人気ブログランキング |

三弦橋まで・2011 in 苫小牧公演リーフ

未だ暑さが残る、今年の初秋ですが
先日も、ここでお知らせを致しました
演劇「三弦橋まで」苫小牧公演のパンフレットが
原作者でいらっしゃいます、青山 郁子様より
一足早く、手元にお届け下さいましたので
皆様へ第1報でアップさせて頂きました

8/28に南大夕張で原作者、演出脚本、出演者の
方々とお会いしまして、今回の苫小牧公演に
掛ける熱いエネルギーを感じ取りました
本当に感動を覚える、お芝居に出会える事請け合いです
2011初冬、風は冷たさを増す頃ですが
ご覧に成る人達の心の中には木洩れ陽の様な
温かな感動の思いが溢れるはずです!

d0119909_19334867.jpg


d0119909_1934323.jpg

by road7hiro | 2011-08-31 19:35 | 故郷

炭鉱の町に生まれて

8/21 11月上演予定の、お芝居「三弦橋まで」の関係者の方々と
南部で落ち会う前に、私的にどうしても訪ねたい処がありました
それは今夏に残念ながら逝去された「山影 静子」様のご遺族を
訪ねたいと考えていましたので、少し早めに清水沢に着いてから
セコマさんで場所をお聞きして、清水沢消防署から程なくの
距離にお店が御座いましたので、ご挨拶・・・と
お店のシャッターが僅かばかり上がっていたので
図々しくもゴメンください~~~と声を張り上げたのですが
いらっしゃらなくて、でも南部で必ず会える事だし
さ~~南部へと思い直し僅かに車を移動したところ

この町内の山肌に旧「北炭夕張新鉱」の標語塔が眼に飛び込んできました
そうです、ここは93名もの尊い炭鉱マンの命が奪われた
大事故が起きた坑口、その場所だったのです!こんな近い場所に在ったんだ
自分も、今回偶然の出来事で初めて訪れたのです
坑口の脇には、落命された炭鉱マンの霊を弔う
慰霊堂と慰霊碑が在るのを眼にしまして
う~ん、お盆も過ぎたが、手を合せなきゃいけないなと

多分、ここで無念の思いで御霊となられた方々の思いが
ここに足を運ばせたのか、はたまた、亡き親父が天国から
そこには俺と同じ無念の心を抱えた炭鉱の仲間がいたんだぞ~と
教えてくれたのかも知れません

車から降りて、市営住宅の眼と鼻の先にある坑口で
存命で在れば仕事終わりに酌み交わしていただろう
お酒を捧げ、そして熱い地下深い坑道では必ず
口にしていただろう、お塩を捧げて来ました

大夕張~夕張の炭鉱の歴史は正に、この町の礎となった
汗と血の墓銘碑と言えるでしょう
そして仲間思いの炭鉱の仲間たちの絆が
今もここに眠っていると思うのです
忘れては成らない、炭鉱の証と人々の生きた時間を!!
この大事故の詳しい内容はwebの検索で「北炭夕張新鉱」と入力してください
wiki pedia 上で等でも記載されています。

そして南大夕張の閉山まで務めた、若き炭鉱マン「てっつん」が
先日語っていました、静電気が原因で二次災害を誘発した事も
様々な情報ソースの中でも書かれています
今更ながら、てっつんの話の重い意味を感じました
彼には炭鉱の生活の語り部として、語り明かして欲しいと
私し個人が願う処です。

他にもローカル新聞記事などでも多くの事故関連記事を
眼にする事が可能です
今、改めて心の中でご冥福を、お祈り申し上げます

d0119909_18445354.jpg


d0119909_18452682.jpg

by road7hiro | 2011-08-24 18:19 | 故郷

8/21 南部より 三弦橋のイメージング

昨日の南大夕張~官行までの夏の終わりを迎えた
故郷の風景をpadの動画に収めましたので青色英文字を
クリックすると画面が現れますので・・・

u-tubeでご覧ください
u-tube 2
u-tube3
u-tube4
u-tube5
u-tube6
u-tube7

ちょっと細切れ風ですが、ガマンして頂ければうれしきなり!

by road7hiro | 2011-08-22 19:33 | 故郷

晴れ後大雨~後晴れ~大夕張

昨日の書き込みの様に今朝は早々に南大夕張へと
車を走らせました
出発地の札幌は快晴・・・・とと長沼付近からは
何やら妖しげな雲がグワッ~~と
顔を見せているじゃないですか・・危ないか?

なんせミスターレイニーマンが登場する日なのでね・・
心配は尽きませんよ~でも彼がいないと始まらないのですよ

取り敢えず、雨は降ったにせよ、つつがなく予定を
昇華して無事に帰路に付きました

自分は今日一日、ほとんど動画で撮影していたので
それは、後日u-tubeへアップします
全て公開しますので、楽しみにして下さい

唯一、静止画の2枚をポチッとアップ
d0119909_2022725.jpg

晴れが戻った!
d0119909_6145811.jpg


d0119909_20222498.jpg

by road7hiro | 2011-08-21 20:22 | 故郷

8月も終わりの大夕張へ戻ります

もう風は秋色の匂いを濃くしながら
街へ野へと忍び足で近づいています
でも大夕張は山間の地、もう初秋の風景へと
衣替えを済ませているような気がします

ススキが風に揺れザーザーとたなびく季節もそこに在るはず
850へと短い秋の陽が落ちる頃には
夕暮れから、夜の帳へと移ろう迄には幾何かの時間も懸らない
一瞬の残照が炸裂して狭い狭い、山の空を焦がします

明日は、てっつん、こーちゃんと南部で待ち合わせして
簡単なBBQで胃袋を満たして、お芝居関係者や
この町に縁の方ともお会いする予定です

どんな出会いの時間に成るのかな~とても楽しみです
でも自分には、もう一つ足を運ぶ処があります
亡き、旧友の石田君が最期を迎えねばならなかった
無念の地です、多くの同僚の皆さんも同じ最期を
迎えた場所でもある処です

昨年は何も携えずに、てっつんの道案内で行く事が
叶った処なのです・・大切な生命の終焉の地です
お水と、お花と、多分多くの炭鉱マンの皆さんが
一日の重労働を癒していたと思う、少々の飲み物を
手にして慰霊が出来ればと思っています

この地の歴史を築き、儚くもこの地で終焉した
犠牲者一人一人へ手を合わせると共に
皆さんのご苦労に尊敬の誠を捧げたいと考えます

忘れないで欲しい、この歴史を!

by road7hiro | 2011-08-20 18:52 | 故郷

お盆なので思うこと

11月にお芝居の「三弦橋まで」が内容をリニューアルの上
苫小牧市内にて再演されることは、先日もここで書きましたが
大夕張には、この三弦橋や白銀橋や鹿島橋などが今も
母なる清流シューパロに架り続けています
d0119909_845227.jpg

故郷大夕張に、この橋達が在り続ける意味を考える時
様々な理由で、この大夕張を離れなければ成らなかった
多くの人々が今も尚、胸中深く抱き続ける故郷への
愛情と熱き思いを、今の生活の地と大夕張を
時空間を超えて繋ぐ、永遠の架け橋なのかも知れない

d0119909_13361799.jpg

d0119909_13384193.jpg

※ 1998年10月鹿島小学校最後の秋
内輪で母校体育館内で送る集いを
開いた時の画像です

先日の大先輩と大夕張仲間との楽しい
一時も何かに吸い寄せられるように集まってくれました
心と思いを繋ぐあの橋達のパワーが
夏の一夜を演出してくれたんだろう思います
なんせ、呑んだ場所も川の上に新しく出来たスペースですから!

8月は1回だけ大夕張へ戻るかも知れません
本当は工事が止まっている静かな故郷で
爽やかな秋風に体を委ねたいのですがね~難しいかっ

by road7hiro | 2011-08-15 13:29 | 故郷

大夕張人による大夕張人のためのビアーパーティー

夏の終わりの一夜に、夕張東高校第1期生のオスヤ大先輩が
札幌にいらっしゃるのに合わせて、「大夕張人による呑み会」をやりました

by the ooyubari people for the ooyubari people

てっつんのネーミングなんですが、総勢6名のささやかなながらも
故郷大夕張に寄せる熱い思いを持ち寄り、会場のライトが落ちるまで
大夕張のあれこれ話で3時間があっとの間に過ぎ去ってしまいました
オスヤ先輩は本日8/14早々に大夕張へ里帰りされているはずです

d0119909_11103146.jpg

d0119909_11105442.jpg

d0119909_11112389.jpg

大変な苦労をされた、オスヤ先輩のお話は私達にとっても
今一度、忘れ欠けているナニカに目を覚まされた気がします
年齢に関係なく諦めずに自分の信念持ち続け
夢を実現するための自身の研鑽を積み重ねる事が
とても大切な事を改めて気付かされた一夜でしたね

この切符!懐かしいでしょう~次ちゃんのお宝を見せて頂きました
d0119909_11115191.jpg

d0119909_11151828.jpg

この夜の顔ぶれは全員が一人として同年代がいなくて
それが話のスパイス代わりに効いていましたね~

夕張東高校の制服に燦然と光り輝き放っていたメモリー!
これも次ちゃんが持ってきてくれて1個頂きました
d0119909_1112778.jpg


この夜集まった仲間の生年は1940年~1960年代までと
色とりどりでした、皆が生きたそれrぞれの時代背景が色濃く
投影された大夕張には本当に貴重な想い出が
未だ胸の奥に在る事に又思いを新たにしました

by road7hiro | 2011-08-14 11:12 | 故郷

秋、三弦橋まで・・再演

こんな風景を思い浮かべて、是非この演劇を見て頂ければ
一層、大夕張、母なるシューパロへの思いが深くなると思います

d0119909_2091023.jpg

d0119909_20254194.jpg

d0119909_2019521.jpg

d0119909_20333744.jpg

d0119909_2034742.jpg


2008年1月吹雪の三弦橋 10月紅葉のドレスをまとう 4月待ちわびる春

by road7hiro | 2011-08-08 20:26 | シューパロ川

東高校の大先輩とお会いします

8月も時間の流れがメチャ早いですね~
来週の13日、お盆の真っ最中ですが札幌市内で
東高校の第1期生の大先輩と大夕張仲間が駆け付け
夏らしくビールをグビッと傾ける予定になりました

大先輩は東高校の黎明期を作り上げたと
いっても言い過ぎじゃない、ジェネレーションです
お仲間としては、ようやく落ち着きを取り戻しつつある
小樽のメイヤー、中松先輩なんかがいらっしゃいます

先輩は千年町のご出身でして、当時のご近所には
現在、都内在住の美佐子さんが住んでいました
お二人とも、ブログなどを通じて色々とお話をされています
これもネットが繋ぐ、新しい故郷の絆なのでしょうね

先輩は現在、震災の被災地である岩手県にお住まいでして
お仕事も医療関係なので、この6か月間近くは本当に
大変な思いを抱えて仕事を為されていたはずです
そんな重いナニカを、故郷の北海道の青空と
美味しいビールで解き放つことが出来ればと思います

お会いする場所は、創成川イーストサイドの新しい
公園ですが、このストリート?には美唄市内の
旧小学校校舎を再利用したアルテピアッツア美唄に
あります様々な彫刻やオブジェでも世界的に有名な
安田 侃さん(イタリア在住)の大・小の作品を
こんな街中の公園で見て触れることが出来ます
是非、散策して素敵な作品を直に体感できるのは
スゴイ贅沢なゾーンですよ~

札幌は世界的に著名な芸術作品に、さり気無く
触れる事ができる、とてもオシャレな街です
大通公園には「イサム・ノグチ氏」のブラックスライドマントラ
そして「安田 侃氏」とビールを呑みながら、芸術作品に腰を
掛ける事が出来るなんて、エライ楽しいことです!

さらに、何よりも中松先輩が汗を流している小樽の街で
醸し出される、小樽ビール!さんのブースがありますので
そんな事も、お話のツマミに成るかもしれません
d0119909_6482277.jpg

ちなみに雨が降っても心配ナシですから~

by road7hiro | 2011-08-05 06:49 | 故郷

三弦橋まで・2011 in 苫小牧

2009年に教育文化会館にて初演され、深い感動を覚えた
「三弦橋まで」がリニューアルされて、11月の2日間
苫小牧市にて上演されるとのお知らせを
脚本を手がけた、bettyさんから頂戴しました~

お名前は敢えて表記しませんが、詳しい背景や
今回の上演に至るまでのお話が、御本人様のブログ内にて
綴られていますので、それまでの心中などを
読み解いて頂くのが良策かと思います
シネマでキッチュ>←をクリックするとブログへ
ジャンプしますので、是非ご覧ください
又、三弦橋の最新記事には、お宝的な三弦橋の画像が
掲載されています。
これは自分も初めて目にした本当に貴重なシーンなのです!!
先ずは見てのお楽しみです~~

「三弦橋まで」苫小牧公演の日程

11月26日(土) 18:00~
11月27日(日) 13:00~


場所が確認出来ていませんので
判明次第、お知らせいたします

苫小牧市は三菱大夕張鉱が閉山後の従業員の再就職先として
当時の日軽金苫小牧や苫小牧市内に在る
三菱の資本関連先会社を新天地として斡旋していた経緯があり
自分の同級生等も非常に多く暮らしていますので
是非、ご家族や親戚の方、友人などとお誘いあわせの上
ご来場ください、晩秋にお奨めの感動の一作に
出会う事が出来るでしょう・・

by road7hiro | 2011-08-03 09:02 | 故郷