人気ブログランキング |

2013年もありがとうございました~~♫

残す処7日間となりました、故郷の大夕張も、あの頃は町中を流れる風邪と
人々の行き交う姿、雑踏から響いてくる楽しそうな話し声
大夕張駅前のレンガの壁が彩る「大夕張郵便局」には年末ともなると
ゴッタ返しの様相を見せていましたね~両手にから溢れるような年賀状の厚いこと
文房具店には正月のボードゲームが並んでいた気がしますね
当時は「野球盤ゲーム」って言ってたよね、当時の中学生位の連中は
「百人一首」が一番熱く燃えていた気がしますよ~~

北海道は上の句カルタでそれも丈ぶな木製でした
取り手の気合と怒声にも似た野太い声と共に一瞬にして凄い速度で木札を跳ね上げていた
炭住の薄い板壁を突き破ろうとするような、百人一首ミサイルが煙突から
煌く冬の星団へシュッーーーと音さえ追い着くことの出来ない速度で消えた

大夕張の炭住は確かに寒かった、でも1トン5円の石炭をガンガンと放り込み
ストーブさえもその熱に耐えきれず、真っ赤になって熱を放つ様子は溶鉱炉そのものに見えた
石炭小屋の必需品は大きなスコップとツルハシだったね
流石に炭鉱マンの使う道具は今でいう、プロツールの王様ですね

by road7hiro | 2013-12-24 14:31 | 故郷

ようやく、復帰しました・・

12/16 月曜日から仕事へ復帰しました~
約3週間に及んだ入院生活の中では、大夕張以来となる
人生二回目のオペを体験して、その後初体験のリハビリと
まぁーー初めて尽くしの整形外科入院でした

内科とは違い、整形外科の病室は、なぜかしら笑いが絶えず
明るく、なんだこの感覚は・・と胸に手を当てると
多分、大夕張の炭住生活に似てやしないだろうかと
何故か妙に落ち着く生活でした、良い患者仲間だったね

年齢もそれぞれ違いましたが、楽しみには差し入れと
毎度毎度の食事ですね、家族には心配と気苦労をかけちゃいました
気付いたことは、季節の変わり目には思いに流されず
普通の考えかたと行動で過ごすべきだったなぁーと

後悔先に立たを儚くも体験してしまった、お馬鹿な自分です
脳からの指令がイケイケの時には、敢えて行動を抑圧して
大人しくするのが最良の判断という事も体験してしまった

2014年は、もう少し充実した安全な一年にしたいと思います

暫くはコケタ 自転車も見たくはないな、ほとぼりが冷めるのは何時だろうか

by road7hiro | 2013-12-17 15:19 | 日々雑事

過ぎゆく風の中で 鹿島小学校グランドより

2013年 夏 7月 いつもの母校、鹿島小ベース

天気にも恵まれ、遠方から故郷を訪ねた方がたと遭遇しちゃいました
何十年ぶりかに戻った・・変わった、確かに時間は数え切れないほどに
流れ過ぎた、でもこのグランドから見上げる前岳や夕張岳の秀嶺は
何も変わっちゃいないんだよ~と、変わったのは皆の姿なんだよと
囁きが確かに聞こえた、夏雲の奥から
変わり行くもの、変わらないもの、確かなナニカは人それぞれ形も彩も異なる

d0119909_16193930.jpg

d0119909_16213436.jpg
d0119909_16211414.jpg
d0119909_16205777.jpg
d0119909_1620345.jpg
d0119909_16202010.jpg
d0119909_162022.jpg


どこに居ても、大夕張への愛情は熱が失われるはずはない
時間が過ぎたと思うのは目の前の現象に囚われ過ぎているから

仲間や友人、変わった容姿は核心ではないはず
新宿「夕張」も最高に素敵な「大夕張」です

We are 大夕張Lovers For Ever

by road7hiro | 2013-12-14 16:30 | 故郷

思わず「三菱大夕張炭鉱病院」を思い浮かべた

今日、約20日間ほど入院生活を過ごした「松田整形外科記念病院」から
退院の許可が担当医から頂きました。
最新の医療技術は回復期間も、こんな早いのかと自身の事ながら
他人事の様に話を聞いていた。

自分の病院生活のスタートは、それこそ大夕張炭鉱病院でした
確か親父亡き後に、お袋が病院事務で私達家族の生活を細い体で
一生懸命に支えてくれていました。

往時の炭鉱病院は大夕張炭鉱の本部へ繋がるメインストリートに
大きく広がる前岳にも負けないような大きな翼を広げた様な
イメージで子供の眼に映り込んでいた

記憶が正しければ、その正面玄関わきに病院事務室があったはず
そして、ここには「HPふるさと大夕張」の管理者の飯田さんの父上も
ご存命時には薬剤師さんとして山の生活のお薬を出されていたところです

今は売れ筋の小説家としてつとに有名な渡辺淳一氏が往時の大夕張炭鉱病院に
派遣医として来ていたそうですが、純粋な仕事はそれなりにこなして
多くの時間を著作に費やしていたそうですから、下地は大夕張で育まれたと
言っても強ち間違いではないでしょう~ね、そしてもう一人の小説家が
大夕張明石町からお出になっていますね近年の直木賞作家「佐々木 譲氏」

私も数冊読んでいましたが清水沢や大夕張をモチーフにした作品で確か受賞された
はずだと思います。
佐々木氏はその他にモーターサイクル系の会社に勤務したのでしょう
バイクと北海道をモチーフにされた小品も多く出版されてるので又読み返そうか・

大夕張は本当に狭い山間、でも生きて生き抜いた人々と
儚くも骸となった人も、それぞれが無垢に生きました

駆け引きが無いんですよ、心根がみんな優しい、
言葉の連帯とか、そんな蓮っ葉なことじゃ現せない
熱く濃密な短い時間の中で燃焼し尽した人の生きた街です

それが「大夕張」です

自分たちは町が消えようと、そこに生き抜いた
人々の核心に少しでも近づいて変わらぬ哲学を伝えたいと思うのです
2014年どんな大夕張が見えるのか・・

by road7hiro | 2013-12-12 18:18 | 故郷

取敢えずのポイントが見えた

先ほどの回診で担当医から出所のご沙汰がでました~☆

そこで、最後の訓練は松葉づえによる階段の昇降訓練なのです
当然、初体験なのでナニが肝心なのかさえ皆目・・不明です
逆にu-tubeなんぞで妙な観念を入れちゃうと拙い
頭の中は空っぽにしてホワイトボード状態で臨みます

この先、3日間で体に叩き込みます
その先の光を求めて、多分、こんな事は3.11被災者の重圧に比較したら
何の重さにも充当するもんじゃないけど、やるしかないののだ

自分の蒔いた種、自分で最後まで仕上げると、そんな気持ちです
何回目の失策なのか、恥ずかしくて忘れました
その度に身内や大夕張の友人が手助けしてくれました
本当に感謝しか言葉は有りません、有難うございます

by road7hiro | 2013-12-11 11:42 | 日々雑事

いつの時代も為政者に振り回されるなぁ

ここ1周間の霞ヶ関、永田町・・・イカれてる議員稼業は勝手好き放題
喰い散らかしてますね、私達が送り出した議員稼業の連中はすべて裏切りましたね
振りかえると中学生の頃の通産省のエネルギー転換という黒い渦潮と似てる

石炭は三菱南大夕張などには高品質の膨大な石炭が確認されているにも
関わらず一度の事故で閉山に追い込まれた、その裏には通産省からの
閉山交付金が天文学的な金額で支給されたそうです
決して石炭が枯渇したわけでは無いことが最近、再び脚光を浴びています
現在は円安が続いている渦中であれば、海外からの輸入炭が超安値で
契約出来るはずもなく、国内の旧産炭地での採掘価格でも恐らく
価格のメリットは有るはずです、石炭は炭層メタンも大量に含まれているので
コレは天然ガスと同じく燃料として利用すれば温暖化ガスの排出も抑えることが
可能になります、ただ外界へ放出すると、これが温暖化ガスとして牙を剥き出します
利用しない手は無いのです、原発なんか要らないんだよ・・・燃料は北海道に眠っています

今も旧通産省は「経済産業省」として原発行政を操っています
今も昔も、永田町と霞ヶ関の悪事のコラボが生活者を翻弄しているのです
私達の想いが、何度も何度も一部の政治稼業と官僚稼業に、弄ばれては堪りません

石炭行政を弄んだ時代が今は対象を変えてうごめいています

by road7hiro | 2013-12-07 19:31 | 日々雑事

入院の日々より

今日で何日目??24日搬送からだから11日目なのね~
生活のリズムも意外と早く取り戻せているようだ
ここの起床時間は6時AM 消灯は9時PMなので
自宅だと起床は90分ほど早いのだ、消灯は余り変わらないかな

気がかりは大夕張のアレコレ、クロちゃんの保護収容ですが
何分、こんな不自由極まりない体なので現地までイケなしね
関係者ともお会いできない苛立ちを感じています
でも今の状態で焦りは禁物なので、今暫らくは大人しく
リハビリに頑張ります・・・

痛みなどは既に無く、慣れない松葉杖の筋肉痛かな~
それも間もなく解消できそうです・・
さて、もう少し焦らずやりますよ
元三菱大夕張の炭鉱マンの息子じゃ
親父達に恥じないように過ごさねばアカンな

by road7hiro | 2013-12-05 19:05 | 故郷

東京大夕張会番外編

コレが最後の東京大夕張会の模様です
番外編は宴会の締め括りですが、やはりこの歌で〆

ギターは東高校バスケ部の二期先輩の「佐々木 仁」さんです
チョットリズム的にはね・・ギターじゃなくて太鼓なんでしょうね
先輩有難うございました❣

by road7hiro | 2013-12-04 16:09 | 日々雑事

入院生活8日目

ここでの生活も8日目を迎え一先ず順調に経過しています
今日は午前中に抜糸を済ませて、又僅かですが先へと進む事が
出来ました。

多くの出来事に体験した2013、良いことも悪いことも・・振り返れば
さほど大きな悪いことは無かったと締めくくろうと思います

今年も大夕張の仲間とアチコチ歩き回れた、眼に焼き付けることがでした
一人じゃ無理だったろうね・・多くの、大夕張の人達の出逢いと
交流に心から感謝しています。

まだ果たせぬ事もあるので、焦らず仲間と共に良い方向へと
繋がるように動いていたいと思います
先ずは五体満足に戻すべく努力します

人生は毎日が Re.Starting Point ☆☆

by road7hiro | 2013-12-03 12:13 | 日々雑事

2013年東京大夕張会NO2



多くの方々が参加されていましたので、お名前もゆっくりと拝見できず仕舞で
申し訳ありません~来年は50周年の記念開催と仰っていましたよ

by road7hiro | 2013-12-02 15:34 | 日々雑事