人気ブログランキング |

これからノ時間へ

2011年元旦から、仲間が452号線を走り続け
大夕張を見つめ続けた熱き365日が
残り28時間で終わりを告げようとしている

思いの丈の全てをブチ込めたかな
今、この後に及んで振り返ると、疑問符は
少なからず付けなければ成らない事も
在ったのだろう、そこに小さな悔しさと懐かしさが
去来してきます

佐藤さん、うたさん、みさちゃん、てっつん、こーちゃん
中村さん、この素敵な大夕張ラヴァーズの仲間が
居たから形に出来ました。
プロジェクト<こころの町・大夕張>
写真アルバム、ポストカードや地図が
伝書箱というメッセンジャーの姿で誰かの胸に届け~~

そして、北海道立図書館へ収蔵された大夕張の写真達が
幾世紀か後の人々に、どんなイメージで受け止めて
もらえるのか、そして大夕張がどんな町として
理解されるのか、とても楽しみです
それは1世紀後なのか5世紀後なのかは知り得ないが
少なくとも自分達が、この大夕張と言う山間の町で
志を高く掲げ、雄々しく、優しくしなやかに
息づいていた事がドキュメントとして存在していた事実
それが唯一無二の価値として受け止めて欲しい

さ~~2012年、大夕張ラヴァーズの仲間力で
この先の不確定な時代の潮流の中でも
もがき転がり続けましょう~何か出来るさ!!

by road7hiro | 2011-12-30 21:14 | 故郷

忘れてはイケない、地底の命

今年は演劇「三弦橋まで」の2011年苫小牧公演を
脚本カ家の青山のご配慮で観劇させて頂きました
とても意味深い、このお芝居でしたが、自分は今回で
2回目と成りましたが、見る度に深さと味わいを増して
今も尚、胸中に深く余韻を残しています。
熟成されたお芝居と言う物は、構成はある程度
頭の中に叩き込んでは居るものの、観るほどに
劇中にドンドン入り込んでしまいます。
2012年3月には、彼のアディーレ夕張にて
再々演が決定しています

その嬉しさとは、大きく相反している事実が在る事に
仲間の口を突いて出て来た、この人は南夕の救護隊員として
事故当日、自らの生命を賭して仲間の救援活動に奮闘していた

2011年12月が終り、間もなく2012年が来る
しかし、歴史が幾ら流れ過ぎようと町の様相や
時代が激しく大きく変わっても、胸に刻み込んでおくべき
事実は、南大夕張、北炭夕張新鉱の重大事故発生以来
坑内には未収容の命が在る事実!
それは事故発生現場が二次災害の危険性が
余りにも大きく、可能な限り犠牲者を坑内から
上げたものの、救助隊の更なる犠牲を招く事にも
繋がる可能性が在った、事実として夕張新鉱事故では
優秀な救護隊が二次災害に捲込まれ犠牲を招いた

人知を超えた地球の大きな地圧の前には、優れた人間の力も
テクノロジーも何と無力な事かを、救護隊の皆さんが
口に出して言えぬ程痛く感じていた事でしょう
しかし、何故か地元では、この大きな事実を抹殺しているようです。
それは労働組合と使用者側間の合意で、この事実を
葬り去り、事故問題の補償と解決図ったと言うことが
考えられる最大の要因として浮かび上がります

どんなに辛い事が遭ったとしても、敢えて忘れるような
恣意的な歴史の改竄は許すことが出来ない!
それは、地の下の生命に対する冒涜行為です
夕張が未だに、浮かび上がれない最大の原因は
こんな処に在るのではないでしょうか~

特に北炭は人命軽視と言うより、人命無視の極みだ
それが、後世も悪い繋がりとして、グランビスタホテル&リゾートが
経営する旧北海道炭鉱汽船観光部門の一つである
札幌グランドホテルの経営状態の悪化まで
その遠因として亡霊の様に現世に姿を現したのが
何とも不思議なタイミングと言うか、縁と負うべきだろう

by road7hiro | 2011-12-29 11:05 | 北海道

間もなく2年後へ~

新ダムが水を溜め始めるまで、残り2年と成りました
国道は既に新ルートへと切り替えになり
国道には非ず⇒深刻道or酷道死後似の
表示が妥当でしょう~あの懐かしき
シューパロ国道の面影は、木っ端微塵になり
事故誘発&事故多発酷道と成り下がった現実

大震災と大津波、二万人にもの大切な生命が失われ
さらに追い打ちを掛けた、原発クライシスに依って
史上稀に見る放射能被害の地球的規模の汚染拡散と

故郷の大夕張を含めて、悲惨な2011年=忌まわしき時代
もう、こんな事は起こって欲しくはない、しかし
危機は常に身近に起こることを想定しなければ成らない
安全と言う、妄想的な言葉に騙されちゃ
イケナイ事が理解できた、そんな一年でした~

国交省は次なる、環境破壊の矛先を
再度、八ッ場ダムへとターゲットを定め
あから様な国権力の行使を始めた
果たして、この再開に国民の何%が
納得しているだろうか?

国交省と地方整備局&北海道開発局が企めば
我々、国民なんぞはチョロイ存在なのでしょう~
八ッ場の次は、どこぞの町を沈める算段なのでしょうかね~

by road7hiro | 2011-12-28 07:02 | 故郷

2011年12月16日は忘れられない一日

国道452号が南部大宮町からルートが切り替えになり
既に10日余りが過ぎ去ろうとしている、折しも師走のど真ん中
早々に、このルートを走った大夕張ラヴァーズの
「てっつん」彼はプロドライバーなのですが、その彼の口から
こんな言葉が発せられています「危ない国道だっ!」
この酷道で早々に事故が発生しているとの情報も
耳にしました。
彼のブログには開通日に走行した際に撮影された
道すがらの光景がアップされていますが
一見しただけでも、こりゃートンデモナイルートだな
それが、画像を見た時に受けたインプレッションでした
国道には非ず「酷道」と表現するのが妥当だろう

今年の元旦から、452号で大夕張へ戻りましたが
真冬でも、懐かしのルートは危険を感じる事は無く
スムーズに大夕張へと帰り着きましたが
深刻道452は雪が消え、鳥たちの賑やかな鳴き声が
戻る頃までは、危なくて走れないだろうと思います

切り替え前から、こんな危険性を孕んでいる
ルートは何の為に設計されたのか、その常識を疑います
獣道でも有るまいに、敢えて事故を誘発するような
危険極まりない、ルート設定と施工方法を行った
国交省と北海道開発局責任は重大だと思います

更に、民主党が2年前の選挙当時に掲げた
多くの公約の内の一つ「コンクリートから人へ」
これも完璧な大嘘に成り果てましたね~
八ッ場ダム工事再開の地元での伝達場面
笑っちゃいました=茶番劇以下の悪ふざけだね

元建設省の役人を、国交省の大臣に座らせるとは
非常識の極み!です
防衛省の大臣には、農村団体の出身者を宛てる
不始末・・呆れちゃいます
民主党にはマトモナ理性と知性で判断を下す
能力が無い事が明らかになりました

来年、夏にこのアホらしさを思い切り晴らします
民主党をブッ壊しましょう~オマケに北海道開発局も
道連れにして蹂躙し破壊してくれる人が出て来ることを
心から願うものです!!◯新の会かな~~
橋下さんの動きに注目しましょう!

by road7hiro | 2011-12-25 17:17 | 故郷

雪に抱かれる、師走の大夕張より

12/10 大夕張ラヴァーズ江戸支店文京営業所長が
国道の切換えが近いと言う事で、急遽師走の混雑に乗じて?
故郷、鹿島へ戻って来ました
d0119909_1640490.jpg

新ルートへ国道が切り替えに成ると
今まで、訪ねる事が出来た温かい町々へは
足を踏み入れる事が困難に成るはず
その前に、今一度帰らなければ~と
熱い思いに駆られたんだと思います
d0119909_16383681.jpg

ウーン分かります、分かり過ぎるほど
痛い程の気持ちがジンジン響いて来ます

d0119909_1637728.jpg


d0119909_16372941.jpg


d0119909_1638065.jpg



11月時点の情報では12月19日に切り替えとの
情報が流れていましたが、これも一転騙し打ち的に
3日も繰り上げた結果と成りました
そんなに焦るなよ!お前達は工費が入れば
それで十分なはずだろうー
何時もの様に、タラッタラやれば良いだろうが!

by road7hiro | 2011-12-11 16:40 | 故郷

国道の切換え日程が来週へ短縮!

故郷の町・大夕張へと繋いでいた国道452号の
新ルート(ツマラン!モグラルート)へ切り替わる
日程が最新情報で短縮されました。
詳細は、大夕張ラヴァーズの<大夕張てっつん>ブログで
確認されて下さい。上の青文字部分をクリックすると直接ジャンプします
最新の大夕張情報は、彼のブログが最適です!

大夕張炭山ロードとロードサインに記して欲しい
樹海ロードの様にね~~

冷たい表現の〇〇〇号線は、これを機会に
止めましょう~!地域を大切に思い足元を見つめるには
こんな部分から変えましょう~

by road7hiro | 2011-12-10 07:43 | 故郷

大夕張、時間は有限かっ!

気が付くと12月も第2週へとナダレコミ状態です
ルート452の切換えまで、2週間を切りました
これと同じく、大夕張の街自体が水底へ消えるまで
約2年の時間を残すだけと成っている
2011年12月

静かに、ヒタヒタと近づくダム湖の水音が
今、この耳に聞こえて来るような気がする
一つの大きな街がダム湖へ消えてしまう
街が水葬されるのだ
誰が刑執行の時に立ち会うのだろうか
役人共は、死の瞬間を迎えても尚
能面の如き動静で、ただニタニタと
ほくそ笑んでいるのだろうな~
ようやく、沈めっちまう瞬間だな・・と
待たせやがったぜ、この町の野郎とか
内心は思っているんだろうな~
国交省&北海道&北海道開発局&
㈱ドーコン&&税金を貪り続けた
ゼネコン&夕張のお歴々は!

冷静なる町の葬送の時は、間もなく訪れる
優しと温かさと、思い出の路
細い細い炭住の裏路地も何もかもを
母なる優しき町、逞しき男達の
大夕張が水葬される、今はただ、ただ悔しさが
胸を過ります。
d0119909_21102633.jpg

この画像は、大夕張仲間の長谷ちゃんが撮影しています
2002年3月 冬の終わりを迎えた故郷です

by road7hiro | 2011-12-05 21:11 | 故郷

大夕張にはあって、本町部には無かった

今日も仲間と茶をしばいていました~
僅か1時間程でしたが、自分の処と比較的
近くに住んで居るので、久しぶりにロイホ・・で茶でした
店内は意外と混み合っていましたね~
その時フッと、上海のマクドの風景が蘇りました
あそこのマクドは、どちらかと言うと、茶会処で高齢者の
溜まり場的な社交場の雰囲気が溢れていました
それと、似てないかーーと思ったわけですね~笑
上海の若者はデパートやカフェに多くタムロっていました
多分、ヨーロッパやアメリカへの憧れから
影響されて居るように見えましたね~
スタバ・・決してお安い値段ではなく
ステータスライクなカフェなのでしょう

チョイト話は脱線したので、リターンしましましょう~

今日の話題は、人間性に至った感じです
仲間からの人望を集める事も失う事も
ホンノ一瞬なんだと思いました
そこには絆、縁、それは政治屋とは違う
無垢な精神性が包含されていなければ成らない
それが仲間として位置づけされる為の
必須要素、仲間と成るためのタンパク質やアミノ酸等
恐らく、そんな物なんだろう

山間の仲間は仲間思いが圧倒的に多い
その分気持ちも肉親に近い感じがするほどの
熱さをビクッと感じる事が有る
それは脈々と流れている血液よりも濃い物かも・・
だから大夕張の仲間と会うと、自然体で知らず知らずに
山間の片隅で他愛のない話で燥いでいた
ガキの時代に瞬く間にリターンしてしまいます

自分も、どうにも成らない我儘な処がグシャッとあります
でも、今日の茶会の仲間と会う事によって
決して見失っては行けない大切な絆に改めて
気付かされる人間性回復への点滴剤かも知れない
核心からブレずに前を向いて歩きたいと思う!

by road7hiro | 2011-12-01 20:38 | 故郷