人気ブログランキング |

2011/6/25 シューパロにて

いつにもまして、緑が輝き放つ初夏のシューパロ湖です
良いな、本当に見飽きる事のない故郷の
宝石の様な風景画を見る思いがします

d0119909_19301680.jpg


今度、戻るのは何時なんだろうか~素晴らしき故郷
母なる大夕張です
d0119909_19314397.jpg

by road7hiro | 2011-06-29 19:31 | 故郷

トアル日の清水沢での出会い

土曜日だったはず、いつも立ち寄る「あきんど屋」さんで
今年の夕張メロンのお話を色々と伺った後で
清水沢の風景を収めようかな~と、セコマの裏にある
1軒のお宅の前で、二匹の猫に首輪を付けて
お世話していた、お母さんと出会い、可愛い猫達ですね~と
声をを掛けさせて頂いたところ、なんとこのお母さん
実は大夕張で暮らしていた方でした、三菱の全盛期には
大夕張で生命保険の営業で活躍していたそうで
一番華やかなりし頃は、営業所を取り仕切っていたそうです
バリバリのセールレディーだったのですね~~驚き!
d0119909_18292869.jpg

本当の自宅は札幌市内に在るとのお話で息子さん一家が
お住まいだそうですが、この猫達が可愛くて・・なかなか移れないんですよ
本当にお優しそうな表情でこれまでの時間の変遷をお聞きしたのですが
中国は青島に住んでいて終戦後、東北へ引き揚げて来て
その後、親戚の方が景気の良い大夕張へとの誘いがあり
その後の大夕張生活を過ごされたそうです
何かすごく直向きに生きてきたお方なんですね~脱帽です
札幌の自宅には戻らず、三匹の猫達との生活を満喫している
そんな語り口が耳奥に残っています
どうか長生きしてくださいね~お名前は敢えて伺いませんでした
正に人生の達人とは、こんなタフで輝いているお母さんの事を
さす言葉だと思います。
素敵なお話を聞かせて頂きありがとう御座いました
d0119909_18382475.jpg

by road7hiro | 2011-06-27 18:38 | 故郷

村上春樹氏のスピーチを大夕張に投影して考える

先日、スペインのカタルーニャ国際賞を村上春樹氏が受賞しましたが
その時のスピーチがとても大きく心に響いています
同氏は人の一生を通じて根底にあるもの、それを「無常mujo」と
表現し、移ろいゆく儚い世界に生きていると述べています

儚きもの、それは大いなる自然の前には敬虔であるべきと
私達を諭すような内容だと、自分は受け止めました

そして同氏の核心的な表現が以下のような言葉で
質素だが、激しい力に満ち溢れた言霊が発せられています

※「非現実的な夢想家」に成ることが出来たら、国境や文化を超えて
開かれた「精神のコミュニティー」を形成出来たら、どんなに素敵な
ことだろう・・・
人はいつか死んで消えてゆきます
しかしhumanityは残ります。それはいつまでも受け継がれて
ゆくものです、我々はまず、その力を信じるもので
なくてはなりません※

大夕張が水底に消えようとしています。
同氏の言葉を借りる事ができたとしたら
シューパロダムを造りしものたちも
間違いなく死んでゆくのが定めです。
それが無常という観念なのでしょう

ダムも、それこそ同氏の表現される>効率と便宜 
に塗られただけの欺瞞のスケルトンなのかもしれない

どんなに水底深く町が沈められようと
大夕張のヒューマニティーは、私がこの時間から
消去されても、大夕張に寄せた深い愛情は
必ず受け継がれると信じています

すべての形は儚きもの・・・無常の世界

by road7hiro | 2011-06-22 20:41 | 故郷

消えた街かど

もう白銀橋から見えた、緑濃い白金の杜も林も手を触れる事は
出来ません、自然と対峙して長年の苦労の汗がしみ込んだ
白金開拓地は見る影も無く、重機で踏みつけられ
切り捨てられています

人間は母なる地球に活きる事を許諾された
儚き生命体のはずですが、何時の頃から
この母が慈しみ守り続けてきた大地を

問答無用で収奪し、乱伐して荒れ野に変える事を
罪とも思わぬ、自らの存在を誇るだけの
横暴な生物に成り下がったのだろうか・・

マザーアースと調和する事を放棄して
自己陶酔するのみで、この姿は母なる星から見ると
許されない、異質さを伴った傲慢が充満するのみの
怪物に見られるだろう

再び眼にする事の出来ない、白金の深き緑の追憶

d0119909_1258720.jpg


d0119909_12583458.jpg

by road7hiro | 2011-06-22 12:59 | 故郷

ホンノ3年~4年前の緑輝く大夕張

今週末に再び、故郷、大夕張へ戻ります
僅か1か月間の時間の中で自分の気持ちの中で
色々な思いが渦巻きました

その中で、一つだけ変わらない思いが確認できました
故郷を離れ、北海道以外で暮らし始めて
もう40年もの永い永い時間と道のりを経た同級生たちと
今ではsnsを通じて、あの大夕張で暮らした学校生活の時間よりも
濃密な交流が続いている、その多くが本州で暮らしている仲間です

大夕張からの距離は1000kmは離れているだろうな
自分もホンノ僅かな時間、北海道を離れて故郷を
思い考えた日々が有りました、だから今でも
故郷を離れた人々の気持ちが、全部は理解出来ないにしても
相当の部分で、思い続ける心の熱さが手に取るように分かります

だから、自分が大夕張に思いを寄せる温度は
本州で暮らす仲間たちに近い処が在るのだろうと思います
大夕張の事で、気持ちを寄り添う仲間が素敵なんです
北海道に居ると、そんな部分で希薄になる事も
しょうがないのでしょう・・
2007/6/24 大夕張より
d0119909_2039392.jpg

d0119909_20391788.jpg


d0119909_20393781.jpg

2008/6/15 大夕張より
d0119909_20411752.jpg


d0119909_20414487.jpg

今はこの緑豊かな白金は二度と目にする事は出来ません
d0119909_2042511.jpg



でも、大夕張に対する思いと心の有り様は
どうも、寒冷地北海道仕様じゃないなと自分でも
思っている、大多数の人にはそれが理解されない
それも人様々ですから、至極当然なのですね
寄り添え!と声高に叫んでも通用しない
余計に反発されてしまう、それが常識のようなのですね
だから、大夕張への思いを同じ温度で感じる事の出来る
誰かと想いを寄せあう事が出来る人と、この故郷を
見続ける事にしようと思いました

by road7hiro | 2011-06-20 20:42 | 故郷

エネルギー変化が何をこの地球にもたらしたか

未だに、終息へのロードマップが描き切れていない
東電の福島第一原発、冷却の為に注入された海水や真水の
除染装置も度重なる故障で全く稼働する事さえ出来ずにいる

何一つとして、安全装置が機能していない事が根源に在るようです
カタルシスに至る時点で、最も必要とされているのは
外部電源と大前さんの著書に記されていましたが

それは、原発は冷却の最終手段は、火力発電所が必要なほどの
電力を必要とするシステムに成っていると言う事実が書かれています
=原発+近隣に火力発電所を配置し巨大災害時の原発冷却システム
としなければ、安全が担保不可能な状態の様です
原子炉の設計に関わる仕事をされていた、大前さんならではの
説得力の有る一文でした、原発の安全には火力発電所が不可欠!
それだったら、原発は作らないで火力発電所だけで結構だよね~

DG(ディーゼル発電機)が在れば、3.11の震災にはあたかも
対応可能で安全に冷却出来ると言うことは妄想に近い
事だと感じました。
そもそも、巨大な原発の冷却システムが、小指の先程の
どこぞの工事現場にある様な大きさのDG発電能力で賄えたら
笑えますよ~
露天で売られているミドリ亀の上に巨大なマダガスカル象亀が
乗って居る様な図式です・・それがマトモでしょか?
しかし、そんな子供騙しの空論で電気事業者は私達を
丸め込んでいるようです、酷い仕組みですよね

この問題を一番注視して、固唾を飲んで見守っている
相馬地方の皆さんの、故郷への思いが一時も早く届く様に
願わずには居られません

この原発カタルシスの問題に付いて、解り易く記されているのが
japan the road to recovery 日本復興計画
大前研一さん著 税込@2000円ですが
この一冊の印税137円分が震災復興に使われるとの
メッセージが巻頭に掲げられています
そう、この一冊を購入して頂く事で、自らが復興計画へ
参加し活動している事になります・・とも記載されています
d0119909_14414030.jpg


果たして第一原発が冷却~除染~終息と言う
ロードマップ通りに進むのか、しかし、この地域に戻ることが
出来ないほどの放射生物質による酷い汚染状況が有る
それが消え去り、元の緑豊かな福島相馬の地面を踏みしめる事が
出来るのは遥か遠い、何万年後の人々に託すしか出来ないのだろう

村上春樹さんが、スペインで述べられたメッセージの
中に在った原子爆弾による被爆地日本の慰霊碑に刻まれている
<二度とあやまちをくり返しません>
この碑の前で、大きな顔をして原子力発電を続けている
事業者は今一度、読み返し原爆病院で学習した後に
自分たちの仕事が正義か否かを見つめなおして欲しい

自分達も電力を垂れ流し的に消費し続ける
生活を変えましょう、クリーンなエネルギーを
高くても使いましょう、そのために原発を停止するのは
自分は賛成です、安価には必ずそれなりの裏が有る事くらいは
色々な分野の商品で体験済みでしょう

当面は石油や天然ガスに頼る事も必要でしょう
それが現実です、村上さんの言葉通りに
効率至上主義が招いた、日本の非安全的な原発
を捨て去るべき時代に、否応なしに乗った今こそ
変わりましょう・・・地球環境を守るためには
高コストでも技術を進化させましょう

by road7hiro | 2011-06-18 14:38 | 3.11 大津波大震災

閉町記念誌は備蓄なしでした~~

先日、トアル協会へメールで「大夕張」の記念誌の
備蓄無いですか~~と、問い合わせしましたが
残念ながら御座いませんとの、メールが着信しました

ヤッパそうか・・・隊長にお願いをしてアチコチ探しても
出て来なかったモノですから、一るの望みを掛けていましたが
既に13年も過ぎた時間の壁が、こんな処でも
立ちはだかっていました・・・残念ですが仕方ないよね

但し、北大直近のこの協会へ行くと、閲覧は出来ますとの
メールでした、コピー等を考えているんでしたら
この協会しか出来ないでしょうね

改めて、この記念誌の存在が、本当に貴重な事に
気付かされた一日です、今、お手元にお持ちの方は
そんな理由ですから、大事に有効活用されてください!

多くの仲間が入手を希望していますが、それは叶わぬ
魔法の夢の絵本かもしれませんよ~~
抜けるような、青空が一杯に広がる北海道の大地
故郷の大夕張も自然が輝いている頃です!

by road7hiro | 2011-06-16 12:30 | 故郷

岳富町より~

あった、あった、加川写真館が在りました、何処かで見掛けた記憶が
有ったので、あちこちをペラペラと捲っていたら出ました!

d0119909_1953372.jpg

真ん中の中央に在るでしょう~~~
でも、ここでも何故かしら、緑町の標記に成っている・・・・
もう、ここは岳富町や~~~言うてるやろ~~~(ー_ー)!!

もう一枚、消防団の関係者へ~~

d0119909_202473.jpg

by road7hiro | 2011-06-13 19:53 | 故郷

食べても支援になります~協力ヨロシク!

大夕張仲間の本部長こと、佐藤さんからの
チャリティーの記事がface bookに寄せられましたので
自分も、このイベントに協賛する気持ちでupしました

6/14(火)~6/16(木) STVラジオ主催
 「ドキドキおまつりプラザ2011」
(@札幌パークホテル西駐車場)にて


小樽蒲鉾工業協同組合(通商:「たるかま」)がブースを設けて
義援金チャリティーといたしましてかまぼこを提供いたします!
販売する蒲鉾は宮城県、主に仙台と塩釜のメーカーから名産の「笹かま」を中心に
揚げ蒲鉾などを1000セット、売上は全額メーカーの売上金として
日本の蒲鉾一大生産地の復興に向け支援します!
そして「たるかま」の商品(かま栄もあります)の売上は全額24時間テレビを通じ
被災地へ義援金として送ります! 
どうかこの機会にお力添えをいただければと願っております。
よろしくお願いいたします。

札幌祭りの最中の中島公園へお出かけください!
そして、東北仙台の被災地の産業支援こそが
新たなる出発の基礎体力に成ります!
是非、皆さんで美味しい蒲鉾を買って、食べて
産業と生活再構築をアシストしましょう!
Never Give Up JAPAN 3.11

by road7hiro | 2011-06-13 13:00 | 3.11 大津波大震災

チャリティー リストバンド yosakoi soran

石狩八幡から走り終わって、写真展とyosakoi soranへ
足を運びました、大イベントなので地下鉄などが一番なんですが
小納品も有ったのでクロスバイクで出掛けることにしました
大通りに近づくにしたがって、人も車もドンドン混み合いはじめました

2011のyosakoi soran会場でのもう一つの
目的が有りました・・それは3.11東日本大震災大津波への
チャリティー、リストバンドを買い求める事でした
これは実行委員会のプランニングで行われていまして
1個の全額が被災地への支援金として寄付されるとの
発表を目にしたからです。
ロゴにはこんな思いが・<絆を信じて>
d0119909_1827383.jpg

yosakoi soranには被災地からも元気に参加している
チームが数々有ります、踊りは目にする事が出来ませんでしたが
多分、被災地の方々の踊りを目にしたら涙が溢れて来て
マトモニは見る事が出来なかった・・そんな気持ちを償うように
ショップで2個買い求めました。
d0119909_182641.jpg


1個は自分の左手首に・そしてもう1個ね・・
北海道、故郷へ深い深い大きな愛情を寄せている
トアル仲間へプレゼントしようと考えています

一人じゃないよ 3.11・・

by road7hiro | 2011-06-12 18:26 | 3.11 大津波大震災