人気ブログランキング |

タグ:春の想い出 ( 89 ) タグの人気記事

喪失感の共通性

2/23 Better Dyas Projectがお昼から開かれましたので
仕事を早々にケリを入れて少々遅れはしたものの
opening間もなくに会場にスライディングセーフ?いやout
2月のBDPには大きな関心を寄せていたもう一つの理由がありました

それは2011.3.11、東京電力福島第一原子力発電所の過酷重大事故の
発生に依って原子炉建屋がほとんどが吹き飛び
起こっては成らない状態が見えたそれは原子炉格納容器が空の下に
晒された状況ですこの格納容器の中心部には圧力容器と呼ばれる
核燃料棒が装填され正に殺人的な熱量と放射線を発生していた
そのままの状態で白日の下世界中の視線を注がれる事態となった分けで
今も放射性物質が放出され続けており半減期が約30年も要する
セシウム137が主体となって周辺や遠く離れた栃木や新潟付近までに
飛散し拡散されその地の森林や河川一般の住宅地も勿論
何よりあっては成らないセシウムに拠る甲状腺の被害が大切な
未來を背負負う幼気な子供さん達を中心に相当数の罹災が確認されています
d0119909_2133076.jpg

d0119909_21335283.jpg

d0119909_21342339.jpg

上の少しシルクが懸った画像は彼女がチエルノブイリ原発でやはり大きな被害を
被ったウクライナ共和国のコロステン市を訪れた時に立ち寄った
チエルノブイリ原発事故の博物館のエントランスの模様や被災された
アンナさんとの交流の様子が流れていました赤い文字のDisplayには
福島県と表示されています其れはこのコロステンと同じ様な
大量の放射性物質の降下によって引き起こされた土壌の汚染と
一番掟は成らない人体への放射性物質による甲状腺被害や心臓疾患などの
低線量被爆事故への思いを共有する温かな思い遣りの言葉が書かれているそうです

そんな福島県の郡山であの日大震災から引き続き起った東電福島第一原発の
放射性物質による汚染を目の当たりにして、その後愛すべき掛けがえのない
故郷の郡山を泣く泣く後にして今は北海道で避難生活を過ごしていらっしゃる
宍戸 慈(ちか)さんがこの日にお話を為さるとの案内に接して
これは絶対行かなければと少し前から決めていました
どんなお話が伺えるのか何も潜入観念を持たずに聴こうと心に
封印していましたただその前日FM Northwave DjのTuckさんが
他のFMでこの宍戸さんとのクロストークがu-stや当日の放送内では
録音された放送を流されていたので意外と楽しく会話されていたので
そんなイメージは確かにありました・・でもBDPで宍戸さんの口から
語られた故郷への変わらぬ熱い愛情の言葉や
今も郡山に残りガイガーカウンターの警報が常に危険を指し示す
アラートが鳴り響く環境は高濃度の放射性物質がそこに在り
町を山野を地を川も汚染している状況は2011.3.12から
何も変わってはいません第一原発からは様々な汚染物質が放出が止んでは
いません政治が戯言の様に言い放った終息・・なんて大嘘です
荒れ以降毎日汚染水は地下深くから海へと浸潤して母なる海を汚し続けています
その中で生活を送る仲間達への心情をお聞きした時には
さすがに胸がオーバーヒートしていました
d0119909_2130739.jpg


d0119909_2131438.jpg


d0119909_21322627.jpg


私達 大夕張ッ子はダムの為に故郷が消えてしましたが心の中にポッカリと
空いた思い出のブラックホールの存在こそ福島と何にも変わらぬ共通点ではないでしょうか
福島、そこには今も3.11以前と変わらぬ佇まいの街があり人々が息づいているんです
でも放射性物質濃度は今もカナリの線量のままでガイガーカウンターは鳴りっぱなしの
処も多く除染などはハッキリ言って出来ない場所も有ります
除染も繰り返しが必要になるでしょう除染に使用した全ての物も
低レベル放射性廃棄物の扱いでそれも安全な方法で処分を行う事が
法律で定めれています、がそれを止めたらその地は永久に足を
踏み入れることさえ不可能になります半永久的に除染の繰り返しが絶対条件です
しかし森林山林やそこから流れ出す川やその水を溜める池などは
除染はほとんど不可能な領域と専門誌にも書かれています

出来ること=やるべきところと絶対できない処が最早明確にされているんです
其れを政府は国民に正しく理解できる言葉で伝えてはいません
それが誤った口伝えで避難者を蔑視するような大きな過ちを引き起こす
最大の原因にも成っています正しい知識を持ち人として在るべき
行動へ繋げ同じ痛みを共有し共感を覚えるべきではないでしょうか

時間が過ぎているだけです、東電福島第一原発は終息はしておらず
今もセシウムなどの放出は続いています、シッカリと学びましょう
そこから次の道は見えてくるはずです

続く・・・・

by road7hiro | 2013-02-25 21:56 | 故郷

3週間ぶりに帰る・大夕張

下平さんの歓迎飲み会のスパークで、急遽5/4~5に掛けて
1泊ステイで大夕張へ戻る事に成りました
ステイ先は、もう定番となっている、夕張フォレストさんです
幸いにも空室が有り、仲間4人と楽しい1泊2日の旅を過ごしました
d0119909_15584255.jpg

お天気は最悪の雨模様に遭遇してしまい
付近を流れる、夕張川も川幅が拡大して
濁流が流れ下っている、チョイトびびるような
川筋に・・ムッムッ大丈夫かな~とも
脳裏を過ぎりましたが、フォレストさん自体は
小高い山中に有るので、全く影響も及ばない場所なので
雨が降りしきる、暗き夜も、美味しい夕食と
wineに舌鼓を打ちながら、アレヤこれやと
話題は尽きる筈もなく、体力が限界に達した順番から
撃沈となり、静々とお部屋に消える運命です~

d0119909_15594093.jpg

by road7hiro | 2012-05-05 16:01 | 故郷

夕張フォレストさんから届いたお知らせ

先月末、この地も雪が深々と舞い降りていました
でも、ログハウスの中は温もりに満ちていた
それは、赤々と燃ゆる、香しき薪ストーヴから
流れ出る、熱さと言う物では無くて

この夕張フォレストのオーナーやご家族の皆さんが
普通に持て成してくれる、心の愛情から発せられる
熱き心遣いなのでしょう~

大夕張の我が家で燃えていたのは
石炭ストーブの力強い熱の放射とは違う
包まれる様な、女性的な温もりが、この森には
一足早い春の陽のごとく溢れていました
d0119909_19225817.jpg

今日は、そんな夕張フォレストさんからの
可愛いくて、心惹かれるお便りが届いていました
今度は何時かな~~、今直ぐにでも戻りたくなるよ・・

d0119909_19224069.jpg

by road7hiro | 2012-04-19 19:23 | 故郷

4/1 と言えば?

今日から4月です、しかし外は真っ白~それはface bookでupしたので・・
寒さもキツイし雪も多い、2011冬シーズンも終幕近くなんだけどね~
大夕張も今年の雪は、半端じゃないようです!
イタヤ楓の、お帰りなさいの黄色い旗が、自分達の目の高さに
来るレベルまで、雪が降り積もっています。
その光景は、<ふるさと大夕張>の写真掲示板で
てっつんがアップしていますので、トクとご覧あれ!

今から5年前の画像ですが、この時は雪の量も極普通でしたね
大きなズリ山も春を待ち焦がれている雰囲気です
d0119909_6432928.jpg


そして三弦橋も脚長のスマートな光景で春待ち顔です
d0119909_6454691.jpg

白金橋の下を流れる、母なる清流シューパロも、これが原風景です
d0119909_646499.jpg

街も春と再会の約束を待って居た
d0119909_648648.jpg


d0119909_6482864.jpg

by road7hiro | 2012-04-01 06:48 | 故郷

三弦橋まで、2012年3月公演も近い~

大雪に見舞われている、空知地方ですが
なかなか終幕が見えてきませんね~
そんな冬の最中ですが、弥生も近づくと
今年も、素敵なお芝居に和えると思うと
寒い冬も我慢できるような気がします

3月に成ると、馬追運河で無数の小白鳥達が
運河で羽を休めたり、お食事中の光景を眼にする事が
良くあります、但し人間が餌を上げることは
余り良くない行為と以前聞きました
渡り鳥は、インフルウイルスや鳥病原性ウィルスを運ぶ
媒体とも成るので、人が触れ合うのは
この時期余り喜ばしい事ではないそうなので
十分に注意しましょう~ 見るだけです
長沼は養鶏場も、とても多い土地柄なんで
人間の勝手な行動で、トンデモナイ事態に陥る事も
十分に考えて、自然と友達に成りましょう~

さて本題ですが、2011年心を熱くさせてくれた
「三弦橋まで」夕張公演まで、後1か月と少しに
近づきました。

炭鉱での生活が折り込められた、家族のお芝居です
決して暗くならず、今の日本の現実です
益々、拍車が懸る「高齢化社会」に、否応なしに
関わる主人公と家族の心の有り方が
主題となっていると自分は思います

是非、多くの方に源流に戻ってきた
「三弦橋まで」夕張公演をご覧頂きたい!
3月25日13:00開演、旧夕張市民会館
現在のアディーレ夕張です
春待つ一日、心が温かくなる、素敵なお芝居で
一緒に過ごしてみましょう~

by road7hiro | 2012-02-14 06:57 | シューパロ川

大夕張風花桜の街

5/22 大夕張へ向かう道筋には、最後を彩るかのように
可憐な山桜が手を振っているようでした

清水沢旧発電所を望む公園から・・
晴天の時には残雪に輝く夕張岳が背景になります
d0119909_1853441.jpg


静かな山間の町に戻りつつある南部 風花になる山桜
d0119909_18581948.jpg


シューパロ湖岸の桜模様
d0119909_18591625.jpg


鹿島小学校グランドにも遅い遅い春の女神が・・
d0119909_1901830.jpg


d0119909_1904530.jpg

by road7hiro | 2011-06-03 19:00 | 故郷

三菱南大夕張住宅の縁

5/22 大夕張を目の前にして、ここも激しく変わっている
南大夕張=南部です、一昨年までは三菱南大夕張の
職員住宅が、鉄路の傍に立ち並んでいました
往時は、大夕張の富士見町の住宅よりも遥かに
立派な住宅だったな~~と思い出が浮かんできました

d0119909_1859347.jpg


d0119909_1902852.jpg


2010年のほぼ同じ南部はこんな姿でした
d0119909_654293.jpg


この公園に子供達の元気な声が響く事は無くなってしまった

d0119909_1913148.jpg

by road7hiro | 2011-05-30 19:02 | 故郷

大夕張が呼んでいる~

鹿島小学校グランドや大夕張の街角には
仲間がアチコチから集まります
引き寄せられるように~~
d0119909_7521787.jpg


いつか切り替わるであろう国道の上で今なら、こんなことが出来ちゃいます

d0119909_753406.jpg


キリ助のパワーなのでしょうか、山桜がキリ助のお供です
d0119909_7513340.jpg

by road7hiro | 2011-05-29 07:54 | 故郷

5/22 故郷は気持ちイイぞっ~~

毎度、お馴染み鹿島小学校グランド、正午近くになると
厚い雲も何処かへと流れ去り、キレイナ、キレイナ青空が
広がり始めました、本当に清々しい、その言葉が一番相応しい
大夕張の春が始まりました、桜の花が彩る故郷は
静かに流れる風音と野鳥が奏でる春を迎える喜びの声として
この大夕張の山野に響き渡っていました

d0119909_1802631.jpg


d0119909_1811747.jpg


桜の訪れを待ち焦がれて、こぶしの花が一足先に大夕張を彩っています
下2枚は富士見町です、幼稚園よりもスキー場側です

d0119909_1824354.jpg


d0119909_183574.jpg


今度、訪れるときは夏か…本当に一瞬の季節だ 大夕張より

by road7hiro | 2011-05-27 18:04 | 故郷