人気ブログランキング |

喪失感の共通性

2/23 Better Dyas Projectがお昼から開かれましたので
仕事を早々にケリを入れて少々遅れはしたものの
opening間もなくに会場にスライディングセーフ?いやout
2月のBDPには大きな関心を寄せていたもう一つの理由がありました

それは2011.3.11、東京電力福島第一原子力発電所の過酷重大事故の
発生に依って原子炉建屋がほとんどが吹き飛び
起こっては成らない状態が見えたそれは原子炉格納容器が空の下に
晒された状況ですこの格納容器の中心部には圧力容器と呼ばれる
核燃料棒が装填され正に殺人的な熱量と放射線を発生していた
そのままの状態で白日の下世界中の視線を注がれる事態となった分けで
今も放射性物質が放出され続けており半減期が約30年も要する
セシウム137が主体となって周辺や遠く離れた栃木や新潟付近までに
飛散し拡散されその地の森林や河川一般の住宅地も勿論
何よりあっては成らないセシウムに拠る甲状腺の被害が大切な
未來を背負負う幼気な子供さん達を中心に相当数の罹災が確認されています
d0119909_2133076.jpg

d0119909_21335283.jpg

d0119909_21342339.jpg

上の少しシルクが懸った画像は彼女がチエルノブイリ原発でやはり大きな被害を
被ったウクライナ共和国のコロステン市を訪れた時に立ち寄った
チエルノブイリ原発事故の博物館のエントランスの模様や被災された
アンナさんとの交流の様子が流れていました赤い文字のDisplayには
福島県と表示されています其れはこのコロステンと同じ様な
大量の放射性物質の降下によって引き起こされた土壌の汚染と
一番掟は成らない人体への放射性物質による甲状腺被害や心臓疾患などの
低線量被爆事故への思いを共有する温かな思い遣りの言葉が書かれているそうです

そんな福島県の郡山であの日大震災から引き続き起った東電福島第一原発の
放射性物質による汚染を目の当たりにして、その後愛すべき掛けがえのない
故郷の郡山を泣く泣く後にして今は北海道で避難生活を過ごしていらっしゃる
宍戸 慈(ちか)さんがこの日にお話を為さるとの案内に接して
これは絶対行かなければと少し前から決めていました
どんなお話が伺えるのか何も潜入観念を持たずに聴こうと心に
封印していましたただその前日FM Northwave DjのTuckさんが
他のFMでこの宍戸さんとのクロストークがu-stや当日の放送内では
録音された放送を流されていたので意外と楽しく会話されていたので
そんなイメージは確かにありました・・でもBDPで宍戸さんの口から
語られた故郷への変わらぬ熱い愛情の言葉や
今も郡山に残りガイガーカウンターの警報が常に危険を指し示す
アラートが鳴り響く環境は高濃度の放射性物質がそこに在り
町を山野を地を川も汚染している状況は2011.3.12から
何も変わってはいません第一原発からは様々な汚染物質が放出が止んでは
いません政治が戯言の様に言い放った終息・・なんて大嘘です
荒れ以降毎日汚染水は地下深くから海へと浸潤して母なる海を汚し続けています
その中で生活を送る仲間達への心情をお聞きした時には
さすがに胸がオーバーヒートしていました
d0119909_2130739.jpg


d0119909_2131438.jpg


d0119909_21322627.jpg


私達 大夕張ッ子はダムの為に故郷が消えてしましたが心の中にポッカリと
空いた思い出のブラックホールの存在こそ福島と何にも変わらぬ共通点ではないでしょうか
福島、そこには今も3.11以前と変わらぬ佇まいの街があり人々が息づいているんです
でも放射性物質濃度は今もカナリの線量のままでガイガーカウンターは鳴りっぱなしの
処も多く除染などはハッキリ言って出来ない場所も有ります
除染も繰り返しが必要になるでしょう除染に使用した全ての物も
低レベル放射性廃棄物の扱いでそれも安全な方法で処分を行う事が
法律で定めれています、がそれを止めたらその地は永久に足を
踏み入れることさえ不可能になります半永久的に除染の繰り返しが絶対条件です
しかし森林山林やそこから流れ出す川やその水を溜める池などは
除染はほとんど不可能な領域と専門誌にも書かれています

出来ること=やるべきところと絶対できない処が最早明確にされているんです
其れを政府は国民に正しく理解できる言葉で伝えてはいません
それが誤った口伝えで避難者を蔑視するような大きな過ちを引き起こす
最大の原因にも成っています正しい知識を持ち人として在るべき
行動へ繋げ同じ痛みを共有し共感を覚えるべきではないでしょうか

時間が過ぎているだけです、東電福島第一原発は終息はしておらず
今もセシウムなどの放出は続いています、シッカリと学びましょう
そこから次の道は見えてくるはずです

続く・・・・

by road7hiro | 2013-02-25 21:56 | 故郷

自然と大雪にはアガナエマセンGAga

山男のウッチ~~さんから久々に生存情報を兼ねたメールが着信しました
内容は昨年ここで書いたことですが、覚えていてくれた事に感謝申し上げます

鹿島小学校グランド キャンプ De Night 2013 in the Snow
内容はザックリと以下の様な案文に成っています

数年前は夏キャンでした漆黒の夜空が広がっていた
ナントカやらかしたいと思ってます

以下、ウッチー様より

募集をどうやるかで迷っている。

「天気がどうなるか」が一番気がかりだが、
「泊まる用意」も気がかりで、私が用意できるのは3人分だけだ。

仮に寝袋があっても、人数が5人以上になれば
カマクラを2個以上作らなければならないが、
(前日、圧雪のための時間があるなら、翌日幾つでも作れるが、
これだと2泊3日が必要になる。)
当日雪を積んで当日掘るなら1個作るのが限界だと思う。
(多分、駐車スペースの除雪で疲れ果ててしまうからだ・・。)
なので、メンバーは4人くらいがベスト。

   駐車スペースの除雪  1~2時間
   カマクラ作りとトイレ作り 2~3〃
   泊まり(キャンプ)の用意 1~2〃
   食事の用意 1~2〃
   遊びの用意        ?

てな案文で御座います・・やりたいなっと素直な気持ちです

by road7hiro | 2013-02-21 15:35 | 故郷

今年は大雪に見舞われているそうです

2012~13年二月にかけての大夕張は何時にない
大雪と厳しい寒さに見舞われています
今月も早や第二週にはいりましたが明け方の気温は
マイナス10℃を下回る厳寒の地、大夕張です

地元にいらっしゃる方々以外は中々足を運ぶ事が
多くないのですが、それでもこころの町・大夕張
大夕張LOVERSの仲間が天候の安定している時には
足を運んで今の大夕張をfacebookなどでリアルタイムに
伝えてくれるのでとても嬉しく思っています

人が一人で出来ることは細やかな事がほとんどですが
こんなイイ仲間に恵まれている今の時間帯は
ハートウォームな時間だと言えます

今、自分の中の大夕張と言えば
いつも癒してくれる大自然シューパロの流れ山並みと
大夕張の女神「くろちゃん」ですね・・
地元の方々の心温かい支援活動に対して
自分なども後方サポートで不足しがちな
食料などを送って差し上げることのみです

温かな春の陽が一日も早く故郷の大夕張へ訪れることを
願い続ける雪多き如月より

by road7hiro | 2013-02-10 11:05 | 故郷