹿島の街を
ここで見続けている、モニュメントの母子像を
タオルで綺麗に拭かれているのでした

隊長が一言、呟いていました・・・
「前から、一度こうやって上げようと思っていたんだ」と
鹿島小学校を中途で離れ、故郷を思う気持ちは
誰よりも強い、隊長の優しさが溢れる行動でした

d0119909_1938456.jpg


d0119909_19411325.jpg


d0119909_19445250.jpg


d0119909_19473858.jpg


そして、大夕張人のbeniさん、本部長さん、
いつも優しく温かな眼差しで鹿島、大夕張を写し続けてくれている
その真摯な姿勢に、自分は頭が下がります、ありがとう!

by road7hiro | 2010-08-17 19:40 | 故郷

満足って、何だろう・・

お盆の慌しい時間を何とか割いて
数冊の本を読み終えました
その中から感じた事が、置かれている環境の
違いは有りますが、一つの共通項が見えて来ました

「人が生きてゆく事に丁寧な姿勢である事
一人一人に、家族同様の愛情を持って
接する事が一番の愛情表現なんだ」

これって、自分の場合はお客様への販売から
接点が始まる訳ですが、こんな部分にも
当然当て嵌まる事なんですが
今更の様に、改らためて気が付いた事です

そう言えば、先日、お会いする事が出来た
村上先生の、日々の行動の姿やお話の中からも
同じ事が溢れていた・・・

<丁寧さ>・・・最近はデジタル万能の
世界に成りつつある中で、この部分だけは
心が織り成す、極めてアナログな処じゃないだろうか・・

今年の後半、もう一度、この言葉を思い出して
日々、歩んで行こうと、心に刻み込みました

by road7hiro | 2010-08-16 10:48 | 日々雑事

故郷を見るときに読んで欲しい1冊

過日、当ブログにコメントを頂いた文中で、ご紹介が有りました
鎌田 實先生著の「いいかげんがいい」を、ようやく読み終えました
ページ数は、意外と少ないエッセーの小品でしたが
読みながら、心に響くところが、とても多くあって
何回か、ページを読み返していました
d0119909_20225634.jpg

最近ですと、読売新聞の朝刊に連載されていますが
内容的には、このエッセーから抜粋されている感じを受けました

鎌田先生も決して、聖人君子的なお方ではく
私達と同じ立ち位置で暮している感じに思えるのです
時には、余りにも一生懸命の度を越えて仕事に打ち込みすぎて
精神的に不安定な状況に陥って、とても苦しい
経験をされた時代が有り、そんな時にシッカリと支えたのが
奥さんであり、ご家族の皆さんだったそうです
その中から、先生が見つけた一つの生き方の道標が
「がんばらない」「いいかげんがいい」こんな2冊の
本の中から見えてきました

頑張りが度を越えると、己も立ち行かなくなるし
そして、周りの人達へもマイナスの影響を与える
事に繋がり兼ねない状況にも成る事でしょう

自分自身も、度を越えてしまい、糖尿病を発症した経緯もあって
鎌田先生の言葉が、少しだけ理解が出来た様な気がしますし
文書からは、飾らない優しさと、包容力の大きさが伝わって来ました

この本の中に「夕張希望の杜」と、村上先生のお話が
取り上げられていました、鎌田先生が夕張を訪れた際にも
村上先生が石炭博物館へ御案内されたとの下りが有りますが
この情景をこんな言葉で表現していました
「この男は他人に対する想像力が豊かである
(鎌田さんが)何を見たいか、何を聞きたいか、僕の顔を見た瞬間に
即座に頭の中に入っている」
夕張希望の杜が目指すところは、街を明るく元気にしたい
多くの人々が訪れる街にしたい、それ以外は考えていない」

村上先生を慕って、多くの学生や医師が集まって来る
熱き情熱、理念と信念の人柄が求心力と成っているのでしょう

先日、鹿島小学校グランドまで来て下さった時に
皆と熱く話に盛り上がりましたが、その中からは
夕張や地域の事に明解で整然とした、マスタープランを伺い
知る事が出来ました。

こんな素敵な人を地域のお住まいの人達は
皆で出来る限りの力を集めて、守らなきゃ行けませんよ!
「無辜の人です」

フアィト!夕張希望の杜の皆さん

by road7hiro | 2010-08-14 20:21 | 故郷

鹿島小グランドより~

夜来の、篠つく様な雨は、朝になっても
一向に上がる気配すら見えません
夜通し、テントを激しく叩きつけながら
降り続ける雨音に、寝ている時は朝起きたら
グランドは、どんな風景に変わっているのかな~と
少しだけ気掛かりでしたが、何時しか眠りに落ちていた

翌朝、目覚めると、ところ所には大きな水溜りが
出来ていたのですが、意外とサッパリしていました

d0119909_2075144.jpg


母校のグランドは、さぞかしシッカリとした
基盤工事がされていたのでしょうね
自慢の校舎にお似合いの最高のグランドだもんね!

雨の多い2010年、イタヤ楓さんも、さすがに苔むしていました
樹齢は250年を超える、超古木ですが今年も雄々しく
鹿島の街を見守ってくれています
どうか長生きして下さい、自分達の戻るべき処を照らし続ける
唯一の証ですから
d0119909_20175574.jpg

d0119909_20135898.jpg


そして、イタヤ楓の樹下で思い出のワンショット
誰かが掲げてくれた、イエローフラッグには
「お帰りなさい、希望の街へ」と記されていました
優しい言葉を目にして、胸が熱くなりました

d0119909_20165863.jpg


d0119909_20172579.jpg


雨さえも、優しく響くシンフォニーに聴こえて来る、ふるさと大夕張でした

by road7hiro | 2010-08-12 20:08 | 故郷

官行の空より・・・

7月31日、天気は意外とよくなり、青空も見え始めて来ました
大夕張までの気温は結構高目で、背中は汗で湿り気を帯びる
夏の陽気で、暑く感じてはいたもの、大夕張まで来ると
そこは、高原の気候でした
空はパステルふうに広がりウッ、もう秋なのかと
戯言をつぶやく、自分が居た

官行(ここは、kankoと呼びますね)
たまに、kangyoと発音される事を
耳にしますが、kankoが正しい呼称ですからね

さて、川原も最初の予定ポイントは
折からの雨で、増水していて、急遽懐かしの
炊事遠足ポイントへ変更に成りましたが
これが正解だったのです
遠い昔の、学生時代に延々と徒歩での
炊事遠足と言えば、この場所でした

みんな、良く覚えているよね~
体に刻み込まれた、時間と距離と川原風景の記憶は
こんなにも、鮮やかに息を吹き返す物なんですね

今日は清流で見上げた、官行の空をどうぞ!

d0119909_2044957.jpg


d0119909_2052255.jpg
d0119909_2054487.jpg
d0119909_2055973.jpg

by road7hiro | 2010-08-10 20:06 | 故郷