人気ブログランキング |

タグ:夕張市 ( 21 ) タグの人気記事

本町のスー君も大変ね~~

元江戸城の家臣?いや足軽かな「スー君こと」
鈴木直道夕張市長この4月で任期の折り返し地点に達したようです
現在の夕張市の人口は2013年3月末現在で10130人
以前自分が想定したような経過で順調に減少を続けています
総務省の概算?の大甘な想定では2030年借金関完済の年次には
総人口6000人と予想していますが、これは無理でしょう

北海道内の市の最低人口が歌志内市ですが平成25年度3月末現在
4123人だったかな2年ほど前の総人口約4500人弱65歳以上の
高齢者割合が40%程でしたが現在の高齢者割合は42.25%で
平成22年度と比較するとなんと2.3%近くも高齢者が増えていて
総人口も約10%程少なくなっています
この歌志内をモデルにすると夕張の行く末が明らかになると思います

ただ歌志内は地方債の不正起債が無く財政破綻は避けられています
その分だけ住人の方への税金の負担は正常に進められている事が大きな違いです
決して歌志内市政がこの先も健全な市財政のまま存続するかは?ですので

東京都頼りをこの時間になって失政と指摘なさるかたがいるようですが
それは選挙の際に彼が声高らかに謳い上げた選挙の公約であり
その公約を尊重して市長職への扉を開いたのは夕張市に住む選挙民です
市長への批判は彼へ投票したその選挙民が背負うべき責務だろう

鈴木市長へたただ一つ思う事は2012年春に起きた公設民営市立夕張診療所
の旧理事長村上氏が運営していた最中に看護士として採用した女性職員が
市財産の同診療所職員住宅以内で殺人未遂事件を起こし(裁判は本年3月に結審した)
捜査過程で浮かび上がった大きな事実がこの女性職員は無免許であったこと
その資格の有無は厚労省や看護協会や前職場などに照会すれば判明することです
この酷い内容が判明すると日頃無関心な夕張市民にも大きなインパクトを与えた思います
無資格を見抜けなかったという事実これだけで夕張市から
受託管理運営を依託された医療法人財団夕張希望の杜(旧理事長時代)は
受託管理者が厳重に守らなければ成らない「善管注意義務」条項に違反する行為です

この管理義務違反に関して夕張市側は契約解除と違約金を請求する
権利があると思われますので、その件を夕張市へメールと郵便で送付しましたが
受理した旨のメールは頂きましたが、その後も本件に関して
夕張市長と管理者である夕張市は手をこまねいたままのダラしない
状態が続いています良い事と悪い事を分限よく見極めしなければ最高権限者である
市長としての職務職責の著しい怠慢ではないでしょうか

それが未だに尾を引き市立診療所の移設や改築更に受託者を誰にすると
言うゴタゴタへと発展しています市政運営の正念場と新聞は書いていますが
大きな背任行為は断絶しなければ若き市長への信頼は滝の上の激流の様に
流れを下り堕ち奈落の底へと沈むだけだろう、そこから脱するには即断と実行しかなく
退路も無いのではと元市民は傍から見て思うのです

d0119909_1040293.jpg

by road7hiro | 2013-04-28 10:40 | 日々雑事

11月3日は上野で大夕張会

11月3日正午から今年も上野精養軒で恒例の大夕張会が開かれたと
大夕張Loversの美佐子ちゃんからfacebookで会場から
updateが入り鈴木市長のスピーチの様子を拝見できました
そのスピーチの中に残念ながら「三弦橋」が一部の保存も
不可能で現状のままに完全水没との報告が在ったそうです
破産町夕張ですから何も出来ない事は明らかだったので
まっそれも既定方針だったのでしょうと思いました
こんな結末に終わる事は想像に難しくはなかった
明らかに不可能で実現困難な事を政治に関る人は
発言すべきではないと思うのです

単なる木っ端役人とは立ち位置が違うことは重々承知のはず
無駄な悪戯に儚き夢を持たせるなと言いたい
消防本部に拠る税金の不正使用と公設民営化委託した「夕張希望の杜」での
ニセ看護士の雇い入れ問題に関しても10月末に公判が開かれ
一日で結審していますが希望の杜旧理事長が何故に根本の法的資格の
偽りを見抜けなかったのかも最高管理者としての首長は全てに於いて
情報開示を求める事をお座なりにしたまま霧の中へ消そうとしている
そんな風にしか外部の人間には見えないのです

これもまた夕張市に内包する悪しきDNAが為せる悪事を
闇の中へ塗り込める業なのでしょうか相変わらず変わんない
夕張市はもう全て再ストールしてしまうのが一番の特効役薬だろう!

今、大夕張Loversは山中に置き去りにされた動物達への
救援活動に関わっている心優しき熱い仲間がいます
雨の日も風の日も肌を刺す山中の冷たき北風に耐えて
儚い小さな命の為に奮闘しています、そんな真摯な姿と比べたら
夕張市役所や周辺の関係者達は何と愚か者なのだろうか
夕張市と公設民営委託先に関しては応援する気持ちは
全く持ち合わせていません、それは失っただけ
原因は医療に関する公設民営委託先の姿勢に由来しているが
それに対する破産町夕張市の許せない甘い対応と情報公開の無さ
市長あてに出した郵便とメールに関しては受理した旨の
メールは届きましたが、その後全く情報公開がされていません
ダラしないの一言!!

by road7hiro | 2012-11-04 19:47 | 故郷

クダラナイ実行委員会なので

アホナ「夕張公演実行委員会」なる団体の件は
今回が最終記事です。

原作者や関係者を蔑ろにした事は「大罪」に値します

自分達だけに演じさせるが如き、専制王宮殿で日毎夜毎
繰り広げられた、王侯貴族の為の宮廷演劇の如き
卑しき舞台に仕組まれているようだ

民意の無い、偽名無実の実行委員会から
夕張の名称を下すべきです

素晴らしいお芝居の名誉を汚す事にも
繋がるので、もう二度と演劇タイトルは書きません
彼のランドマークは汚らわしき輩に触れて欲しくは無い
正しき大夕張の標なのです

自分が危惧していた通りの筋書きで運ばれた
黒色雑技団の悪意に包まれた、325の終幕を
望むだけです。

里帰りした家族に泥を塗りつける様な
浅ましき行為が渦巻く、黒色街夕張
この地に再び文化の華が咲き誇る事は無いだろう

by road7hiro | 2012-02-24 11:09 | 日々雑事

三弦橋夕張公演の実行委員会は解散するべき!!

お芝居の件でメールを頂きましたが、その文中に唖然とする
状況が書き綴られていました。
手短に表現すると、夕張本町の連中よ
<井戸を掘った人を忘れるな>
中国の諺ですが、あれほど金に執着する民族でも
最低限の礼節は尽くせ・・との諺ですが
こと、夕張本町の輩には、こんな最低限の礼節も
わきまえられないようです。

余りにも非常識極まる無礼な振る舞いです
上演まで約1か月にも迫る日々に有りながら
脚本家の方へ、未だにフライヤーの一枚も届いていない!

お芝居を披露するには、原作=脚本家、演出家
出演者、制作裏方・・そして何よりも、
お運び頂けるお客様、それぞれが主役であり
それぞれの立場で力を寄せ合い
一幕限りの夢を織りなすのだと思います

決して、実行委員の独り善がりでは
お芝居は成り立ちません!
実行委員たる者こそ舞台の黒子役に徹すべきであり
大仰な仕切り役は、今直ぐにでも総入れ替えが
一番の良薬だと思います

お芝居こそ、礼に始まり礼で終わる
人への御持て成しとも言えるでしょう
礼節わきまえずに舞台からお客様を
見下ろすのは、大間違いだろう~~
実行委員会の方々のお言葉を伺いたいものです

この怪しげな実行委員会、やる事は明白ですよ~
どうせ破綻の片棒担ぎをやった昔の労働組合系の筋で
チケットを押し付け販売して、どうだっ!動員力有るだろう・・と
ドヤ顔をしたいんだろうな、アホか!お前たちは~
動員された人の為に、このお芝居は上演される
低品位の一幕ではないのです!

炭鉱で生きた人々が何よりも大切にした家族、山の仲間
絶えず粉じんが舞い、地熱で汗さえも肌にこびり付き
塩粒と化する坑内の重労働、それを支えたのは仲間を
信頼し支え合い耐えて来た、真実の人間関係が炭鉱の
人間だった、お芝居とて同じ事だろう~
信頼感が無ければ、最早白々しい紙芝居に成り下がる

相変わらず、己の愚かさに気づきもせず、反省もマトモニ
出来ていないようですね~止めるなら今です!!
夕張市破綻の仕組みは、こんな愚かな旧労働組合の中枢
と取り巻きが仕込んだと言っても、ほぼ間違いでは
ない事は既報道で明らかにされた古い事実でございますが

夕張本町には、未だに最低限の礼節も持ち合わせている
人が居ないとすれば、最早、この町は不要だよ
地図から消してしまえ!!!

by road7hiro | 2012-02-20 18:29 | 日々雑事

ヘンな金勘定=感情と言うべき

夕張市の歳入が1年間9億円に過ぎないのに
国庫からの財政投入がナント、ナント
100億円!!!!!!!
アホちゃうか~だよね
まともじゃない銀行の融資担当が居たとしても
この勘定は合わないのは、ド素人が見ても分かるよね

もし歳入を全額担保として差し入れても
融資枠は90%の8億1千万円がエエところじゃない
それなのに、どんな合理的な裏付けと担保価値が
夕張市に在り、私達の収めた税金が、反省の欠片もない
夕張市へ死に金同然となる未来を承知で
投入するのだろうか・・私達納税者には、この件で
政府からの説明は聞いた覚えが有りません!!

償還=返済すべき地方債の数百億円に付いても
返済されたのは50億円程度のはず、なのに
この財政支出は、アカンやろ~~
死に金の上塗り、厚塗り・・

そんな税金の使い方は断じてアカンのや!
ならば、震災、放射性物質で汚染された福島や
復興しなければ成らない、東北地方の被災地へ
政府がウザい事も細部まで使い方を指示するような
ツマラン歳出は即刻改めて、夕張市への歳出の様に
気にせんでもええから、ガンガンと使いなさいとの
支出が行われて当然だろうと思います

今の民主党のアホ共による合点の行かない税金の
使い方はNO&NOです、絶対にNO!!です
東北や福島の復興の為には夕張市如き
反省とモラル無き愚弄の街こそを地図から
永遠に消し去り、被災地へ振り向けるのが正論だろう

by road7hiro | 2012-02-12 16:28 | 北海道

忘れてはイケない、地底の命

今年は演劇「三弦橋まで」の2011年苫小牧公演を
脚本カ家の青山のご配慮で観劇させて頂きました
とても意味深い、このお芝居でしたが、自分は今回で
2回目と成りましたが、見る度に深さと味わいを増して
今も尚、胸中に深く余韻を残しています。
熟成されたお芝居と言う物は、構成はある程度
頭の中に叩き込んでは居るものの、観るほどに
劇中にドンドン入り込んでしまいます。
2012年3月には、彼のアディーレ夕張にて
再々演が決定しています

その嬉しさとは、大きく相反している事実が在る事に
仲間の口を突いて出て来た、この人は南夕の救護隊員として
事故当日、自らの生命を賭して仲間の救援活動に奮闘していた

2011年12月が終り、間もなく2012年が来る
しかし、歴史が幾ら流れ過ぎようと町の様相や
時代が激しく大きく変わっても、胸に刻み込んでおくべき
事実は、南大夕張、北炭夕張新鉱の重大事故発生以来
坑内には未収容の命が在る事実!
それは事故発生現場が二次災害の危険性が
余りにも大きく、可能な限り犠牲者を坑内から
上げたものの、救助隊の更なる犠牲を招く事にも
繋がる可能性が在った、事実として夕張新鉱事故では
優秀な救護隊が二次災害に捲込まれ犠牲を招いた

人知を超えた地球の大きな地圧の前には、優れた人間の力も
テクノロジーも何と無力な事かを、救護隊の皆さんが
口に出して言えぬ程痛く感じていた事でしょう
しかし、何故か地元では、この大きな事実を抹殺しているようです。
それは労働組合と使用者側間の合意で、この事実を
葬り去り、事故問題の補償と解決図ったと言うことが
考えられる最大の要因として浮かび上がります

どんなに辛い事が遭ったとしても、敢えて忘れるような
恣意的な歴史の改竄は許すことが出来ない!
それは、地の下の生命に対する冒涜行為です
夕張が未だに、浮かび上がれない最大の原因は
こんな処に在るのではないでしょうか~

特に北炭は人命軽視と言うより、人命無視の極みだ
それが、後世も悪い繋がりとして、グランビスタホテル&リゾートが
経営する旧北海道炭鉱汽船観光部門の一つである
札幌グランドホテルの経営状態の悪化まで
その遠因として亡霊の様に現世に姿を現したのが
何とも不思議なタイミングと言うか、縁と負うべきだろう

by road7hiro | 2011-12-29 11:05 | 北海道

ゆうばり再編計画、もう仕込やってるね!

先日もローカルの古紙原料製造会社が掲載していましたが
<ゆうばり市まちづくりマスタープラン>
再編計画=まち創りが着々と進行中ですね
その仕込はリポートとして<開発こうほう>
NO579 10月号に大学院の研究リポートとして
記載されていますが、夕張市に関心をお持ちの方であれば
この程度のプランニングは既に脳裏で描き終わっている
そんなレベルです、言える事は、何も創造的な方向性を
目指してはいない内容に終始しています・
その最大の原因は建設業者の片棒担ぎ
の㈱ドーコンの総合計画部のT・O氏と
北海道の最高学府の学院HQのM・N氏の
コラボで織りなされた計画書です
学院と言えば、twitterで夕張市の太鼓持ち
発言に終始している、Nなんちゃらも同じ穴の貉かもね

当事者たる夕張市は、恐らく完呑みするしか
無いでしょうね、オマケにドーコンも絡んで
旗持ちは土建屋さん連中だろうし
本リポートも4ページを費やし体面を繕ってはいるが
所詮は公費=工事費を充て込んだ所謂
<土建専用カンフル剤+点滴>
恐らく、こんな図式なのでしょう
夕張シューパロダムの目星が付いた処でお次の砂糖は
夕張市都市計画マスタープランなのです!!
そして、本リポートの最終頁には、このように記されています

「なお、本研究成果は平成22~23年度に策定されている
夕張市都市計画マスタープランに反映されている」


既に出来レースいや出来計画に成っている訳です
原発の太鼓持ち&お抱え学者が飛んでもない
未曾有の大事故の片棒を担いだ実態を私達は
眼にしている最中ですが、この都市計画の策定も
同じ手法で場所を替えただけで、何やらキナ臭さを
散々と振りまき、再び夕張でも蠢いています

臭い連中と結託する輩が居る限り、税金の無駄使いは
永久に姿を消す事は無いだろう!!
国交省+北海道+北海道開発局+ドーコン+土建屋=
赤字国債発行⇒日本国破綻

この図式が解答です 

by road7hiro | 2011-10-13 12:19 | 日々雑事

全部水底へ・・

夕張本町城の付近からは、マトモナ話の欠片さえも
聞こえて来ない、今年の秋です

雪が降りしきる早春に行われた、夕張市長選挙が終わった直後は
未だ興奮冷めやらぬ・・と言った空気が札幌までも流れて来ましたが
ここ最近はトントそんな熱気も完璧に冷めて
原発の冷温休止状態の様にコントロールされたようです

東京都との連携=聞こえは最高!ですが
人員の派遣それが核心だとしたら
これまでと何ら変わらない環境ですね~
唯一、変わったと言えるのは派遣された副市長職相当の
理事の方が、聡明で公平で有る事
それだけが見出すことの出来る
唯一の救いです

しかし市役所に蔓延る、労組系出身の管理職の輩は
相変わらず、己の無能の能も知らずに食み続けていると
山間の風が教えてくれています

どうしても病巣は切除しなきゃ回復も不可能だろう
この夕張はドウニモ成らない!
この日本地図から消し去るべき街に堕ちたようだ

大夕張が水底へ消えるなら、その前に消え去るべきは
夕張本町と夕張市役所が妥当な選択のはず!
今の夕張市役所には期待の星が居るようですが
それも暗黒星雲が、その本性を剥き出しにして
明るく輝かんとする期待の星までも、呑み込もうとしている様だね

やはり、消え去るのが残された唯一の選択なのだろうか
北海道地図、そんな物より地球儀から消え去る方が
先人が汗と血を滴らせた、大夕張と夕張の運命としては
相応しいのかも知れない!

by road7hiro | 2011-09-14 19:12 | 故郷

大きな事故の歴史を振り返る

nakashoさんのコメントから考える事!
1995年会社更生法申請~2005年 更生手続き完了

会社更生計画に基づき、再生を果たし今も尚
北海道炭鉱汽船株式会社なのですが、グループ会社は
夕張鉄道、内航海運会社、ビル管理など数多
現在も尚、存続していますが、意外と知られていないのが
現在も尚、性懲りも無く海外からの石炭の
輸入と販売を行っているようです

未だに亡くならた従業員やそのご家族に対して
世間が納得するような責任も果たさず
この日本に在る事の現実は世界が納得するでしょうか?

人間の生命を、まるでナントカの叩き売りの如く、値踏みをして
人間の尊厳を完全に踏みにじる事を何ら厭わないかった
ドス黒い金と欲に塗れた非人間的な集団だった!!
現代日本社会は未だに、江戸時代と何ら変わらない構造だと
思わざるを得ませんよね~

何時の歴史上から命とは、こんなに軽く扱えるモノと定義されたのか?
俺達をこの世に生かしてくれた、親爺達の生命はモノと誰が
決めたのだろうか~河原に在る小石の以下の価値なのか!

もし俺達がモノから生み出されたとしたら
ナンナノダ、自分達が生きている事の意味はナンナノダ
この事故の酷い対応を見て、nakashoさんと同じく
とても激しい怒りに苛まれます、撃つつけようの無い
激しい憎悪に満ちた大きな怒りの臨界点を感じる

北海道炭鉱汽船を牛耳った輩は最後の最後には
無価値の社宅、施設諸々を市側に有無を言わさず
押し付け販売し、マンマと大金を手にして、
トンずらですよ・・これが企業でしょうか!
遣らずブッタクリの典型!
これ以外の単語が見当たりません
それを丸ッと呑む、買い占めた?
職員労組と市政管理者、これが夕張市財政破綻への
第1ページと成りました!

愚かな北炭を忘れずにいましょう!!

※ 記事にすると禁止コメントがupしてこない・・何が原因でしょうか?

by road7hiro | 2011-09-05 16:00 | 故郷

愚か者を又選択した愚かな区民たち

夕張の市長選挙&市議選が幕となりました
結果は既にご承知の通りです
愚者の代表的な前夕張市長、何も進みしなかった
何も変えようとしなかった、能力欠如の前市長を
事も有ろうか、市議に遷座する事を何のためらいも
深い思慮も無く許してしまった、
あの東京都夕張区の人々・・・
開いた口を塞ぐ事が出来ないほどです
こんなトンデモない町はこの日本の地図から
完全に消去してしまえ!忌まわしい名前だ
戦後以降初めて、民主主義が破綻した町<夕張区>

正常なデモクラシーも、何も有ったもんじゃ無いことが
この日一日で十分に理解できました
更に北炭に全てを依存した、旧体制時代に体の細胞の
ミトコンドリアまで染み込んだ、人任せのダラシナイ
アホな民主主義意識が50年の時を超え、ゾンビの如く
蘇った気がする

夕張区は、この日から又旧体制下へ全ての意識が
逆戻りを始めたイメージが湧いて来た
もう、再生は不可能だろう、こんな低レベルな社会意識しか
持ち合わせていないのでは、財政破綻の次には
間違いなく人心破綻が迫っているだろう、イヤ既に
人心破綻は止め様のない迷路にドップリとスタックしている
レースイのゲレンデ下に、未だにメタンを含んだ
汚泥地帯があるのだが、夕張区民の人心も正に悪臭を放つ
このドス黒い、汚泥と何一つ変わらないと諦めている

やはり、自分の故郷である大夕張とこの区は
違う惑星に存在していると考え直して
再びこの区分域を訪れる必要性も思いも消えてしまった

by road7hiro | 2011-04-27 19:45 | 日々雑事