人気ブログランキング |

人として助け合い、人として共に生きてゆきたい

今朝、このブログに盛岡在住の大先輩の「オスヤ」さんから
健在を伺える書き込みを頂戴して、心底から嬉しかったです
ご職業柄、とんでもない渦中のお仕事の状況である事は
報道内容から十分に窺い知ることが出来ます

無くなられた、幾万の尊い生命・・・一瞬だったんだろうね
生きている自分達は、この無念の思いを抱えて骸と変わり果てた
数多の生命の礎の上に偶然にも、この生命を永らえている
そんな感情が湧いて来ています

1秒先も見えないのが人生なのかも知れない
それならば、出来る限り精一杯生きなきゃダメだろう
あれも、これもはできないだろうし・・・

人は決して一人では生きていない事実
多くの人々の手を借り、愛情を注いでもらって
今が有るな~と思うのです

大夕張、鹿島と同じだけの胸の温度を
今年は被災者へ捧げたいと思います
やれる事はやって見よう・・・と
でも一人できる事なんか知れています
多くの仲間と手を繋ぎあい、心を結んで
行動できれば最高です!

がんばろー日本!Never Give UP JAPAN!!3.11

by road7hiro | 2011-03-24 21:02 | 3.11 大津波大震災

忘れない被災者の事3.11

大震災、大津波のあの悪魔の出来事から1週間が過ぎました
今日は震災後9日を経過して、超人的な生命力で持ちこたえた
2名の方がガレキの下から、救助されて再び、太陽の下へと
生還されました!!本当に良く頑張ってくれました 凄い忍耐力です
生還された2名の被災者と諦めずに懸命に救助作業を続けてくれた
多くの救助隊員の皆様へ、心から感謝を申し上げます
正にミラクルしかありません!本当に良かった、
ただ、それしか言葉が見当たりません!
「ひとりじゃない・」この言葉が実践された奇跡の救出でした

そして後方にいる私達が出来る事は、情報に振り回される事なく
今、被災現場で何が必要とされているか、耳と視線を集中して
一人一人の思いを持って、行動しましょう
義援金もしかり、その中で私が応援する「夕張希望の杜」より
森田医師が自家用車で現地、気仙沼町で活動を開始しています
でも、希望の杜には資金的にも人員的にも余裕はゼロも同然の
診療所体制にも関わらず、貴重な医師1名が悲壮な思いを胸に
被災地で多くの生命の灯火を守る、必死の医療を展開しています

<支える医療募金>
NPO支える医療研究所より
夕張、北海道から被災地を支える活動を開始しました。
募金を考えている方は支える医療募金も考慮ください。
活動もお金の使い方もすべてオープンにしていきます。
皆さんとともに被災地、被災者を支える医療を進めていきたいと思っています。
夕張のコメディカルも夕張以外の地域医師も参加予定です。

NPO支える医療研究所 0123-52-5777

北海信金 本町出張所
普)0212364 村上智彦

夕張の多くの皆さんも何とかしたいけど、何も出来ないジレンマがあった様です。
今回の様に具体的に形にして出来る事をやっていけばいいと思います。
悩むよりも行動です。
しかし準備期間が数日間でしたが何とかなるものです。(村上智彦
)>

上記は希望の杜の心意気です
是非、被災地でも懸命な医療活動を展開する「夕張希望の杜」へ
義援活動の為のご寄付等、手厚い支援をお願い致します
以下、希望の杜村上先生が自らのブログに書かれた
内容をカーボンコピーで貼り付けましたので御覧頂き
是非、大きなご支援を賜りますように、心中よりお願い申しあげます

ガンバロー日本 Never Give UP JAPAN !!

by road7hiro | 2011-03-20 20:31 | 3.11 大津波大震災

ガンバローみんな!明日に向かって

本当に酷い、酷すぎるこの大震災です・・
自分がこの世に生きている限り
最後にして欲しいと願うことだけしか出来ない
眼を背けたい、知りたくない惨状
多くの尊い生命が大津波に捲き込まれ
一瞬にして骸と変わり果ててしまった~
幼子も好々爺も優しい父母、兄弟,姉妹、仲間も・・・

人間の寿命を一瞬にして変えてしまった
地球が牙を剥いた、激しい怒りだったのか
人間の考えた、全ての工作物を蹴散らかし
大海に引き摺りこんでしまった、とてつもない
宇宙規模の大地震と大津波でした

これまで私達人間が、この地球と言う惑星に対して
繰り返し鞭打地続けた自然破壊への無言の一撃の
ような気がしてならないのです~
地球からの仕打ちは、こんなにも惨い、悲惨な
シーンを私たちに、悔い改めるようにとのメッセージに
形を変えてきたのでしょうか・・・

原発もしかり、この地球の怒りに満ち充ちた
怒りの嵐の前には、まるで嵐に吹き飛ばされる
木の葉のように、呆気なく蹴散らかされてしまった

巨大なシステムとやら、そんなモノは
地球の底知れぬ反撃力の前には沈黙するのみでした
そして自己で制御する能力も失い、自壊への道を
辿ってしまった、これも人間が内包する自惚れ以外の
何物でもない、茫然自失の姿を曝している

私達は一時も早い収束を心から願うのみです
大いなる地球の恐ろしさに気付かされた3・11・2011
11の数字にはナニか恐ろしい因縁を感じるのですが・

被災者の皆さんへ、決して一人じゃないよ
痛いときには声に出して、伝えてください
皆で、その痛みと辛さを分かち合えば、少しは
その辛さが少なくなるでしょう
必ず笑顔に戻れる日が来る事を信じて
今は辛くて前を向けないかもしれませんが
明日は、少し顔を上げて見ましょう・・・
皆が手を差し伸べています、一緒に手を繋いで
明るい心を再び!!

by road7hiro | 2011-03-15 21:37 | sns

夕張市長選挙のアレコレ

統一地方選挙の告示まで、あと僅かとなりましたね
国民の一番に大事な権利は、投票権ですよね
この簡単な言葉の裏側には、大きな歴史のウネリがありました
でも、日本の場合は、お上から付与された
権利と言った形に成るのでしょう、それが災いして
毎回の低投票率になっている現実が目に付きます

一部の特権階級との戦いの末に勝ち取った、血みどろの
掛けがえの無い貴重な選挙権そんなイメージがあります
その辺がヨーロッパと日本の一番の違いを感じる点です

地縁、しがらみ、土地の有力者、ボス的存在が
闊歩する田舎町の選挙状態には、嫌気が差します
いっその事on line 投票にしたら、カネは懸からないでしょうし
第一、静かな選挙になるだろうね
公示されるる同時に、ナンノ脈絡も無く、単に候補者の名前を
叫び続ける、原始スタイルが未だ続いているが
このダメダメ選挙スタイルを眺めていると
ナニカ変わりつつ在るような風を感じます
それは無党派とクダラン古紙屋なんぞが
区別を付けてはいますが、多分それは違うでしょう

ネット内を大宇宙の彗星のように選挙情報が飛び交っています
それらをネット住民は、好きな時間帯に、好きなだけ時間を掛けて
あらゆる選挙情報に接しています
党からのお仕着せの広報なんぞは、だれも見やしないよ
自己満足の限りを尽くした、イェローペーパーは木材資源の無駄遣いだ
もういい加減に止めましょう<サスティナビりィティーの心で

今年の地方選挙にはナゼカ小樽と夕張で
大夕張出身者が立候補を予定しています
但し、夕張に関しては、酷い再生計画への対応が可能なのは
「飯島ゆかり」さんだけだと思います
今や夕張は自治体ではないのが現実です
全ては国家管理の田舎町なのですが
それを隠しているのが現状の首長と行政体です

多くの歳入の部分は、国税からの地方交付金と言う
栄養剤が注入されて回っているだけです
勝手に膨らまし続けた、大赤字大借金を又税金で穴埋めしている
のが今の夕張の実態です、とどのつまり
民間会社で言うところの自力更生は××の判断を
下されて、民間では昔は銀行管理とかいわれた
時代もありましたが今や「民事再生法」の適用団体と同じです

こんな団体には、私達の血の滴る思いで稼ぎ出した
利益から有無を言わさず徴収している血税を
ノー天気な夕張市へ交付するのは間違いでしょう
少なくも、マトモな社会通念と公僕たる躾を再度叩き込まないと
納税者からの真の理解は得られないでしょう
ぬるま湯&横柄態度が染み込んだ職員の
徹底した再教育を行えるのは、この飯島さんを
おいて他には居ないでしょう~
再教育と血液の全交換をしなきゃ^^と思います
交換のフィルターは、正義と社会常識の2層重ねですよ

by road7hiro | 2011-03-10 07:05 | 日々雑事

市長選挙に関わる課題

統一地方選挙の幕が間もなく上がろうとしています
故郷の夕張でも、色々な候補者の話題をメディアと呼ばれる
噂好きの連中が、ロクに下調べも綿密な取材も無く
上辺ばかりのクダラン、選挙話しに終始している風景です

責任ある取材が出来ない日本のメディアにはウンザリと
完璧なあほらしさを感じる人は多いんじゃないかと思うのです
そんな寄生虫的な既存メディアに愛想を付かした
ネットを使う人達が日本でも確実に増殖しているはずです

これまでと一番違うところは、一方的な報道には首をかしげる
自分で様々な情報の読みする、ある程度客観的な判断を行う
既存メディアとの大きな違いはネットの情報量と伝達速度と
リアルタイム性が格段に違う点だろう

そのネット世界の中を巡っていると、夕張の財政再建計画の
非常に分かり易く示すサイトに出くわしました!
これを見た瞬間・・・財政再建計画は所詮、達成不可能計画だ
これが、藤倉氏が丸呑みした内容なんだと改めて重いな~~と
重いどころじゃない、示された計画を吞むだけだったことが
彼が為しえた唯一のお仕事だった、それが明白になりました

このグラフは年度ごとの地方債返済額(お役所では償還と言ってます)
赤字解消額(棒グラフ)は返済額を示しています、そして折れ線部分は
返済が進んだ、いわゆる返済残高といえます

問題は2017年度から返済額がナント、20億円にもハネ上がるのです
2011年の今から2016年度までは、年次約13億~14億円で推移しますが
2020年には、現状の約2倍近い年次約30億円の返済を
夕張は実行しなければ成らない命題を背負っているのです
仮定として、2020年度の夕張市の総人口を8000人として計算いたしました
2020年度の1家族(4人構成と仮定)が返済しなければ成らない
金額は年間約150万円にも昇ります、1ヶ月にすると約12万5000円もの
地方債返済が迫っているのです、この金額を楽々払える人は
いるのでしょうか?????年収700万円を手にする人以外は
到底無理、無理だとは思えませんか~~~~~~~~

6年後といえば、新たな市長の1任期が4年ですから、当選した市長が
二期勤めていれば、丁度中間には、恐ろしい返済が迫っている
果たしてこの2017年度には誰が市長の座にあるのでしょうか?

このグラフを参考に考えて見ましょう
d0119909_17201178.jpg

by road7hiro | 2011-03-05 17:20 | 故郷

赤平初or赤平発宇宙行き 地球人

こんな素晴らしい人物が夕張と同じ空知地域にいる!!
2月の終わりに、いつもの様に時間が出来ると
足を運ぶSCの3階に行き付けの書店が有ります
蔵書的には溢れるほど・・との量ではないのですが
ここで買い求めた本を片手に、階下には市内のアチコチで
良く見かけるコーヒーショップがあるので
ここでパラッパラッと買い求めたばかりの
本を捲りながら、グランデのコーヒーを飲むのが
自分的には、たまらなくユッタリできる時空なのです

確かにSCなので、周りの話し声や、インフォメーションの
ノイズは耳に障るものの、TVのようにわめき立てる
鬱陶しいいノイズは本の文字の嵐の前には
さほどの時間も懸からず跡形も無く消え去ります

今日の1冊「NASAより宇宙に近い町工場」
著者は赤平市で町工場?を経営為さっている
「植松 努」さんです、1966年同市でお生まれになり
お父さんの後を引き継ぎ、リサイクルに使う強力で
頑丈なマグネットを開発されました
その後、様々な人達との出会いを経て、2004年より
意外な事に、ロケット開発を進める歴史の幕が上がりました
2006年には、皆さんも報道などで、ご存知の名前が登場します
<カムイスペースワークス>を設立され、ユニークなロケットや
人工衛星の研究や開発を行っているんです!!
赤平の町工場ですよ、もう恐れ入りました、完璧に脱帽です

2009年からは、ネグレクトの人たちの為に自力で
教育施設をお作りになり、未来を託す人々への
路を切り開いています。
印象は、言葉に出来ないほどの素晴らしい人物です
表現に相応しい言葉が見当たりません

これから、何回かに分けて、植松さんの素晴らしい
お姿の一端をお伝えできればと思います
人生にも、街作りにも、人の育て方にも
とても大きな、素晴らしいインスピレーションを与えてくれます

d0119909_21562157.jpg

by road7hiro | 2011-03-02 21:56 | 北海道

大夕張Loversは冬も春も元気です

ようやく真冬の峠を越えた感じがしますね
今日から3月ですし、気分も春かな~~と独り言です

しかし、大夕張Lovers達は雪がガンガン降ろうと
ガリガリ冷え込もうと、気にする様子も無く
故郷の大夕張へ・と足しげく戻っています
それも、今年は452が最期の1年になる事もあり
自分の眼に、脳裏に焼き付けておかなくては・・
そんな熱き想いを抱いて2011年が始まりました

そこで仲間の最新情報をチラッとお伝えします
最近は皆さんがカメラを抱えて大夕張へ戻っています
モーションはビデオで撮影して、静止画はデジタルフォトbook
へ加工している女子がいます
モーションはbeniさんが確かな視線と職人技を駆使して
元旦早々からスノーシューで歩き、大夕張の姿をくまなく納めています
その姿には、本当に頭が下がります~
そして、本部長さんは元旦の朝から、シューパロ湖岸をモーションで
撮影して頂きました・・湖岸をこのルートで走り抜けるのも
今年の暮れまで、残り8ヶ月になりました

そして、うたさんも雪深い千年町をスキーで歩き回り
プラチナのように輝き放つ白い街の姿を収めて
それをdejital photo bookへと編集されています
これも、グッと胸に迫るものを感じますよ

てっつんは本当にヨク、大夕張へ帰っています
多分、帰郷回数は1位か2位、いづれにしても
大夕張Loversの中でも、口数は少ないのですが
大夕張を心底から愛している心中を、逞しい背中が物語っています

そして、いつも口数の少ない、てっつんの同級生
こーちゃんは今、沸騰しやすい大夕張Loversには
無くてはならない冷静な態度でいつも、仲間を優しく諭している感じです

そしていつも東京から熱く燃えたぎる様な想いを
見えない伝播で届けてくれている、みさちゃんは
東京から、故郷大夕張へ熱視線を放射していて
大夕張Loversを揺り動かしています

でも大夕張Loversは、決してこの仲間だけではありません
何処に居ても大夕張を愛してくれる人は、
全てが大夕張Loversなんです、たとえ今直ぐには
会えないかもしれないが、想いの熱さが熱ければ熱いほど
大夕張神社の山神パワーで何時か、必ず会える時が来ます
そう信じて大夕張へ心の波動を放射し続けましょう!



大夕張Lovers

by road7hiro | 2011-03-01 19:11 | 故郷