人気ブログランキング |

間もなく夏休みも終わるし夏も閉幕か~~と

大夕張の記念誌を開くと四季の故郷の姿が目の前に
戻って来てくれます、そんなに遠い昔の事じゃないんだ
でも人の話を聞くと随分と長い時間の中に消えかけているのかと
人の記憶とは非常に曖昧でイイ加減なんだ

でも大夕張Loversは拘り続け今もローリングを
続けているんだ距離も時間も超えて繋がり続けている
SNSの流れを操りつつ流れに身を任せつついると
更に大きな潮流を日々感じています
多くの繋がりにインスパイヤされ学びの少なさに気付かされ
そこから、もう一度小さな学習を始める事が出来る
何十年過ぎようとも我が身の中に差ほど進化した形跡が無い事を
認識する場面が本当に増えている、えらく情けないけどね
其れはシャカリキ勉強した鹿島中学校の時代の様です
人はどんな状況からでも学びはリ・スタート出来る事に今は感謝しています

d0119909_19455024.jpg


落日に向かって走り続けるのみ~~~!!

by road7hiro | 2012-08-15 19:48 | 故郷

今日は同期生の墓参へ~~

昨日の雨がスカッリ上がって朝から青空がグッワーンと広がっていました
さすがにこの時間にもなると(17:00近く)窓から流れ込んでくる
風もカナリ冷たく感じますでも空は相変わらず夏の雰囲気満開です

今日は朝寝坊もシッカリ楽しんでRoadBikeに乗り始めた時間は
午前10時頃だったはず、行先は昨夜ノリ君と話した
同級生の石川幸雄君がお待ちかねの南区にある霊園です
ここは自分の自転車コースに面しているので裏道も
頭に入っているのでメインルートは渋滞していても
ここは別天地なのでスイスイと?しかしながら途中は
約6kmのダラ昇りなんでup hill嫌いの自分はチョイト
苦手としている部分も有るのですが、お盆の期間だけは
ここから行かないと事故に巻き込まれると嫌なので

案の定霊園に近づくに連れて幾分か車の流れも
増えて来ましたが、汗を思い切り流して到着です
園内は道路よりも更に大混雑していまして
一方通行で規制されており~~エライ賑わいでした
こんな時は自転車がガンガン行けるので最高です
園内の途中では大回りで端から端まで走った形になりました

さすが高齢化社会が激しく進む日本だけあり
霊園は造成に次ぐ造成工事が進んでいて
ビックリしちゃいました!再際限なく広がる大霊園です

やがて目印にしている建物が見えて来ると程なく到着しました
そこには先客?じゃないですが男女お二人が墓前の木陰に
日傘をさして佇んでいましたので、失礼ながら石川君の
御家族ですかと声を掛けましたら幸雄君の弟と妹さんでした
弟さんは私の弟と同期生でバレバレでした~~
顔が似ているのでヒョットしたらと仰っていました
ハイ、その通りでですよ~更に妹にも最近合ってるとの事で
世間は狭しですね~墓前に手を合わせてからは
しばし大夕張の話で色々と交流させて頂きました

そして25期生の同期会が9月の第1週にNorth Cityで開かれると
お聞きしましたので先程「ふるさと大夕張」の掲示板で
確認致しました年代を越えて皆さん熱く交流が続いていて
嬉しかったです。

私からは<P・K・O>の事をご案内させて頂きました
是非、北海道道立図書館へお運びを・・とも説明申し上げました
秋彼岸には、お花手向けに行くつもりです
13年が過ぎました大夕張の素晴らしい仲間であり
同級生の石川幸雄君の14回目の夏が過ぎようとしています

                       合掌

by road7hiro | 2012-08-14 17:07 | 日々雑事

今日はosuya先輩と仲間で一杯

外は天気予報通りに朝から雨が降り続いています
今日の夕方に札幌駅近くでosuya先輩と同期の
佐々木ノリ君と3人でやや半年ぶりの飲み会です

昨年の同じ日の8/13には創成川公園の小樽ビールの
ブースで大夕張Loversで美味しいビールで盛り上がりました
そして雪深き1月には居酒屋でノリ君とLoversの5人で
熱く深い?大夕張の話で宴会を繰り広げました

今日は天気が良ければ、ビアーガーデンでやらかしと
考えていたのですが、この雨じゃ勝てませんので
河岸を替えて普通の居酒屋さんでやります

冬にosuya先輩からは被害日本大震災の現地では
両親は勿論家族を亡くして、たった一人ぼっちに
なってしまった震災孤児の方が非常に多く
政府や赤十字等の支援も満足に届いておらず
とても辛い状況にあると聞き愕然としました

本当の復興や再建は建物や街並を作るよりも
震災孤児の未来を拓く事も同じ速度と支援策で
望むべきだと思いました。
其の為には被災孤児の支援に当たる現場へ直接届ける事が
最も望まれる支援の在り方だとも先輩からお聞きしました

自分もSNSを通じて陸前高田市の戸羽市長とも交流を
させて頂いていますが復興はスタートラインに乗った
ばかりの状況です。
被災地への温かな視線と支援と関心は切らさず
現地がもう大丈夫だ・・と自然に言えるまで
思い続けましょう、そして全ての震災孤児の方々が
大人になる、その日まで視線を集中させましょう

人を助け支えるのは政府や政治じゃないと思う
自分達一人一人の生きてゆく道程の中にある
一番大きな命題だと思います。

さてどんな話が出るか期待しつつ・・です

by road7hiro | 2012-08-13 14:22 | freinds

大夕張なら安心かもね~~

日本では普通の人の叫び声が国会や霞が関に響き渡っています。
そう原子力発電所の休止から停止へ更には廃炉へ
その先には日本国内の全原発の廃止を求める声です

根底の問題は大夕張の石炭とは全く異なる人の英知を越えるモノだ
核物質から放出される放射能が消えるには10万年とも言われるが
他には地球誕生の時間を遥かに超える放射性物質が下記の様にあります

以下 資料から抜粋しました>

放射性物質は、放射性崩壊を繰り返して安定な物質へ変化すると放射線を放出し
なくなります。放射能の強さは、ある一定の時間が経過すると半分に低下し、さらに一
定時間が経過すると、またその半分に低下します。放射能の強さがもとの半分になる
までの、この時間を「半減期」と呼んでいます。
半減期の長さは、放射性物質ごとに異なり、数秒の短いものからウラン238のように
45億年と長いものまでさまざまです。放射性物質の持つ放射能の強さは、徐々に小さ
くなって、半減期の10倍の時間がたつと約1000分の1、さらに、半減期の20倍の時間
が経過すると約100万分の1に低下します。

資料編
いろいろな放射性物質の半減期
放射性物質半減期
ラドン220 55.6秒
ラドン222 3.8日
ニオブ95 35日
ストロンチウム90 29年
セシウム137 30年
アメリシウム241 430年
炭素14 5715年
アメリシウム243 7400年
プルトニウム239 2.4万年
ウラン233 16万年
テクネチウム99 21万年
ジルコニウム93 153万年
ネプツニウム237 214万年
ヨウ素129 1570万年
カリウム40 約13億年
ウラン238 約45億年

かつて私達を育ててくれた源の大夕張の石炭は
どれほどの環境悪化を招いたと言うのでしょうか!
燃料や動力源として利用されていたが
それは決して石炭が公害を産み出した訳ではなくて
エネルギー源を使い生産した工業地帯が手をこまねいて
排水を無秩序に垂れ流したり、何も環境対策を講じないままに
大気中に排煙を放出し続けた事による言い換えれば
なにも対策を行わなかった環境破壊だったはずと言えるだろう

今、砂川では北電などの要請により石炭露天掘りがフル操業状態ですが
気まぐれ勝手し放題の時の為政者によっ資源政策が放り出され
今になって再び石炭会社へ救助要請的なお願いが来ている

どこまで北海道電力は勝手なんでしょうか、今でオーストラリア
ろの単価もさして差は無いはずです売り買いは世界規模のマーケットです
円高だから相当安価に買付契約が出来るはずも無く
ブラジル・ロシア・オーストラリアの産出国の売り手市場になっています
アメリカはエネルギー安全保障の観点から自国内エネルギー資源には
可能な限り手を付けずに輸入資源を消費し最悪の状況に対応する事を今も実行しています。
エネルギー資源は今では最大の武器として国力と併せて捉えられている
しかし日本はどうだろうか、自国の石炭産業をことごとく潰してしまい
今では全世界的なネルギー変革の大波にも対応できずに
混乱の渦中に否応なしに引きずり込まれ窒息状態です。

この国は、もう一度自国のエネルギー源である石炭資源に
立ち戻るべきだと思うのです。
エネルギー源の多様性は国の安定にも繋がり新技術の創出にも繋がるだろう
愚かな政策は直ぐに止め足下に目を向けるべきだと思います
南大夕張には良質な石炭が相当な埋蔵量で眠リ続けているそうです
d0119909_1648115.jpg


d0119909_16492316.jpg


d0119909_16503050.jpg

これも記憶の片隅に入れておくべきだろう

【北海道電力 泊発電所】からの距離
【住所】北海道夕張市鹿島富士見町
【距離】128.3km
【直線を歩くと】約32.1時間
【風速設定】 3m/s (時速10.8キロ)
【放射性雲到達まで】約11.9時間
曇り 20度 風: 南 7 m/s,

by road7hiro | 2012-08-04 16:50 | 故郷