10月のキセキ・小樽にて

10/6 秋晴れ?じゃなかったけれども
そこそこのお出掛け日和になり昼頃から、小樽へ出かけました
プロジェクトは「フィルム1本勝負」です
大夕張LOVERS小樽支店長佐藤さんと写真仲間数名で
毎年恒例で開催されているアナログ写真の企画展です
タイトルは「フィルム1本勝負」と言いますが
最近はデジタル全盛でネガポジも本当に少なくなる中で
フィルム独特の丸みとか質感を生かした
タイトル通り各自が1本のフィルム使用に限られた
素材でそれぞれの視点とナニかの拘りの被写体を
切取るグループワークと表現するのが適当かも知れない
面白い事に撮影スポットも指定されるんです
或る時は苫小牧、室蘭、岩見沢、余市ETC
出来上がった写真も拘りの職人さんが手焼きで仕上げる
ま~本当にイイ意味で軽くないコダワリが随所にあるんです
悪くないよね~現代はコダワリが消えつつある中で
キチンとスタンスが定まっている人達なんです
自分とはとても空気が似ている?かと思います
この方々達を通して多くのインスパイヤーを頂戴しています
ナニカ・・それは言葉でも表現しきれない生き様ないし
<哲学>と言って間違いないと思います

さて、イントロが長くなったのでテーマは
大夕張のカケラが敷きつめられた鉄路です
小樽は北海道の黎明期を開いた港町ですが
北海道の代表的な産業であった炭鉱から掘り出され
戦後日本の回復と復興の大きな基礎を担った石炭は
関東方面などの産業界へ貴重なエネルギー源として
空知や北海道各地から民間鉄道を経由して更に国鉄の路線を
通り、この小樽港から産業地帯へと船積みされ
多くは鉄鋼業地帯へと旅をしました
そして幌内線の様に各ヤマ元から幾多のレール上をひた走り
小樽へ到着し船積される埠頭までの路線が「手宮線」なのです

その手宮線の敷地が残りレールも枕木も残る処が
埠頭近くに現存し小公園として今も訪れる人が絶えません
そんな分けで自分も小樽へ来ると必ず、この手宮線跡に残る
鈍く光放つレールに手を載せ大夕張のカケラに触れています
たしかにこのレールには親父達が汗と血を流した
大夕張のカケラが散りばめられています

そんな手宮線は大夕張のカケラに再会できる大切な処です

d0119909_10494280.jpg


d0119909_1050950.jpg


d0119909_10503727.jpg


d0119909_1050576.jpg


d0119909_10514457.jpg


d0119909_1052536.jpg


d0119909_10523773.jpg


d0119909_1053858.jpg

[PR]

by road7hiro | 2012-10-28 10:53 | 北海道

21回卒業生の集合写真が届いたよ

10/6に開催された鹿島中学校第21回卒業生会の
発起人会より集合写真と当日のパーティー風景を収めた
DVD-Rが届きました。
中心となって開催に汗を流された仲間のみなさんへ
心からありがとう!!

人生時間はそんなに長くはないジェネレーションです
それぞれが煌めきを放ちながらライフタイムを
完走して欲しいと思います。

やる事も出来る事もあるはずです
定年後の目標は自分で見つけて自分スタイルで
やっているのが一番楽しいと思います
元気でっ!!21回卒業生へ~
d0119909_190395.jpg

[PR]

by road7hiro | 2012-10-23 19:00 | 日々雑事

東松島からの返信が来ました!

少し前に所要で自宅へ戻りましたが、携帯でもCKしていたのですが
東松島の同期生から返信が入っていましたので、一部を抜粋して
大夕張の仲間へお伝えします。

菊池君より>三浦幸広様。
本日 お手紙受け取りました。ご依頼の件についてご期待に沿えるかどうかは少し時間をください。
震災孤児に特化したボランティア団体があるのかどうか、私に知識はありませんが心当たりに
聞いてみるつもりです。
私自身は 5日ほど病院に閉じ込められましたが 家族を含めてたいした被害はありませんでした。
勤務する病院は大分被害があり、借金も増えたようですが何とかなっているようです。
ただ なんとも人手不足で 動きがとれず、同期会も欠席してしまいました。
取り急ぎご連絡まで。

以上の内容ですがご家族にもお怪我をされた様子が伺えます
北海道は幸いにも人的被害は最小限と思っていますが
東松島はやはり戦場そのものだったんですね

支援できる事をそれぞれが小さくても構わないから
長く続けて行きましょう~~
取り敢えず、第一報をお知らせ致します
[PR]

by road7hiro | 2012-10-15 14:01 | 故郷

鹿中第21回卒業生の仲間へ

先日の鹿島中第21回卒業生の同期会でお逢いして
更に東日本大震災の震災孤児へのチャリティーへ
快くお寄せ下さった多くの仲間へ連絡と感謝を再び

10/12 先日の募金の保管をお願いしていました
夕張在住の工藤君から書留で全額が届きました
私の方では時を前後して東松島市在住の同期生に
震災孤児へ直接寄付金を持ち込んで欲しい旨を
記した手紙を発送済みですが間もなく何らかの返信が
あるものと思いますので、それが来てから又ここで
報告いたします。
先日の会場へ駆けつけた仲間の半数以上、大多数の方々の
温かな思い遣りと熱き志をしかと受け止め今後に繋げます

自分達世代はややもすれば奥手と言われることが多く
無関心世代とも言われています、でも事困っている
弱い立場の人の事を大切に思う同期生が確かに
こんなにも沢山いた事に改めて胸を熱くしています
やるよねー鹿島中学校21回卒業生のみんな!!
ありがとう~

d0119909_1115459.jpg


d0119909_11152124.jpg


d0119909_11155579.jpg


d0119909_1116138.jpg


d0119909_11164292.jpg


d0119909_11171044.jpg

[PR]

by road7hiro | 2012-10-14 11:17 | freinds

東松島へいってらっしゃ~~い〒

今日は通勤途中の大仕事があった
それは東松島で活躍する同期生への手紙を
送り出す事でした、こんな事が意外と忘れがちになる性格です

最近はe-mailが手紙の代名詞となっているご時世ですが
ヤハリ、電話でいきなり不躾な話はもっての外だろうし
封書への宛名書きと差出人書きは肉筆でザッと記し
これで準備は滞りなく終了となった

思いが全部とは届いてくれとはとてもじゃないけど
厚かましくて言えませんが、気持ち良く募金してくれた
同期生の熱い思いを被災地の人々にダイレクトに届けっ~
これしか言えません、今日も陸前高田の皆さんの写真を
見ながら封書へ祈りを込めていました

どう言われようと思われようと、もう構いません
同期会はこれが本当に最後なので悔いは有りません
呼ばれることも案内を頂く事を自分で拒否したも
同然のスピーチだったので、これで十分ですよ

2012年同期会を開いてくれた仲間へ
最大の感謝の思いを込めて、この言葉を記します

<Think Different>
[PR]

by road7hiro | 2012-10-11 17:36 | 故郷

同期会 後日談#3

今日は眼科の定期メンテナンスで午後から潰れました
その他にも病院近くのdocomo shopでアドバイスを頂いたりと
帰宅したのは18時近くになっていました~

夕食後に9日にup dateした東松島の同級生への手紙を
プリントして封入完了しました
本来であれば肉筆でしたためるのが筋なのだろが
如何せん時間が無いのです、今日も仕事は早目の時間帯から
着手してお袋の身障者手帳の申請へ出向き
その足でヤボ用を足して、帰宅して病院へメンテでお出かけと
10/9から今日位まではチョイト精神的にも追い込みが来ていたかも
でもオペも無事に終わったので一段落が着きました

後はこの封書を念じて送り出すだけです
速やかに無事に着いてねと祈るような前夜です

今回のチャリティーは確かに不意打ち的な行動で
主催者の方は、コイツ何をやらかすんだと思われた事だろう
私的には、この3年間程同期生で親しい関連でお会いしたのは
実は片手で十分に足りる人数です
ところが同期以外はカナリ多い事が日常的なのです
先輩や後輩それぞれが個性的で在り行動的で在り
その狭間にいると思われる存在は意外と薄いところで
それは徹夜明けのカーテン越しの朝日と同じほどの危うい眩しさです

多分10月6日からも数人の同期生以外とは
合う事はしないだろう
定年を超えてどんな人に成っているのか
其れさえも関心と言える関心は持ってさえいない
もし関心が同期生に向くとしたら
その関心の源は疎ましい心から流れ出す滓か
人を嫉むナイフの鋭さを持った意識の刃か

それは自分には99.999%関係のない領域が抱える悩みだろう
力の無さを走る度に痛感して風に揉みくちゃにされて
風に好き勝手に翻弄され、道路側溝に落ちようとする
塵のごときツマラナイ存在だよ~自分価値に目覚める事はナイ
キレイ事じゃない生きる事は

アッ~~~又シテキな話に成ってしまった
[PR]

by road7hiro | 2012-10-10 21:44 | 故郷

同期会後日談 その2

チャリティー頂いた募金関して現地の受け入れの同級生の
連絡先が判明しましたので今週内に私から東松島の同級生へ
第一次連絡を入れます、その後に具体的な送金方法を決定する
スケジュールで調整を行います。
[PR]

by road7hiro | 2012-10-09 10:15 | 故郷

同期会のその後日談NO1

同期会の席でチョイト長めのスピーチをやらかしました・・
主催者は手短に終わると考えていたようですが申し訳ありませんでした
中身はOSUYA先輩から今春、まだ雪が残る町の居酒屋でお聞きした
震災孤児への支援に関する事が全てでした、会への出席の目的は
これですと皆様へお伝えしました・

このブログから同期会の企画で汗を流した多くの
仲間へ心からありがとう!!と述べさせて頂きます

d0119909_18235073.jpg


自分の趣味である自転車の故郷イタリアでは50歳過ぎたら後進への指導や
自転車の楽しみを伝えることに時間を使うべきだと、そんな素晴らしい
哲学が脈々と流れているそうです、そんな事を走る度に脳裏と胸中に
刻み込んでいる分けで、それを同期会の時間に当てはめると
確かに60歳・・みんなが同じ年齢の境遇に立っているわけで
定年もほぼ同じだよね、家族関係で行けば孫や子供の成長も
ほぼ同一的な社会環境だと思える、それであれば分かり切った
人間関係の話をしても楽しいだろうか
自分は少なくても考え方が違います

今こうして賑やかにダラッと酒を酌み交わしているのが果たして
幸福の形として良いのか?強烈な被害を受けた陸前高田や閖上地区
そして戻る事の不可能な福島相馬地区など未だ何も3.11から
変わらず仕舞いで大きく普通の幸せな生活を取り戻したと言えるだろうか

そんな3.11を遠目で捉えて北海道で安閑としている
自分達に出来る事は何かあるだろうと思っていたのです
同期会で出来る事は酒を飲んで時間を忘れる事だけでだろうか
誰彼となく言い出したチャリティーは許さざるアクションでしょうか?
確かに会の流れと雰囲気を分断したことは敢えて否定しません
但し何もアクションを起こさない事が
オトナ社会の一員といえるのだろうか
行動が早かった同級生は恐らく日常的に震災の事に気を配って
様々な情報に接して何かをしようとする
熱い気持ちを常に持っていたから
せっかくの思いを形にしなくて良いのか今、ヤロウゼッ!
と背中を押された気持ちになった事も敢えて否定は出来ません

少なくとも大夕張の炭鉱でも労働災害孤児に近い環境下で
鹿島小学校や鹿島中学校、或いは夕張東高等学校を卒業した
人もいます、その時には大夕張の町人が生活の様々な側面を
支えて頂きました、それと同じではないだろうか・・
支援できる環境にいるのであれば何度支援しても
何ら後ろ指を刺されることも無かろう

同期会とはナニ?何だろう核心の意味を考えるべき齢
60歳どう在るかは人それぞれ違いますが

<弱者への支援と救済の手を差し伸べる事が
ヒューマニズムの最たる行いではないでしょうか>

熱い気持ちを寄せてくれた仲間には言葉では
表現できない程の嬉しさを抱いています!

東北は多くの方々のルーツの土地であることを
今更ながら刻み込んだ夜でした
[PR]

by road7hiro | 2012-10-08 15:34 | 故郷

震災孤児の皆さんへのチャリティー共有をありがとうございました

昨夜、京王プラザホテル札幌で大夕張の学び舎で時間を過ごした
鹿島中学校21期生約80名と恩師3名をお迎えして
同期会が賑やかに開かれました。
その最後に、仲間の発案で震災孤児の方々へのチャリティーを
今、集めれよ~と言う温かい言葉が出て直ぐに
テーブル上に有ったナフキンで急ごしらえの募金が始まり
それはやがて大きなBOXへとスケールupしちゃいました

温かな心を頂き、この場で改めて感謝と御礼を申し上げます
何よりも、準備に多くの時間を割いて頂いた仲間にもありがとう~と
心より感謝しています。

募金は金融機関勤務のクラスメイトへ預けました
後日、佐々木君と連絡調整して送金に関する方策を
煮詰めて東松島のクラスメイトへ先ずは託したいと
考えています。


皆さん、本当に有難うございました!!感謝、感謝しか言葉見当たりません
[PR]

by road7hiro | 2012-10-07 11:38 | freinds

21期同期会 ムービー

2012年10月6日 
札幌市内中央区で鹿島中21期生の同期会が開かれました。
集まったのは恩師3名とガキが80名ほど賑やかに
120分1本勝負のパーティーの一夜となりました









[PR]

by road7hiro | 2012-10-07 10:36 | 故郷