人気ブログランキング |

タグ:自然 ( 140 ) タグの人気記事

早いねもう冬が来た

今年は大夕張に戻る予定も組めないままに一年が過ぎました
この一年は何としてもやるぞっと~~との計画が進んでいたので
怪我も避けて、自転車も一年乗らないと心に秘めていたので
アレコレとフリーズ状態でしたね、でもその計画も形が決まり
ズンと進んでいるので内心はほっとしている処です

まだ未定ですが来年もやりたい事がベトナムに在るので
テトガ明けたら足を運びたいと考えています
人は誠実さと正直さがあれば多少言語が不自由でも
理解しあえると感じています。

あの国は大夕張の炭住の町人とも似た、心の優しさと温もりが
感じられます。

空港から降り立ち定宿のある旧市街に着いて
町人の騒めきと空気に触れると、妙な懐かしさを感じるのです
気さくで人なっつこい握手にも溢れています

世界は意外と手が届くんだ、小さな狭い山間の炭住で
芽生えていた大きな外界へ飛び出すための熟成の時間だったのかも知れない


by road7hiro | 2016-11-19 14:53

久々に戻りました3月29日 故郷

天気予報も上々の日曜日は朝食をそそくさと済ませて9時ちぃと過ぎに
出かけましたが、気持ちよかったですよ!青空ぐぅわーーーんと広がり
途中の長沼辺りは、まだ春の畑起こしも始まっていなくて
白鷲が田んぼで何かついばんでいましたね~それも春ならでは光景ですね
馬追運河では白鳥さんには逢えませんでしたね~~~

その後、レギュラーのお土産、シナモンドーナッツと花豆缶を購入して
清水沢で大夕張Lover,sの南部さんと久々に落ちあい
南部さんのお知り合いの鮨やさんで昼食を頂き~~もう時間は
正午になっていましたので、慌てて大夕張へスタート~天気は
変わらず最高のままで迎えてくれました。

道路の路側帯は乾燥していて、それだけを見ると、アれっ~雪が少ないかなーと
思いつつ、トンネルを越えると、ヤハリ大夕張らしくドサッと有りました

アレコレを切り取って大夕張ベースへ到着!
山並みもスカッと爽やかに姿を見せてくれました
今度、戻るのはGWだろうね~~
d0119909_15201690.jpg


d0119909_15203893.jpg
d0119909_15215217.jpg
d0119909_15221825.jpg
d0119909_15224232.jpg
d0119909_15231964.jpg
d0119909_15234181.jpg
d0119909_15242100.jpg

by road7hiro | 2015-04-04 15:24 | 故郷

ダムの黒い話 Facebookより

FBのコメントの中でとても気に話しがリンクで見る事が出来ましたので
ゼヒ、読んで頂ければ幸いです。ハイパーリンクでクリックすると記事掲載サイトへジャンプします

不要ダム建設に奔走する「ブラック・アベ政権」

日本全国で全く不要なダム建設工事にスイッチが入れられている
その原資は私たちが徴収された税金に他ならない、無駄なモノ作りに費やす勝手な
政策に私たちは許したことは無くブラック・アベの背反行為です

税金は私たち国民が平和で暮らせるために在る、それを使わなくてはイケないとの
論理で無駄な工事に費やすことは不正であると思います

by road7hiro | 2015-01-02 11:26 | シューパロ川

4月7日のアレコレ

昨日も大夕張Lover,s 歌さんから水位上昇中の模様が届きました
最早、三弦橋も風前の灯ですね・・・悲しい水色だっ
d0119909_9444131.jpg

by road7hiro | 2014-04-08 09:44 | シューパロ川

ラストシーーン Shuparo River

昨日は(4/5)地元の大夕張Lover,s 南部さんから
クロちゃんとダムのその後を伝える最新状況が入りましたので
お伝えいたします。今年の大雪で傷ついた「キリ助」君は
雪解けとともに再び元気な姿を取り戻すことを仲間が計画を
進めていますのでご安心ください、傷ついた部分もきちん保管中ですので
誤解の無いように!!

シューパロ終焉の2014・・この姿を忘れない

極悪非道の「国交省」建設暴力団体ともいえる「北海道開発局」
甘い言葉に乗って水没させた片棒担ぎ「夕張村役場」
こいつ等はビルケナウ送りで眼を覚ます教育をしなくちゃいけないな

d0119909_10295837.jpg
d0119909_10293498.jpg
d0119909_10285744.jpg
d0119909_10281556.jpg
d0119909_1028079.jpg
d0119909_10273373.jpg

by road7hiro | 2014-04-06 10:32 | シューパロ川

まもなく、普通の時間がリ・スタートする

三が日が明け、明日からは普通の仕事の日々が始まります
彼方此方から頂いた年賀状を見ながら過ごす日々は、なんとも特別な時間だと
改めて感じる日曜日です。相当以前に亡くなった旧友を脳裏深くで思い出し
大夕張で過ごした時間と、今に繋がる時間の潮流を思い出していました

お正月には毎年のように本を数冊読むことが習慣になっていますが
今年は3冊で、内1冊はkindle版ですが残り2冊は東電福島第一原発の
過酷重大事故関連で一つは東京新聞社発刊、もう1冊はFUKUSHIMAレポート
レポートはパラメーターの数値とその後、当事者から発表された事象との
突合でボリュームも数字もカナリ大きく、読了までは相当時間が懸るきがします

その以前にサラッ~と読み終えた、東京新聞社発刊の「レベル7」は確かに事実の
積み重ねではあるけれど、どこか小説風の書風に仕上がっている様に思えて
起きてしまった水素爆発からメルトスルー、膨大な放射性物質の放出と飛散状況には
どんなに文字を費やそうとも事実の圧倒的な圧力の前には只々ひれ伏すのみに思えた

ただ自分の琴線に触れたのは最後章にあった、原発もダム建設も二度とその地には
戻れない・・・この一文でした
開発と豊かで安全な生活維持のためと言う、大義名分と美辞麗句で真実を隠した
人間の原罪は地球が存在する限り、必ず追及され誹りをうける事は間違いなく起こり
回復不可能で贖えない、地球に対する大罪は歴史が続く限り語り継がれ
二度と繰り返してはならない罪として記されるでしょう

ダムは単なる建設行為ではない!生命存在を否定する愚かで汚い行為です

by road7hiro | 2014-01-05 13:18 | 日々雑事

大コケやりました~

思い出すのもイヤ・・・まっでも自分のやらかした事なので
キチンと反省しなければアキマヘン❣
11/24に今シーズン最後の自転車のお散歩と思い立ち
出かけたの運の尽き~大コケをやらかし、119救急で搬送され
翌日、北大近くの北18条西4丁目の「松田整形外科記念病院」へ
転院して、即座に手術を終え、なんとか痛みもなくいい感じで
リハビリを行い復帰を目指しています。

大腿骨頸部骨折・・・大事でした、骨盤へと接続する部分の骨が
一番細くクビレている場所でした●~*

そこをチタンボルト直径3mm のが2本入りました~
現在は左右足の筋肉の強化を行うリハビリの日々です

自転車がコケた原因は濡れ落ち葉の右カーヴで滑って転倒でした
幸いなことにその他の部位は打撲程度ですんでいますので
骨折の部分だけとなっていますが、なにせ体重が全てかかる部分故に
リハビリも無理せずトレーナーの指示通りに進んでいます
d0119909_16325138.jpg
d0119909_16323698.jpg

by road7hiro | 2013-11-30 16:31 | チャリンコ

近づく季節だね

日毎に空気が冷たさを増す頃となりましたね~日暮れも午後5時台になり一日が光速の様に過ぎ去ってゆく、一年の終幕もほんの先まで見えている、色々と気掛かりな2013年も残りわずかです
秋が深まるに連れ晴れた日の早朝には大夕張の町を見下ろしまるで途轍もない強大な壁の様にそびえる
前岳と夕張岳のシルエットが見えてくる、神々しいばかりの光背をまとったその姿は荘厳といってもあながち妥当性を欠くとは言えないだろう、この再会のシーンは多分11月の白いベールをまとう頃までは見ることが出来るはずシルバープラチナに輝くようになると2013年の終わりを告げる様です
d0119909_2118422.jpg
d0119909_2117943.jpg
d0119909_2116396.jpg
d0119909_21161030.jpg
d0119909_21152832.jpg
d0119909_21144877.jpg
d0119909_21141043.jpg

by road7hiro | 2013-09-19 21:18 | 故郷

mother river シューパロ

大雪と寒さにいいだけ振り回された2012~13の
厳冬期がようやく終わりを告げる時期かっ?イヤイヤ
まだ安心は出来ないだろう・・ナンセしっこい冬だもの

本当に春らしさを感じるのは今年に限っては
4月だろうと思うのです、そうなると今年も気掛かりな
イベントがありますね4月13日(土)~14日(日)の二日間
お隣の栗山町の「くりやま老舗まつり」2013が
華々しく開かれますお目当ては「北の錦」を醸す小林酒造さんの
蔵開きなんです実は夕張川の畔に歴史を感じさせる
重厚な蔵で美味しい地酒を作り続けている老舗そのものです
明治~大正~昭和~平成と悠久の時を重ねた
旨い酒の仕込み水は夕張川水系の伏流水を使い醸されています
その夕張川の源流と言えば私達のふるさと大夕張の
町を流れ下る「シューパロ川」です語源も勿論
夕張の主流・・を表しているそうな自慢の酒でしょう

三菱大夕張炭鉱と南大夕張炭鉱の往時には
辛く厳しい炭鉱労働の日々をこの「北の錦」などの
旨き酒で一時癒したことだろう悔しい時も晴れの時も
この酒が人々のこころの響きを奏でていたはずだ
大夕張の人の舌を満足させたわけは当然ですね
毎日飲んでいる山清水と同じですもん熱く流れる
血液のようなものです

ゼヒ、味わいにお出かけ下さい
d0119909_1148448.jpg

2013年くりやま老舗まつり~へ
d0119909_1149227.jpg

by road7hiro | 2013-03-27 11:50 | シューパロ川

better days な土曜日でした1/19にて

寒くて雪がメッチャ多い今年の冬ですが
何時になく色々な方との出会いが多いと感じるこの頃です
大夕張とは全く接点も無く完全に新たなる遭遇と言った
表現が相応しいかもしれないその前日には
sapporo beer 百人Laboに参加させて頂き年齢も仕事も
分からない方々とビールを通して交流した夜でしたが

明けて土曜日は2011.3.11に発生した東日本大震災の津波によって
人類史上かってみた事も無いほどの広範囲な放射能被害と
放射性物質による汚染被害を未だに被っている
福島の子供達などのリトリート支援なども手掛ける
Better Days Project
今日よりももっと良い明日を目指す音楽とセミナーの
イベントに参加致しました

d0119909_144103.jpg


d0119909_14421480.jpg


これには誰かれから誘われた分けでもなく
facebookの中で案内がpostされていたので興味津々で
出掛けましたmusic liveにも多くの元気なバンドやヂュオが
素敵な音を聞かせてくれましたそして中間頃には
u-streamなどでもお馴染みの原発出前授業の先生
琴似工業高校の川原先生の原発や放射線被害に関する
セミナーがあり自分は初めて川原さんのLive Talk sessionに
参加しました、u-stでも度々拝見していたのですが
実際の川原さんはヤハリ言霊がみなぎっていました

この日は福島NO1原発の被害状況等を中心にしたものです
このセッションは以前から読んでいた様々な書籍の内容と
合致するところでヤハリ被害の深刻さはあの日から
何も改善されてもいなくて収束・・なんて言葉は全く
当て嵌まりませんその状況もfacebookや文科省発表の放射性物質の
降下量や空間放射線量の数値からも読み取れものでした
d0119909_14413565.jpg

そしてこのイベントの中にはもう一つカンバッジの売上金を
この原発から放出された膨大な量の放射性物質に依って
生活環境全てが著しく汚染されて外で遊ぶ事さえ出来なくなった
福島の子供達に一時避難としてのリトリートツァーを行うための
支援基金を作る為のとてもささやかなチャリティーもありました
外で思い切り胸いっぱいに思い切り空気さえも吸い込む事さえ
出来ずにいる子供達を北海道の大地で思い切り走り回れるように
支援することも大きな目的になっています

東日本大震災と大津波は途方もない人命を吞みこみ
そして残されたもの達へは大地を汚してしまっている
その汚れた大地の最終責任は「東京電力」に有ります
手抜き工事とも言える安全対策に手をこまねいた揚句に
高濃度の放射性物質と汚染水を梅へ大気へ大地へと
ばら撒いた地球上最大の犯罪集団とも言えるでしょう

でも福島の未来を背負った女性や子供達はどんな
未來が待っているのでしょうか
果たして人間らしい未来に歩む事は出来るのだろうか?
とても心配で気掛かりな前例もロシアのチエルノブイリから
私達は見ることが出来ています、それは途轍もなく深く大きな
痛ましいほどの放射性物質による人体へ向けられた
刃の様です回復・・それは難しいとしか見えない
現在の人間の浅知恵では

しかし自分は被災地へ視線を向け支援の動きを続けます
今回、このような人達がいる事に安堵を覚えました
それまでは何か一人でカラマワリしているかのような
気持に囚われ懸っていました
それがこのBetter Days Project札幌に参加して
気持がもう一度息を吹き返した甦った感じです

確かにこんな状況を知ってか知らぬ素振りで他人事の人が
多くいる事も分かった2012年10月でしたが
今は違います人としての温もりがこの日に確かに受け止める
人がいる事を眼にしました

60歳を超えようとしてしている自分世代の連中は
余りにも他人事にし過ぎてはいないだろうか・・・

これまで60年間も社会に生かされてきたことへの感謝の心を
少しでも持っているなら遣れることはあるだろうと想う
酒飲んでウダウダ盛り上がるのはもう止めよう・・
イヤそんな同世代の人とは会う気も無いし

by road7hiro | 2013-01-26 14:40 | 日々雑事